新規お申し込み ご案内ページ
(フレッツ光回線を利用していない方)

光回線の速度が遅い時の対処をイラスト付でわかりやすく解説!

「光回線を使っているのにインターネットの通信速度が遅い」

今このページに訪れた方はこのようなお悩みをお持ちではありませんか。

昨今は在宅勤務に切り替えている会社も多く、光回線の速度が遅いと不便に感じる方も必然的に多くなりました。

本記事では、光回線の速度が原因でお悩みの方に向けて、確認すべき項目や速度が遅い原因、対処法を解説します。

光回線の速度が遅いと感じたら、まず行うこと

光回線が遅いと感じたら、まずは以下のことを試してみましょう。

  • パソコンの再起動や移動
  • Wi-Fiルーターやモデム(ONU)の再起動
  • 光回線の速度を確認
  • プロバイダーのプラン確認

パソコンの再起動や利用場所の移動

それまで快適だった光回線が急に遅くなったと感じた場合、パソコンの再起動や利用場所の移動をすると改善するケースがみられます。

パソコンでサイトを大量に開いていたり、同時にソフトウェアをいくつも使っている場合などはパソコンの処理速度自体が遅くなっています。再起動すると解消されるケースがほとんどですのでお試しください。

また、一軒家の広々とした家に住んでいる環境などでは、Wi-Fiルーターからの距離が遠いため速度が遅くなるという要因もあります。

使用場所が固定されるデスクトップパソコンの場合は難しいかもしれませんが、ノートパソコンやタブレットなど使用場所を問わないデバイスをお使いの場合はWi-Fiルーターの近くに移動したりすると速度が改善されることがあります。

Wi-Fiルーターやモデム(ONU)の再起動

Wi-Fiルーターやモデム(ONU)の再起動を行うと光回線の速度が改善するケースもあります。

Wi-Fiルーターとモデムの両方を再起動する手順としては

1.Wi-Fiルーターの電源を切る。

2.モデムの電源を切る。

3.両方の機器の電源を切った後、次にモデムの電源を入れしばらく待機する。

4.モデムのランプが点灯したら、その後にWi-Fiルーターの電源を入れる。

逆の手順で行うと、正しく再起動されないこともありますので注意が必要です。

間違えて逆の手順で実行し再起動されなかった場合は数分時間を置いてから正しい手順で再起動を試してみましょう。

光回線の速度を確認

googleの検索で「スピードテスト」と検索すると速度を測定するためのサイトが複数出てきます。

ご利用中の光回線の速度に不満を感じた時はそれらのサイトでインターネットの速度測定をしてみましょう。

サイトによって測定される速度の数値には開きがありますが、ストレスなく快適にインターネットが利用できるとされる速度の目安としては以下となっています。

  • メールの送受信、標準画質の動画再生…5Mbps
  • サイトの閲覧、HD画質の動画再生…5~10Mbps
  • ソフトのダウンロード、4K画質の動画再生…25Mbps

プロバイダーのプラン内容を確認

光回線の速度はプロバイダーのプランによって異なるものも多く、中には速度が低速になっているプランもあります。

他社光回線と比べ安価なプランで契約している方は、サービスの提供内容の確認をしてみることをおすすめします。

利用環境が整っていても、プロバイダーのプランで速度が遅い場合、快適なインターネット環境を維持するのは難しいです。

もし速度が遅いプランで契約されていて不便を感じるのであれば、プランの見直しを検討しましょう。

光回線の速度が遅くなる原因

冒頭で『光回線の速度が遅いと感じたらまず行うこと』を紹介しましたが、それでもなお速度の改善が見られなかった場合は、以下にあげるいずれかの原因が可能性として考えられます。

原因1:パソコン(使用端末)本体

まずは、パソコン(使用端末)本体です。

古いパソコンはもちろん、性能の低いパソコンや、しばらく使っていない久々に起動したパソコンの場合、動作に不具合が見られる傾向があります。

パソコン本体に原因があると光回線の速度がいかに速くても、快適にインターネットを利用することは難しくなります。

ただ、スマホや他の機器でインターネットに接続した時にも回線速度が遅いとしたら、別の原因が考えられます。

原因2:Wi-Fiルーターなどの周辺機器

Wi-Fiルーターなどの周辺機器も、光回線の速度に影響を及ぼす問題となることが多いです。

主な問題としては、以下となります。

機器自体の問題

まずは、Wi-Fiルーターやモデムといった機器の問題です。

Wi-Fiルーターやモデムを長期間使用していると機器自体の動作不良やそれらの機器を繋げているLANケーブルの断線や劣化によって光回線の速度が遅くなることもあります。

