プロバイダーとは?インターネット初心者向けにわかりやすく解説

プロバイダーとは?インターネット初心者向けにわかりやすく解説

インターネットを利用するためには、プロバイダーと契約しなければなりません。

しかし、「プロバイダー」という言葉自体は聞いたことがあっても、具体的に何かはよく分からないという方が多いのではないでしょうか?

この記事では、プロバイダーと回線事業者との違いを明確にしたうえで、プロバイダーが果たす役割や上手な選び方を解説します。

インターネットにまつわる単語はカタカナの専門用語が多く、初心者の方が混乱してしまうのは仕方ありません。

この記事ではプロバイダーとして30年以上の実績をもつニフティが、初心者の方でもわかりやすいよう簡単な言葉を用いて解説します。

ぜひプロバイダーにまつわる基礎知識を身につけ、お得&快適なプロバイダー探しに役立ててくださいね!

プロバイダーとは?
インターネット接続に必要な
3つの基礎知識

プロバイダーとは?インターネット接続に必要な3つの基礎知識

インターネットを利用するためには、回線事業者、プロバイダーの2つと契約しなければなりません。

まずは、初心者の方が特に混同しやすい両者の違いを明確にしておきましょう。

回線事業者とは?

「回線事業者」とは、文字通りインターネット回線を提供している会社のことを指します。

回線の種類によって、主に下記の4種類に分けられます。

  • 光回線:光ファイバーを利用してデータを送受信する高速な通信回線
  • モバイル回線:モバイルWi-Fiなど外出先でも利用可能な回線
  • ケーブルテレビ(CATV)回線:ケーブルテレビに付属した回線
  • ADSL回線:電話回線を使用した旧式の回線

特に人気が高い回線は、やはり高速な通信が可能な光回線でしょう。

従来のADSL回線やケーブルテレビ回線に比べて回線速度が大幅に改善されており、ビデオチャットやオンラインゲームもスムーズに利用することができます。

ただし、回線事業者と契約しただけでは、インターネットを利用することはできません。

続いてご紹介するプロバイダーと契約を結ぶことで、はじめてインターネットに接続できるようになります。

プロバイダーとは?

プロバイダーとは

プロバイダーとは、正式には「インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)」を略したもので、回線をインターネットに接続する会社のことを指します。

たとえば「光回線完備」と表示されたマンションの場合、光回線はすでにマンション内に設置されていますが、それだけではインターネットを利用することはできません。

プロバイダーと契約し、はじめてインターネットに接続できるようになります。

インターネットを利用するには回線事業者とプロバイダーの両方と契約することが必要で、一方が欠けているとインターネットを利用することはできません。

契約を一本化できる光コラボ

「回線事業者とプロバイダーの両方を契約するのはめんどくさい」と感じた方もいるのではないでしょうか?

そんな方には、回線事業者とプロバイダーの契約を一本化できる「光コラボレーションモデル(以下:光コラボ)」がおすすめです。

光コラボはNTT東日本、NTT西日本が提供するフレッツ光回線を利用したプロバイダーサービスのことです。

光コラボ各社は独自の料金プランや特典を設定しており、月額料金や乗り換え費用を最小限に抑えられるのが最大の魅力です。

支払いが一本化できる手軽さ、支払い料金が安くなるなどのメリットから、近年は特に人気を集めている契約形態といえます。

こちらの記事も読まれています

プロバイダーが果たす役割とは?

プロバイダーが果たす役割とは?

