光回線でテレビを観るには?
5つのメリット・3つのデメリットを紹介!

光回線でテレビを観るには?5つのメリット・3つのデメリットを紹介!

高速なインターネット接続を可能にすることで知られている光回線ですが、実は光回線を利用してテレビが視聴できることをご存知でしょうか?

すでにインターネットで光回線を利用している方は、サービスの紹介などで「光テレビ」という文字を目にしたことがある方も多いでしょう。

この記事では、光回線でなぜテレビを視聴できるのか仕組みを解説したうえで、光回線ならではの5つのメリットをご紹介します。

光回線でテレビを視聴するための工事は簡単で、従来のようなアンテナはいりません。

回線が速くなることで豊富なチャンネル数を高画質で視聴できるようになりますので、ぜひおうち時間の活用に役立ててくださいね!

光回線にテレビを接続する仕組み&配線

光回線にテレビを接続する仕組み&配線

光回線とは、高速かつ安定したインターネット接続を可能にする、最新の通信回線です。

まずは、なぜ光回線を使用してテレビが視聴できるのか、仕組みや配線に関する疑問を解消していきましょう。

光回線でテレビを視聴する仕組み

光回線のルーターにチューナーを接続

光回線を利用してテレビを視聴するためには、電柱から光ファイバーケーブルを自宅に引き込み、そこから映像用回線終端装置(V-ONU)とテレビを接続する必要があります。

映像用回線終端装置は光回線のテレビ契約時に、工事で取付してもらうのでご自身で用意する必要はありません。

インターネット速度低下の心配がない

「光回線でインターネットとテレビを同時に利用したら、回線が重くなるんじゃないの?」と疑問に思う方も多いかもしれませんが、どちらかを使用したらもう一方が遅くなるということは基本的にありません。

これはインターネットにはIP方式、テレビにはRF方式という別の通信方式を採用しているためで、それぞれ使用している波長が異なります。

RF方式とIP方式は完全に異なる通信方式であり、互いに干渉しあうことはありません。

異なる2つの通信方式を光回線として一本化してくれるため、利用者としても契約がシンプルになる、支払いが一件だけで良いといったメリットがあります。

共聴工事で複数台視聴も可能

光回線を使って2台以上のテレビを視聴したい方は、「共聴工事」を行うことでテレビ視聴が可能になります。

「共聴工事」では分配器を介して映像用回線終端装置とテレビを接続するようにします。

現状1台のテレビしか利用予定がない方は工事面での費用を安く抑えることができる「単独配線工事」で十分ですが、将来的にテレビ台数を増やすときにはあらためて共聴工事が必要となるため、テレビの追加購入を検討している方は最初から共聴工事を済ませておくと安心でしょう。

光回線テレビとケーブルテレビの違い!
費用や通信速度を比較

光回線テレビとケーブルテレビの違い | 費用や通信速度を比較

光テレビを検討されている方の中には、現在ケーブルテレビを利用している方も少なくないでしょう。

そこでここでは光テレビとケーブルテレビの費用や通信速度を比較し、「どっちの方がお得なの?」という疑問を解消していきます。

光回線+テレビ ケーブルテレビ
回線 光回線 光回線∔同軸ケーブル(光ハイブリッド)
最大速度※ 1Gbps程度 320Mbps程度

光回線を利用してテレビを視聴する場合と、ケーブルテレビを利用する場合の主な違いは上記の通りとなります。

気になる通信速度を比較すると、光回線の方がケーブルよりも約3倍以上も速いことがお分かりでしょう。

ケーブルテレビはもともとテレビ放送向けに展開していたサービスにインターネット機能を追加したため、やはり通信速度では光回線にかないません。

近年は視聴できるチャンネル数も差がなくなってきているため、通信の速さを重視するなら、やはり光回線の方が便利と言えるのではないでしょうか?

