ドメイン@nifty終了のお知らせ

平素より@nifty(アット・ニフティ)をご利用いただき誠にありがとうございます。
2005年より提供してまいりました「ドメイン@nifty」を2024年3月31日 終了時間調整中(3月中旬から変更となりました)をもって終了することとなりました。
ご利用中のお客様には大変お手数をお掛けしますが、終了日までにお持ちのドメイン名を、他社ドメイン管理事業者に移管のお手続きをお願いいたします。



【日本語ドメイン名をお持ちのお客様へ】
AuthCode申請前に、Punycodeに変換いただき、変換後のコードをフォームにご記入ください。
詳細はこちら:日本語名のドメイン名を持っていますが、AuthCode申請フォームでエラーがでます。

【重要】ドメイン名の移管を完了されたお客様へ
ドメイン名の移管が完了しましたら、必ずネームサーバーを変更してください。
PDNS1.NIFTY.AD.JPなどニフティのドメインの入ったネームサーバーを設定したままの場合、接続できなくなります。



【ドメイン名移管後、LaCoocanが閲覧できなくなったお客様へ】
①ネームサーバーがニフティのものから変更されているかご確認ください。
 ※JPDirectへ移管されたお客様は、「DNSサービス」に記載のネームサーバーに変更されているかご確認ください。
LaCoocan連携をご利用の場合で設定に誤りがないかご確認ください。
上記をご確認いただき、問題が解消されない場合、お客様の状況を調査いたしますので、対象となるドメイン名とお客様の@niftyIDを、下記のフォームから@niftyカスタマーサービスデスクまでお知らせください。
ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
メールでのお問い合わせ



サービス終了日
  • 2024年3月31日 終了時間調整中
    (3月中旬から変更となりました。詳細な時間については追ってこの告知ページにてお知らせいたします)
ドメイン@nifty終了日以降ご利用できなくなるサービスおよび機能
    2023年11月27日で終了したサービス
  • ドメイン名の新規取得
  • 2024年3月中旬で終了するサービス
  • ドメイン名の移管・解除
  • 2024年3月中旬で終了するオプション機能
  • URL転送設定
  • LaCoocan連携
  • ココログドメインマッピング
  • 固定IPサービス連携
  • ダイナミックDNS
  • DNSホスティング
  • 法人サービス連携

※ドメイン@nifty終了日以降は、サービスページへのアクセス・管理画面へのログインもできなくなります。
※@niftyホームページサービス(LaCoocan)、ココログ、固定IPサービスの終了ではございません。

ドメイン名の移管・解除(廃止)に関するご注意事項
  • ドメイン名を継続してご利用の場合は、他社ドメイン管理事業者への移管手続きが必要となります。
  • 移管先の事業者にもより異なりますが、手続きに2週間ほど時間を要します。
    日程には十分余裕をもって、お手続きをお願いいたします。
  • お持ちのドメイン名を継続される場合は、すみやかに移管手続きを完了させてください。
  • お持ちのドメイン名を継続されない(廃止)場合は、次回更新日「30日前」までに、ドメイン@niftyの解除をおこなってください。解除されない場合は、有効期限が延長され更新料が発生します。

※ドメイン名の有効期限内に移管した場合、通常移管先には有効期限が引き継がれた状態で移管されますので、
 ドメイン名の更新料金は重複して請求されません。

<関連するご質問>
ドメインの有効期限内に移管した場合、残りの期間はリセットされてしまいますか?
有効期限内のドメイン名を移管したら、移管先で更新料を請求されました。更新日でもないのにどうしてですか?

オプションサービスに関するご注意事項
  • ドメイン名の移管手続き・移管先でのオプションサービスの再設定後、ドメイン@niftyを解除してください。
  • オプション機能の解除は、解除したタイミングで利用ができなくなります。
  • 利用料金の日割りや返金はございません。
ドメイン名の移管手続きの前に必ずご確認ください

移管手続き開始の前に、お持ちのドメイン名、ニフティで管理中のドメイン名か他社で取得したドメイン名か、次回更新日、ご利用中のオプション機能をご確認ください。


お持ちのドメイン名の解除(廃止)される場合は、次回更新日の30日前までに、ドメイン@niftyの管理画面より解除の手続きをお願いいたします。

※解除手続きが無い場合は、更新料が発生します。

未移管となったドメイン名のお取り扱いについて

サービス終了後、未移管として残ったドメイン名のお取り扱いにつきましては、改めて本告知ページにてご案内いたします。

手続きの流れ

ドメイン名を移管する

ドメイン@niftyでドメイン名を取得、または他社より転入して継続してご利用中のお客様が対象となります。

移管先のドメイン管理事業者によって手続きの流れは異なります。手続きの流れでご不明な点は移管先ドメイン管理事業者へお問い合わせください。

移管される際は、移管先事業者にてご希望の機能が整っているか必ずご確認いただいたうえで移管手続きを開始してください。


【ご注意】
移管にはAuthCodeが必要です。AuthCode確認申請フォームから申請してください。

AuthCode確認申請フォーム (ドメイン名をご契約中の@niftyIDで認証が必要です)

ドメイン管理事業者に移管する流れ


移管手続きに関する「よくある質問」

【ご注意】whois情報の代理解除をするとエラーになるケースがあります。対応については下記をご確認ください。
whoisの代理解除をしようとするとサーバーエラーとなり解除できません。

移管先として、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が運営するJPDirectをおすすめしております。
JPDirectでは、ドメイン名の管理だけでもご利用いただけます。
Webリダイレクトサービス(URL転送)DNSサービス(DNSホスティング)が無料でご利用いただけます。
また、クレジットカードで登録更新料を自動でお支払いいただくことができます。



JPDirectに関するご注意事項


※Web・メールホスティングサービスは提供しておりません。

※WebリダイレクトサービスやDNSサービスのみのご利用はできません。JPDirectでドメイン名を管理している場合のみオプションサービスが利用できます。

※Webリダイレクトサービス、DNSサービス、お客様がご用意したネームサーバー(他社ネームサーバー含む)を併用してご利用いただくことはできません。
併用でのご利用の場合は他社へ移管してください。

※ダイナミックDNSの提供はありません。

※DNSサービスはレコードの種類別に設定数に上限があります。

※Webリダイレクトサービス及びDNSサービスは、現在無料でご利用いただけますが、今後変更となる場合があります。

JPDirectへの移管手続きの流れ

JPDirectへドメイン名を移管する(JPDirect社の専用ページに遷移します)


移管先のドメイン管理事業者でオプション機能を設定する

URL転送などのオプションサービスを引き続きご利用いただく場合は、移管先で設定が必要となります。
ドメイン移管完了後、設定をお願いいたします。

URL転送をご利用の場合

LaCoocan連携をご利用の場合

ココログドメインマッピングをご利用の場合

固定IPサービス連携をご利用の場合

DNSホスティングをご利用の場合

法人サービス連携をご利用の場合

※ダイナミックDNSにつきましては、ダイナミックDNS機能提供事業者への移管をご検討ください。


オプション機能に関する「よくある質問」

ドメイン@niftyを解除する

ドメイン名の移管や解除(廃止)、オプション機能が不要になった後には、ドメイン@niftyの解除をしてください。

ドメイン@niftyの解除方法

お問い合わせ

移管先によって移管の流れや設定方法が異なる場合がございます。
移管先での設定については、移管先のドメイン管理事業者にお問い合わせください。
よくある質問はこちら

ドメイン@niftyに関するお問い合わせ

ドメイン@niftyに関すること、移管前のご契約状況などに関するお問い合わせ

最終更新日:2024年2月23日