ping値とは?
回線速度との違い・目安・改善方法をわかりやすく解説

ping値とは?

「インターネットが遅い」と感じた時、あなたならまず何を確認しますか?

「回線速度」と答える方が多いかと思いますが、意外と見落としがちなのがping値です。

しかし、ping値と言われても「ping値ってなに?」「聞いたことすらない」という方が多いのではないでしょうか

そこでこの記事では、そもそもping値とは何かを解説したうえで、目安となる数値や改善方法を解説します。

ping値とは、一言で言うと「データの送受信における反応速度」です。

例えば、自宅のPCから送信した信号がインターネットを介してサーバーに到着し、サーバーからの返信が自宅のPCに届くまでの速度(ping)を表したものが、以下の図です。

pingイメージ図

そこでこの記事では、そもそもping値とは何かを解説したうえで、目安となる数値や改善方法を解説します。

ping値が改善すればインターネットの快適性が向上しますので、「インターネットが遅くて困っている」という方はぜひ参考にしてください。

ping値と回線速度の違い&関係性

ping値と回線速度の違い&関係性

インターネットの快適性に影響する数値として「ping値」と「回線速度」の2つが挙げられます。まずは、両者の区別や関係性について確認しておきましょう。

ping値とは?

ping値とは、データの送受信におけるレスポンスや応答速度を数値化したものです。

pingはPacket INternet Groperの頭文字をとったもので、「ピン」または「ピング」と呼ばれます。

また、サーバーからの応答があることを「pingが通る」と表現することもあります。

  • pingが通る:サーバーから応答がある(ネットワークにつながる)
  • pingが通らない:サーバーから応答がない(ネットワークにつながらない)

例えば、あなたが何かのホームページをクリックした場合、データを送信(クリック)してからデータを受信(ページ表示)するまでの反応速度がping値となります。

回線速度とは?

一方の回線速度は、1秒あたりに送信できるデータ量を表します。

単位のbpsはbit per second「1秒あたりのビット」の頭文字をとったもので、速度よりもデータ量にフォーカスしているのが特徴です。

また、単位は1,024ごとに以下のように進んでいきます。

単位 換算
bps -
Kbps =1,024bps
Mbps =1,024Kbps
Gbps =1,024Mbps

光回線の回線速度として「最大1Gbps」という表示を見たことがある方もいらっしゃると思います。

これは「ベストエフォート」と呼ばれるもので、ある一定の条件がそろった時に実現できる理論上の数値です。

ping値と回線速度の違いをおさらいすると、以下の通りとなります。

  • ping値:データの送受信におけるレスポンスや応答速度
  • 回線速度:1秒あたりに送信できるデータ量

ping値と回線速度は一見無関係に見えますが、インターネットのスピードに影響するという意味では、互いに比例するのも事実です。

一方が速くなればもう一方も必然的に改善するため、「回線速度は速くなったのにping値は高くなった」といった状況は起こりにくいと言えるでしょう。

ping値の揺らぎを示すjitter(ジッター)値

ping値とセットで覚えておきたいのが、jitter(ジッター)値です。

jitter値はping値の幅を表したもので、値が小さい方がping値が安定しているということになります。

ping値の計測結果は、タイミングや利用条件によって変動することが考えられます。

そこでjitter値をあわせて確認すれば、ping値がたまたま高く(低く)出た数値なのか、それとも常に同程度の数値なのかを判断することができます。

ping値が示す数字の目安

ping値が示す数字の目安

過去にping値を計測したことがない人は、ping値が実際にどのくらい必要なのか想像もつかないことでしょう。

ここではping値の目安を、ネット検索やオンラインゲームなどの用途別にご紹介します。

ping値の単位はms(ミリセカンド)