LANケーブルの規格

LANケーブルにも規格がいくつかあります。

LANケーブルの表面に「CAT〇」という文字が書かれていると思いますが、「CAT5」であれば、古い規格です。

CAT5をLANケーブルで使用しているとWi-Fiルーターや光回線の改善をしても回線速度が低速になってしまいます。

光回線の速度が遅いと感じた時の対処法

光回線の速度が遅いと感じた時の対処法について解説します。

パソコン本体の対処

光回線の速度低下の原因がパソコン本体だった場合は、パソコンの性能を上げるのが大前提となります。

周辺パーツを揃えてカスタマイズをするか、新しいパソコンに買い替えるかなどの対処が必要です。

周辺機器の対処

周辺機器が原因で速度が遅くなっていた場合、基本的には従来使用している機器の見直しが必要となります。

規格が高速通信に対応していないWi-FiルーターやLANケーブルがある場合は対応済のものに交換をしましょう。

Wi-Fiルーターはプロバイダーによってはレンタルで提供しているところもありますのでプロバイダーの乗り換えも選択肢の一つとして検討するのもいいでしょう。

LANケーブルはCAT5、CAT6、CAT7といった規格がありますが、光回線の性能を活かすためには「CAT6以上」の規格のケーブルに変えることをおすすめします。

他社プロバイダーサービスに乗り換える

光回線の速度が遅い原因がプロバイダーにある時は他社のプロバイダーサービスに乗り換えるのも1つの方法です。

頻繁にトラブルが発生したり、復旧が遅かったりなどのプロバイダーに起因する問題がある場合は、利用者の方で対処のしようがありません。

乗り換える際は違約金などの解約時に発生する手続きも考慮したうえで判断するようにしましょう。

光回線では@nifty光がおすすめ

光回線の速度にご不満がある方には@nifty光がおすすめです。

@nifty光はIPv6に対応しているため、従来の通信環境よりも快適なインターネット環境をお届けできます。

オプションとしてIPv6対応のWi-Fiルーターのレンタルサービスも提供しており、@nifty光ご利用中は最大25カ月間無料でレンタルできますので初期費用の面でもお得な内容となっています。

また他社光コラボからの事業者変更で@nifty光に乗り換える場合は、光回線の工事が不要で、電話番号もそのまま引き継ぐことができます。

現在、他社光コラボをご利用中でお悩みの方も是非この機会にご検討ください。

@nifty光の月額料金はホームタイプ(一戸建て向け)が5,200円(税抜)(税込 円)、マンションタイプ(集合住宅向け)が3,980円(税抜)(税込 円)でご案内しており、開通月は無料で利用いただけます。

また、キャッシュバックや月額割引にてお使いいただけるお得なキャンペーンも実施中です。

@nifty光を利用しているお客様からは

  • トラブルが少なくて使いやすくIPv6にも対応している
  • 料金が安くなって回線速度が安定しました
  • 速度が安定していて動画配信サービスも問題なく高画質が再生できます

などご好評をいただいています。

@nifty光では他にも様々なオプションサービスも用意しており、特典も充実しております。

@nifty光の詳細についてはこちらからご確認ください。

光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます! 光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます!
最終更新日:2021年4月2日

料金表示について

  • 上記はすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。また、ご請求額に1 円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。詳しくは弊社商品の価格表示についてをご覧ください。

回線速度について

  • @niftyの接続サービスは「ベストエフォート型」のサービスです。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。

@nifty光 新規お申し込み

※お申し込み前にご注意事項をご確認ください。

WEB でお申し込み
お電話でご相談・お申し込み

@nifty お申し込み受付デスク

0120-50-2210

【受付時間】毎日9:00 ~ 21:00、携帯電話 着信可