光回線でテレビを視聴する5つのメリット

光回線でテレビを視聴する5つのメリット

通信速度の速い光回線を利用してテレビを視聴すれば、下記の5つのメリットを体感することができます。

  1. アンテナがいらない
  2. 取付工事が簡単
  3. 悪天候でも受信が安定しやすい
  4. 初期費用を抑えられる
  5. チャンネル数が豊富

「今までのテレビと何が違うの?」、「光回線はハードルが高そう」と感じている方は、ぜひ光回線ならではの便利さ・お得さを実感してください!

アンテナがいらない

光回線でテレビを視聴する大きなメリットとして、従来のようにアンテナが要らないことが挙げられます。

当然、アンテナの取付工事が不要なため、アンテナ設置のための工事費は払う必要がありません。

さらに、アンテナがないだけで家の周りがスッキリし、スマートな印象を与えることができます。

台風などの自然災害でアンテナが折れてしまうという心配もなく、アンテナの故障により追加費用がかかるということもありません。

取付工事が簡単

光回線の利用が初めての方は、まずは光回線を自宅に取り入れるための工事が必要です。

とは言え、工事自体は1~2時間程度で終わるシンプルなもので、専用のケーブルやコンセントが設置されていれば、立ち合いが不要のケースもあります。

「光回線は工事が大変そう」というイメージを持つ方は少なくありませんが、実際はこのように非常にシンプルなため、初めての方でも安心でしょう。

悪天候でも受信が安定しやすい

光回線にはアンテナがないことから、天候に大きな影響を受けることのない安定した通信が可能です。

従来のアンテナ方式の場合は台風や大雪などにより電波障害が発生することがありましたが、光回線ならその心配がありません。

ただし、あまりにも強い豪雨の場合には稀に通信が乱れることがあります。

それでも電波障害のリスクを最小限に抑えることができるのは、光回線ならではの強みと言えるでしょう。

初期費用を抑えられる

光回線でテレビを視聴するための基本工事費は、単独配線(1台)なら約1~2万円程度、共聴設備接続工事(2台以上)なら約2~4万円程度が一般的です。

中には初期費用の分割払いに対応しているサービスもあるため、最初の負担をできるだけ抑えたいという方は分割払いで少しずつ支払うのも良いでしょう。

さらに、初期費用無料などのお得なキャンペーンを利用すれば、初期費用の負担を気にすることなく光回線に移行することも可能です。

チャンネル数が豊富

光回線のテレビで視聴できるのは、もちろん地上波だけではありません。

BSデジタルやCS放送にも対応しているサービスが多く、スポーツ・映画・アニメなどさまざまジャンルのコンテンツを視聴できます。

さらに高画質な4Kや8Kに対応可能なサービスもあり、自宅のテレビでまるで現実世界のようにリアルな映像を楽しむことができます。

コンテンツが増えるうえに画質まで上がれば、おうち時間の満足度も各段に改善されることでしょう。

光回線でテレビを視聴する3つのデメリット

光回線でテレビを視聴する3つのデメリット

一方で、光回線ならではのデメリットが存在するのも事実です。

後になってから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう、事前に利用条件をよくチェックしておきましょう。