プロバイダーと回線事業者の違いがわかったところで、続いて実際にプロバイダーが果たす役割を解説しましょう。

IPアドレスの発行

プロバイダーの役割として最も重要なのは、IPアドレスを発行することです。

IPは「インターネット・プロトコル」の略で、IPアドレスとは各通信機器に割り当てられる識別番号のことを指します。

「インターネット上の住所」とイメージすると、分かりやすいでしょう。

IPアドレスの発行によりインターネット上の住所を獲得することで、はじめてインターネット回線を利用できるようになります。

メールアドレスの発行

プロバイダーと契約すると、独自ドメインのメールアドレスを作ることができます。

プロバイダーからの連絡はもちろんのこと、メールマガジンなどを受信することも可能です。

ただし、プロバイダーを解約してしまうと、基本的にメールアドレスを継続して使用することはできません。

どうしてもメールアドレスだけ継続利用したいときは、ドメイン代金を毎月支払うことになります。

メールアドレスを含めて解約する際は、各所に登録している連絡先を別のメールアドレスに変更する必要がありますので、十分に注意してください。

ウイルス対策などのサポート

プロバイダーによっては、インターネット上の脅威からユーザーを守るセキュリティ対策を提供している会社もあります。

特にインターネットに慣れていない初心者は、知らず知らずのうちにウイルスに感染してしまうというケースも少なくありません。

プロバイダーが迷惑メールや有害サイトなどを事前にブロックしてくれれば、初心者の方でも安心してインターネットを利用することができるでしょう。

光コラボを契約する3つのメリット

光コラボを契約する3つのメリット

続いて、回線事業者とプロバイダーが一本化された「光コラボ」のメリットをご紹介します。

光コラボが人気を集める理由は、主に下記の3つが挙げられます。

  1. 支払いを一本化できる
  2. 月額料金が安くなる
  3. スマホ割引を受けられる

具体的に光コラボがどれほど便利なのか、メリットを一つずつ確認してみましょう。

1. 支払いを一本化できる

光コラボの最大のメリットは、やはり支払いが一本化できることです。

回線事業者とプロバイダーを別で契約すると、それぞれ引き落とし日が違う、振込み方式が違う、対応している銀行口座が違うなどの煩わしさが生じる可能性がありますが、光コラボならそうした心配はいりません。

支払い以外にも、サービスの問い合わせや各種変更手続きなども窓口が1つになり、必要な手間も半分で済ませることができます。

2. 月額料金が安くなる

光コラボにすれば、月額の支払い料金が安くなる可能性があります。

「回線事業者+プロバイダー」と「光コラボ」の月額料金を比較すると、おおよその目安は下記の通りです。

契約方式 月額料金の目安
回線事業者+プロバイダー 回線事業者
約3,000~5,000円
プロバイダー
約1,000~2,000円
光コラボ 約4,000~6,000円

回線事業者とプロバイダーを分けて契約する場合、それぞれの月額料金がかかるため光コラボに乗り換えれば、毎月の支払い額を節約できる可能性が十分にあります。

仮に月々の支払総額が同額だとしても、支払いを一本化できるメリットを考えれば、光コラボに乗り換える価値は十分にあると言えるのではないでしょうか。

光コラボの料金は、利用条件やプロバイダーより様々です。

プロバイダーのみのご契約をお考えの方は、@nifty光 プロバイダーコースをご参照ください。

3. スマホ割引を受けられる

光コラボには携帯電話各社と提携しているプロバイダーがあり、利用している携帯会社によっては契約人数に応じて1人当たり月額1,000円(税込 円)のお得な割り引きサービスを受けることができます。