ping値の単位となるのは、ms「ミリセカンド」です。m「ミリ」は1000分の1を表す単位で、msを秒に換算すると以下のようになります。

ms
1ms 0.001秒
10ms 0.01秒
100ms 0.1秒
1000ms 1秒

例えば、ping値が15msと計測された場合、データを送信してから返ってくるまでの反応速度は0.015秒という計算になります。

ping値は小さい方が良い

ping値はデータ送受信の反応速度(タイムラグ)を表した数値であるため、数値が低ければ低いほど、インターネットの利用が快適ということになります。

データ通信においては、回線速度(bps)のように「高い方が良い」とされる数値が多いですが、ping値は高いとそれだけ反応が遅いということを意味します。

【用途別】ping値の目安

ping値は、一般的に0〜100ms程度であることが多いと考えられます。

具体的に必要となるping値は、利用するシーンによって以下のように分かれます。

ping値 ネット検索 動画再生 ビデオ通話 オンラインゲーム
0~15ms
16~30ms
31~50ms ×
51~100ms × ×

ネット検索や動画再生がメインで、たまにビデオ通話するという方は、ping値が30ms以下であれば基本的に問題ありません。

30~50msだと、動画やビデオ通話の映像が多少乱れてしまう可能性があります。

一方で、対戦ゲームのように高速な反応速度が必要とされる場合、ping値は0〜15msがマストと言えます。

15msを超えると「反応が遅い」、「タイムラグが生じる」といった不具合が生じ、ゲームでのパフォーマンスにも影響を及ぼしてしまうでしょう。

【初心者でも簡単】ping値の測定方法

【初心者でも簡単】ping値の測定方法

ping値を測定する方法には「コマンドプロンプト」と「スピードテストサイト」の2通りがあります。

いずれも方法は非常に簡単なため、以下の手順を参考にご自身のping値を測定してみましょう。

一方で、対戦ゲームのように高速な反応速度が必要とされる場合、ping値は0〜15msがマストと言えます。

15msを超えると「反応が遅い」、「タイムラグが生じる」といった不具合が生じ、ゲームでのパフォーマンスにも影響を及ぼしてしまうでしょう。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトはWindowsに搭載されている機能で、測定方法は以下の通りです。

  • Windowsマークをクリック
  • メニューの中から「Windowsシステムツール」をクリック
  • 「コマンドプロンプト」をクリック(下記イメージ図参考)
  • カーソルが点滅しているところに「ping (IPアドレス)」を入力し、Enterキーを押す
  • 「ラウンドトリップの概算時間(ミリ秒)」をチェック
コマンドプロンプト

例えば、IPアドレスが「123.456.789.01」なら「ping 123.456.789.01」と入力するだけでping値が測定されます。

測定結果には最小、最大、平均の3つの数値が表示されるため、ping値だけでなくjitter値も自分で計算することができます。

  • ping値:「平均」の数値
  • jitter値:「最大」-「最小」で計算した数値

「要求がタイムアウトしました」、「宛先ホストに到達できません」などの表示が出たときは、セキュリティソフトによってエラーが生じている可能性があります。

その場合は一時的にセキュリティソフトをオフにしてから、上記の手順で計測してください。

スピードテストサイト

インターネット上の専用サイトにアクセスして、ping値を測定することもできます。

「ping値 測定サイト」などと検索し、気になるサイトをいくつか利用してみましょう。

スマホの場合は、専用のアプリをダウンロードしても良いかもしれません。

「測定開始」などのボタンをクリックすれば、数秒後にはping値が表示されます。

jitter(ジッター)値をセットで表示するサイトなら、ping値の上下の幅を目安として知ることができます。

ping値を改善する7つの方法

ping値を改善する7つの方法

ping値の測定結果が50〜100msの人は、インターネットを快適に利用するためにもping値を改善しておきましょう。

  • Wi-Fiに接続しているデバイスの台数を減らす
  • Wi-Fiルーターの近くに移動する
  • PCやルーターを再起動する
  • 無線から有線に変える
  • Wi-Fiルーターを変える
  • IPv6方式を利用する
  • プロバイダーを乗り換える

