インターネットが繋がらない!
原因ごとの対処法をわかりやすく解説

インターネットが繋がらない!原因ごとの対処法をわかりやすく解説
  • 「何もいじっていないのに、インターネットが全く繋がらない」
  • 「一部の接続機器で、急にインターネットが繋がらなくなった」
  • 「Wi-Fiは繋がっているのに、インターネットが使えない」

インターネットを利用していると、このようなトラブルに見舞われる可能性があります。

インターネットはもはやライフラインの一部とも言えるため、急に繋がらなくなると何かと不便に感じることも多いでしょう。

この記事では、インターネットが繋がらなくなったらまずやるべきことや、原因ごとの対処法をわかりやすく解説します。

対処法さえ分かれば業者などに依頼することなく自分で解決できるため、あてはまるものがないか一つずつチェックしてください。

最初にやること!
別の接続機器でインターネットに接続する

最初にやること!別の接続機器でインターネットに接続する

インターネットが繋がらなくなったときは、まずはじめに別の接続機器(パソコンやスマホ)でインターネットに接続できるかチェックしましょう。

これにより、接続不良の原因を以下のように特定することができます。

  • 繋がる場合:利用しているパソコンやスマホに原因がある
  • 繋がらない場合:Wi-Fiルーターやその他に原因がある

原因を特定できれば、適切な対処法が何パターンかに絞られます。

いきなりあれこれと試すのではなく、まずは根本の原因を突き止めましょう。

繋がる場合:利用しているパソコンやスマホに原因がある

他の接続機器からインターネットが利用できる場合は、利用していた接続機器に何かしらの問題があることになります。

原因としては、一時的に接続不良が起きていること、接続機器の処理速度が遅くなっていることなどが考えられます。

繋がらない場合:Wi-Fiルーターやその他に原因がある

一方、他の接続機器でもインターネットを利用できない場合は、Wi-Fiルーターやその他に何かしらの問題があることになります。

Wi-Fiルーターの電源ランプや接続状態を示すランプが点滅していれば、Wi-Fiルーターに何かしらのトラブルが生じている可能性が高いでしょう。

原因としては、Wi-Fiルーターが接続不良や故障を起こしていること、プロバイダーにより通信規制が行われていることなどが考えられます。

パソコンやスマホに原因がある場合の対処法

パソコンやスマホに原因がある場合の対処法

パソコンやスマホなどの接続機器に原因がある場合、対処法は主に以下の4つが挙げられます。

  • 機内モードを切り替える
  • パソコンやスマホを再起動する
  • セキュリティ対策ソフトをオフにする
  • 有線接続のケーブルを新しくする

いずれも1分程度あればできる簡単な方法ですので、あてはまりそうなものから順番に試してみましょう。

機内モードを切り替える

最もシンプルな対処法は、接続機器の機内モードを切り替えるという方法です。

機内モードにするとインターネットへのアクセスは遮断されます。

機内モードをオン・オフと切り替えることでインターネット接続が正常化されることがあります。

機内モードは、接続機器のインターネット設定にある飛行機のマークが目印となります。

機内モードがオンになっていればオフに、オフになっていれば一回オンにしてからオフに変更してみましょう。

パソコンやスマホを再起動する

機内モードを切り替えても接続が改善しない場合は、接続機器を再起動してみましょう。

再起動するだけでも接続機器のシステムエラーなどが改善され、通常通りインターネットを利用できる可能性があります。

接続機器をすぐに利用しない場合は、接続機器を一回シャットダウンし、後で起動することでも同様の効果が期待できます。

セキュリティ対策ソフトをオフにする

接続機器にセキュリティ対策ソフトを搭載している場合は、セキュリティソフトが誤作動を起こしてインターネット接続を遮断してしまっている可能性があります。

そのため、一回セキュリティ対策ソフトをオフにするのも、対策としては効果的です。

ただし、セキュリティソフトをアンインストールしてしまうと、その後のインターネット利用においてウイルスに感染するリスクが高まってしまいます。