例えば家族4人で携帯電話を契約していれば、毎月4,000円(税込 円)、年間で48,000円(税込 円)もお得な割引を受けることができます。

auのスマホをお使いの方は@nifty光をご利用いただくことで、とてもお得な割引を受けることができますので、詳しくはこちらをご参照ください。

【初心者必見】
失敗しないプロバイダーの選び方

【初心者必見】失敗しないプロバイダーの選び方

プロバイダーの仕組みが分かったところで、「ではどうやってプロバイダーを選んだら良いのだろう?」と戸惑ってしまう方も多いでしょう。

そこで、プロバイダーを比較するうえで特に気を付けるべき3つのポイントを解説します。

Wi-Fiの性能と通信速度

プロバイダー選びで最も重要と言えるのが、通信速度です。

プロバイダー事業者からはWi-Fiルーターレンタルサービスを行っているところもありますので、通信速度をチェックする際は、下記の2点に注目してみましょう。

  • IPv6方式に対応しているか
  • Wi-Fi5以上に対応しているか

IPv6方式は、回線混雑を避けるのに効果的な通信方式です。

従来のIPv4方式は回線が混み合って速度が低下しやすいのに対し、最新のIPv6方式なら回線が混みづらくスムーズに利用することができます。

また、光回線のプロバイダーからレンタルできるWi-Fiルーターは、規格がWi-Fi5以上になっているかチェックしてください。

Wi-Fi5かWi-Fi6であれば、通信速度の心配はほとんどいりません。

一方で、一つ規格が古いWi-Fi4形式だと、ビデオチャットがフリーズする、動画がカクカクするといたデメリットが生じる可能性が高いといえます。

月額料金

プロバイダー選びにおいては、やはり月額料金についてもしっかり調べておきたいところ。

光コラボの月額料金は約4,000~6,000円が目安ですが、下記のような費用が追加でかかる可能性があります。

  • 回線工事費
  • Wi-Fiルーターレンタル費
  • セキュリティ対策費
  • 引っ越しの際の移転工事費

単純に月額料金が安いことも大切ですが、追加料金によって結局出費が増えてしまうケースも十分に考えられます。

プロバイダー選びの際は月額料金だけでなく、追加費用を含めて総合的に安く抑えられるプロバイダーを選びましょう。

入会特典

光回線の総合的な出費を安く抑えるには、入会特典が充実しているかも非常に大切です。

光回線で受けられる入会特典としては、主に下記のようなものが挙げられます。

  • キャッシュバック
  • 月額料金割引
  • Wi-Fiルーター無料レンタル
  • セキュリティ利用料一定期間無料

特典が適用されるかどうかは契約プランや年数によって変わるため、事前にご自身のケースで適用される特典をよくチェックしておきましょう。

高速&お得なプロバイダーなら
@nifty光がおすすめ

高速&お得なプロバイダーなら@nifty光がおすすめ

プロバイダー選びにお悩みなら、高速&お得な光回線が魅力の@nifty光がおすすめです。

ここでは「【初心者必見】失敗しないプロバイダーの選び方」でご紹介した内容と照らし合わせながら、@niftyならではのメリットを解説します。

Wi-Fi5以上で高速&安定した接続

@nifty光はフレッツ光の回線を利用した「光コラボ」の一つであり、国内95%以上の地域をカバーしています。

全国で幅広く利用できるうえ、通信速度でチェックすべき2つのポイントもしっかりクリアしています。

  • IPv6方式に対応しているか:〇
  • Wi-Fi5以上に対応しているか:〇(Wi-Fi5対応)

@nifty光なら地域や時間帯の影響を受けにくく、下り最大速度は1Gbpsにも及びます。

ビデオチャットや動画再生などをよく利用する方でも、高速で安定した@nifty光ならスムーズに利用することができるでしょう。

お得な月額料金

@nifty光の月額料金は、ホームタイプとマンションタイプによって下記の通りに設定されています。(2年/3年プラン共通。2~25ヵ月目の月額料金)

  • ホームタイプ(戸建て住宅):4,450円(税込 円)
  • マンションタイプ(集合住宅):3,355円(税込 3690.5円)
  • 【ホームタイプ】26か月目~:5,200円(税込 円)、【マンションタイプ】26か月目~:3,980円(税込 円)

もちろん光コラボである@nifty光なら、支払いを一本化することができます。

また、下記の通りサポート体制も充実しているため、初期費用を最小限に抑えることができます。

  • 回線工事費:月額料金から値引き
  • Wi-Fiルーターレンタル費:最大25ヵ月間無料※1
  • セキュリティ対策費:最大12ヵ月間無料※2
  • 引っ越しの際の移転工事費:無料
  • ※1.26カ月目からはレンタル料500円(税込 550円)/月が発生します。
  • ※2.最大12カ月間(開通月+11カ月間)が無料となります。開通月に解除した場合は、500円(税込 550円)/月が発生しますのでご注意ください。
  • 3年プラン利用、NTT東日本/NTT西日本の同エリア内での移転の場合。

初期費用として特に高額になりやすいのが工事費ですが、@nifty光なら月額料金がその分割引になり、ホームタイプなら18,000円(税込 円)、マンションタイプなら15,000円(税込 円)が実質無料となります。

初期費用の負担が気になって光回線を諦めている方もいるかもしれませんが、@nifty光なら初期費用のを抑えながら光回線を手に入れることができます。

さらに@nifty光3年プランの申込であれば最大30,000円のキャッシュバック(※2021年11月時点)も行っており、初期費用を補って余りあるほどのお得な割引制度を利用できます。

プロバイダー選びは、光回線を利用するにあたり非常に重要なステップです。

事前によく検討しないと、後から「通信が遅い」、「月額料金が高い」といったストレスにもつながってしまいます。

ぜひこの記事を参考に、ご自身にとって最もお得&快適なプロバイダーを見つけ、サクサク快適なインターネット環境を手に入れてくださいね!

光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます! 光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます!
最終更新日:2022年1月17日

新規お申し込み

※お申し込み前に
ご注意事項をご確認ください。

WEB でのお申し込み

お電話でのお申し込み・ご相談

@nifty お申し込み受付デスク

0120-50-2210

【受付時間】毎日9:00 ~ 21:00、携帯電話 着信可

料金表示について

  • 上記はすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。 また、ご請求額に1円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。 詳しくは弊社商品の価格表示についてをご覧ください。

回線速度について

  • @niftyの接続サービスは「ベストエフォート型」のサービスです。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。