ping値を改善する方法としては、以上の7つが挙げられます。

手軽にできる方法から順にご紹介しますので、インターネットの速度にお困りの方はぜひ一つずつ試してください。

1. Wi-Fiに接続しているデバイスの接続台数を減らす

ping値を改善するシンプルな方法として、Wi-Fiに接続しているデバイスの接続台数を減らすという方法が挙げられます。

利用していないデバイスでも、自動接続設定によりデータ通信が行われていることは少なくありません。

デバイス数を減らすことで回線混雑が解消され、ping値が改善する可能性があります。

2. Wi-Fiルーターの近くに移動する

Wi-Fiルーターから離れた場所でデバイスを利用している時は、できるだけWi-Fiルーターに近い場所へ移動しましょう。

壁などの障害物による影響を受けにくくなることで、ping値が改善する可能性があります。

PCの位置を固定している場合や、どうしても場所を移動できない時は、Wi-Fiルーターの中継器を利用するのも効果的です。

3. PCやルーターを再起動する

PCやルーターに何かしらのトラブルが生じている場合は、それぞれを再起動することでping値が改善する可能性があります。

4. 無線から有線に変える

Wi-Fiにより無線で接続している場合は、ケーブルを用いて有線接続に変更するのも効果的です。

例えば「電子レンジを使うとWi-Fiの調子が悪い」という時は、Wi-Fiの電波が電子レンジの電波に干渉され、正常に届かなくなっている可能性が考えられます。

有線接続は無線接続に比べて周囲の電波の影響を受けにくく、ping値が安定しやすいという効果が期待できます。

5. Wi-Fiルーターを変える

Wi-Fiルーターの規格が古い場合は、Wi-Fiルーターを新しくすることでping値の改善が見込めます。

特にWi-Fi4を利用している場合は、理論上の最大速度が300Mbpsとなり、最大速度1Gbpsの光回線を利用しても十分な速度を発揮することができません。

規格 正式名称 理論上の最大速度
Wi-Fi4 IEEE 802.11n 300Mbps
Wi-Fi5 IEEE 802.11ac 6.9Gbps
Wi-Fi6 IEEE 802.11ax 9.6Gbps

Wi-Fi5以上の規格に変更すれば回線速度が大幅に向上し、ping値も自ずと改善するでしょう。

6. IPv6方式を利用する

回線速度やping値を根本から改善したい場合は、接続方式をIPv6方式に切り替えてみましょう。

IPv6方式は従来のIPv4方式と比べると、以下のようなメリットがあります。

  • 接続方式が新しい
  • 利用者数が少ない
  • 回線が混雑しにくい

プロバイダーによっては、IPv6方式がオプションでの追加加入となるケースも珍しくありません。

通信費をできるだけ抑えたい方は、IPv6方式を無料で利用できるプロバイダーへの乗り換えを検討してみましょう。

7. プロバイダーを乗り換える

「いろいろ試したけど、ping値が全く改善しない」という場合は、利用しているプロバイダーの性能が不十分である可能性が高いと言えます。

インターネットが遅いことによるストレスを無くすためにも、プロバイダーの乗り換えを検討するのも良いでしょう。

プロバイダーによっては様々な特典を利用でき、乗り換えに伴う出費を抑えるどころかお得にできる可能性も十分にあります。

ping値が改善するうえに月額料金が安くなれば、ユーザーにとっても一石二鳥と言えるでしょう。

回線速度にこだわるなら@nifty光がおすすめ!

回線速度にこだわるなら@nifty光がおすすめ!

「いろいろ試したけどping値が改善しない」、「インターネットが遅いストレスから解放されたい」という方には、回線速度に優れた@nifty光がおすすめです。

@nifty光の主な特徴としては、以下の5つが挙げられます。

  • IPv6方式➡全員に適用されるためオプション料金なし
  • Wi-Fi5➡最大速度6.9Gbpsまで対応
  • 特典が充実➡乗り換え費用の負担を最小限に抑えられる
  • 月額料金が安い➡通信固定費を安くできる
  • スマホ割➡auのスマホ利用でさらにお得に

@nifty光なら、IPv6方式をオプション料金なしで利用できるうえ、月額料金もマンションタイプで3,355円(税込3690.5円)~、ホームタイプで4,450円(税込4,895円)~と非常にお得です。

auのスマホを利用している方なら、auスマートバリューで通信費のトータルをさらに節約することもできますよ。

  • 2年/3年プラン共通。2~25ヵ月目の月額料金【ホームタイプ】26ヵ月目~:5,200円(税込 5,720円)、【マンションタイプ】26ヵ月目~:3,980円(税込 4,378円)

高速な回線でping値が改善すれば、「ページがなかなか表示されない」、「オンラインゲームやビデオ通話で映像が止まる」といったストレスも大幅に軽減されます。

ぜひ高速&低価格な@nifty光を利用して、サクサクでスピード感のあるインターネットライフを手に入れてくださいね!

光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます! 光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます!
最終更新日:2022年7月1日

新規お申し込み

お申し込み前に、
重要事項説明(「電気通信事業法第26条に基づくサービス説明」「ご注意事項」)をご確認ください。

WEB でのお申し込み

お電話でのお申し込み・ご相談

お電話でのお申し込み時は、上記「重要事項説明」ページを見ながら説明いたしますので、ご了承の上お電話ください。

@nifty お申し込み受付デスク

0120-50-2210

【受付時間】毎日9:00 ~ 21:00、携帯電話 着信可

料金表示について

  • 上記はすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。 また、ご請求額に1円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。 詳しくは弊社商品の価格表示についてをご覧ください。

回線速度について

  • @niftyの接続サービスは「ベストエフォート型」のサービスです。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。