設定をオフにしてインターネットが利用できるようになったら、忘れずに設定をオンに戻しておきましょう。

有線接続のケーブルを新しくする

ケーブルを用いて有線接続している場合は、ケーブルの不備や故障によりインターネットに接続できない可能性があります。

この場合はケーブルを新しくする、有線ではなく無線で接続するなどの対策が必要になるでしょう。

また、ケーブルが原因だった場合、新しく購入する必要がありますが、ケーブルの規格にも注意しなければなりません。

例えばLANケーブルを利用する場合、規格によって最大速度は以下のように変わります。

LANケーブルの規格 最大速度の目安
CAT5 100Mbps
CAT5e 1Gbps
CAT6
CAT6A 10Gbps
CAT7
CAT8 40Gbps

高速な光回線は下り最大速度が1Gbpsであることが多く、最低でもCAT5e以上の規格が必要です。

CAT5以下の規格を選ぶと、せっかく高速な回線を利用しても通信速度が低下してしまう可能性が高いと言えます。

Wi-Fiルーターに原因がある場合の対処法

Wi-Fiルーターに原因がある場合の対処法

他の接続機器からもインターネットを利用できない場合、Wi-Fiルーターに原因がある可能性が考えられます。

「Wi-Fiは繋がっているのに、インターネットが使えない」という時も、Wi-Fiルーターに何かしらのエラーが生じていると考えて良いでしょう。

  • 配線を確認する
  • Wi-Fiルーターを再起動する
  • 周波数帯を変更する
  • 接続を再設定する

Wi-Fiルーターに原因がある場合の対処法は、主に以上の4つです。

具体的な設定方法と併せて確認していきましょう。

配線を確認する

回線を契約したばかりで新しくWi-Fiルーターを設置した場合は、Wi-Fiルーターの配線を間違えている可能性があります。

特にWi-FiルーターやONU(終端装置)の差込口を間違えるケースは多く、この場合は配線を正しく直すだけでインターネットに接続できるようになります。

プロバイダーなどから公表されている初期設定の手順を参照し、あらためて配線に誤りがないか確認してみましょう。

Wi-Fiルーターを再起動する

接続機器と同様に、Wi-Fiルーターを再起動するのも効果的です。

室内で熱がたまりやすい場所などにWi-Fiルーターを設置している場合、Wi-Fiルーターが必要以上に熱を持ってしまうことで正常に作動しなくなる可能性があります。

Wi-Fiルーターに電源ボタンがない場合は一度コンセントを抜き、十分に熱がとれてから再度コンセントを入れてみましょう。

周波数帯を変更する

Wi-Fiルーターから離れた場所でインターネットを利用している場合は、Wi-Fiルーターの周波数帯を変更してみましょう。

Wi-Fiルーターには2.4GHzと5GHzの2つの周波数帯があり、それぞれ以下のように特長が異なります。

  • 2.4GHz:障害物(壁など)への対応力に優れている
  • 5GHz:電波を遠くへ飛ばす力に優れている

どちらの周波数帯を利用しているかはネットワーク名の末尾で判別でき、末尾が「2G」や「g」なら2.4GHz、「5G」や「a」なら5GHzとなります。

Wi-Fiルーターと接続機器の間に壁が多い時は2.4GHzに、物理的に距離が遠い時は5GHzに接続先を変更してみましょう。

接続を再設定する

インターネットが急に利用できなくなったときは、何かしらの原因でWi-Fiルーターの接続設定がリセットされていることがあります。

そのため、接続を再設定することで、あらためてインターネットを利用できるようになる可能性が考えられます。

まずは現在の接続を解除し、あらためて指定のユーザー名とパスワードを入力しましょう。

Windowsの場合、以下の手順で接続を再設定することができます。

  • 「設定」をクリック
  • 「ネットワークとインターネット」をクリック
  • 「ネットワークと共有センター」をクリック
  • 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリック
  • 「新しいネットワークをセットアップする」から「次へ」をクリック
  • 指定のユーザー名とパスワードを入力