エリア外の地域がある

光回線は利用可能なエリアが限定されており、全国どこでも利用できるというわけではありません。

大都市圏では基本的に問題なく使用可能ですが、周辺地域では一部のみの提供となることがほとんどです。

@nifty光の対応エリアを事前に確認したい方は、東日本提供エリア西日本提供エリアを必ず事前に確認しておきましょう。

また、地域によってインターネットは利用できてもテレビは利用できないというエリアもあるため、契約前には必ず利用可否を確認しておくことをおすすめします。

マンションは設置不可の場合がある

ご自宅がマンションをはじめとする集合住宅の場合、光回線を設置することが不可能なケースがあります。

また、対応可能なマンションだとしても、賃貸の場合などは大家の了承を得て回線工事を行うのが原則となります。

事前の確認を怠ると退去時にトラブルのもとになりますので、必ず大家や管理会社へ工事の可否を確認してください。

プロバイダー契約とセットが基本

光回線はテレビプランだけを契約することは難しく、基本的にインターネットの光回線とセットで契約することになります。

そのため、もしプロバイダーとの契約を解約すれば、その後はテレビを視聴することができません。

また、契約で定められた最低利用期間に達しないと、解約金の対象となる場合もあります。

しかし、インターネット、テレビ、電話の3つをまとめれば、支払いの手間が一本化できるだけでなく、固定費を軽減できる可能性が高くなります。

サービスによっては初月無料などお得なキャンペーンを展開しており、初期費用がほとんどかからないまま経済的負担を抑えることができるでしょう。

@nifty光+@nifty光電話+@nifty光テレビ」のお得な特典割引についてはこちらをチェック!

光回線のテレビなら@nifty光テレビがおすすめ

光回線のテレビなら@nifty光テレビがおすすめ

「光回線の導入を検討中で、せっかくならテレビもセットで申し込みたい」という方には、プロバイダーとして30年以上の実績を持つ@nifty光テレビがおすすめです。

@nifty光テレビのメリット

記事でご紹介した光テレビのメリットを踏まえると、@nifty光テレビの魅力としては下記のような点が挙げられます。

  • 月額利用料は750円(税込825円)
  • @nifty光と同時申込の場合月額利用料が初月無料
  • アンテナ不要
  • 複数台のテレビへ同時接続可能(月額料金そのまま)
  • 4K8Kにも対応で高画質
  • BSデジタル放送全40チャンネルに対応(有料放送の視聴には受信料/視聴料などが別途かかります)
  • スカパーも同時申込可能(別途利用料金がかかります)

@nifty光テレビはもちろんアンテナ工事が不要で、お得なキャンペーンも多数用意しています。

チャンネル数が多いことからスポーツ・映画・アニメなど幅広いコンテンツを楽しむことができ、臨場感あふれる4K8Kにも対応しています。

月額750円(税込825円)と家計への負担を最小限に抑えながら、おうち時間のクオリティを最大限に引き伸ばしてくれるでしょう。

申し込みから利用開始まで

@nifty光に申し込んでから実際にテレビを視聴するまでの流れは、主に下記の3ステップに分かれます。

  1. 利用申し込み
  2. @nifty光開通工事
  3. @nifty光テレビ配線工事

@nifty光の開通工事と@nifty光テレビの配線工事は、同時申込の場合原則として同日に行われます。

もし現在フレッツ・テレビをご利用の方は、乗り換えに伴う光回線の工事は基本的に必要ありません。

工事の際にはスタッフが光回線やテレビを使用できる状態にまで設定するため、初めての方でも安心して光回線をスタートできるでしょう。

こちらの記事も読まれています

@nifty光で最大30,000円キャッシュバック!

@nifty光テレビを利用するには@nifty光の申込が必要になってきますが、現在@nifty光では最大30,000円のキャッシュバック(2021年10月現在)を行っています。

またこちらの特典以外にも開通工事費用が毎月割り引きされる料金プランになってますので、導入時の初期費用を抑えることができます。

  • @nifty光 3年プラン(ホームタイプ)にWEBからお申し込みの場合。

@nifty光以外の光回線をご利用中の方はぜひこの機会にお得&高速な光回線@nifty光に乗り換え、快適なテレビライフをスタートさせてくださいね!

光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます! 光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます!
最終更新日:2022年7月1日

新規お申し込み

お申し込み前に、
重要事項説明(「電気通信事業法第26条に基づくサービス説明」「ご注意事項」)をご確認ください。

WEB でのお申し込み

お電話でのお申し込み・ご相談

お電話でのお申し込み時は、上記「重要事項説明」ページを見ながら説明いたしますので、ご了承の上お電話ください。

@nifty お申し込み受付デスク

0120-50-2210

【受付時間】毎日9:00 ~ 21:00、携帯電話 着信可

料金表示について

  • 上記はすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。 また、ご請求額に1円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。 詳しくは弊社商品の価格表示についてをご覧ください。

回線速度について

  • @niftyの接続サービスは「ベストエフォート型」のサービスです。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。