その他の考えられる原因と対処法

その他の考えられる原因と対処法

接続機器やWi-Fiルーターの設定を変更してもインターネットに接続できない場合は、主に以下の4つの原因が考えられます。

  • 回線障害やメンテナンス
  • マンションなど集合住宅での回線混雑
  • 料金未納による利用停止
  • データ容量超過による速度低下

プロバイダーとの契約内容により不具合が生じている場合は、契約するプロバイダーの変更も視野に入れましょう。

回線障害やメンテナンス

天候不良による回線障害やプロバイダーによるメンテナンスが行われている場合は、待つ以外に効果的な方法はありません。

何かしらのトラブルが生じている場合には会員ページで確認できることが多いため、該当する項目がないか最新の情報をチェックしてみましょう。

@nifty光をご利用の場合は、会員サポートの「トラブル/メンテナンス情報」から最新の情報を随時更新しています。

マンションなど集合住宅での回線混雑

マンションやアパートなどの集合住宅でインターネットを利用している場合は、回線混雑によりインターネットの速度が極端に低下することがあります。

これは、集合住宅では共用部まで引いた1本の回線を各部屋へ分配しているためであり、こちらも待つ以外に効果的な対処法はありません。

回線が特に混雑しやすいのは、夜の18時~22時頃です。

どうしても回線混雑がひどい場合は、個別での回線契約を検討しても良いでしょう。

料金未納による利用停止

回線の月額料金を未納にしておくと、回線が強制的に解除されることがあります。

場合によっては口座の残高不足により引き落としが正しく行われなかった可能性もあるため、あらためて先月分の支払い状況を確認してみましょう。

料金未納が発覚した場合はすぐにプロバイダーへ連絡し、未納分の支払い方法を確認してください。

入金後は、早ければ即日でインターネットの利用を再開することができます。

データ容量超過による速度低下

「月〇GB」のようにデータ容量が契約で定められている場合は、データ容量オーバーによりインターネット利用が制限されている可能性があります。

この場合はプロバイダーに連絡して当月分のデータ容量を追加購入すれば、利用制限が解除されることがあります。

データ容量を毎月オーバーするようであれば、契約自体を見直す必要があります。

月額料金やデータの諸条件によっては、プロバイダーの乗り換えを検討するのも良いでしょう。

光回線で高速なインターネットを利用するなら@nifty光

@nifty光
  • 「インターネットが繋がらない」
  • 「回線速度が遅くてイライラする」
  • 「データ量が気になって、思い切りインターネットを利用できない」

といった悩みを抱えている方は、高速な光回線をお得に利用できる@nifty光への乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

@nifty光では以下の機能を搭載したWi-Fiルーターを、最大で25ヵ月間無料レンタルすることができます。

  • 接続方式はIPv6方式:回線が混雑しにくい
  • Wi-Fi規格はWi-Fi5:最大速度6.9Gbpsまで対応可能
  • 2.4GHz・5GHzのデュアルバンド:利用状況により周波数帯を変更できる
  • @nifty光/3年プランのご契約かつ、「@nifty ご契約内容のご案内」の「キャンペーン欄」に「@nifty Wi-Fiルーターレンタルサービス」のご案内とURLをお受け取りいただいた方が対象となります。

月額料金は、マンションタイプなら3,355円(税込3690.5円)~、ホームタイプなら4,450円(税込4,895円)

さらにauのスマホを利用している方なら、「auスマートバリュー」の利用でauスマホ料金が永年割引になります!

  • 2年/3年プラン共通。2~25ヵ月目の月額料金【ホームタイプ】26ヵ月目~:5,200円(税込 5,720円)、【マンションタイプ】26ヵ月目~:3,980円(税込 4,378円)

@nifty光なら時間帯の影響を受けにくく、ビデオ通話や動画再生サービスなども快適に利用することができるでしょう。

ぜひこの機会に@nifty光へ乗り換え、インターネットに関する不安や悩みを一気に解消してくださいね!

光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます! 光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます!
最終更新日:2022年7月1日

新規お申し込み

お申し込み前に、
重要事項説明(「電気通信事業法第26条に基づくサービス説明」「ご注意事項」)をご確認ください。

WEB でのお申し込み

お電話でのお申し込み・ご相談

お電話でのお申し込み時は、上記「重要事項説明」ページを見ながら説明いたしますので、ご了承の上お電話ください。

@nifty お申し込み受付デスク

0120-50-2210

【受付時間】毎日9:00 ~ 21:00、携帯電話 着信可

料金表示について

  • 上記はすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。 また、ご請求額に1円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。 詳しくは弊社商品の価格表示についてをご覧ください。

回線速度について

  • @niftyの接続サービスは「ベストエフォート型」のサービスです。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。