回線速度を向上させる簡単な方法
遅い原因&根本的な改善のポイント

回線速度を向上させる簡単な方法 遅い原因&根本的な改善のポイント

「自宅のインターネット回線の速度が遅い」、「昨日まで普通だったのに突然遅くなった」

など、インターネット回線の速度についてお困りではありませんか?

ページがなかなか表示されなかったり、画面がフリーズしたりしてしまうと、意外にも小さなストレスが積み重なるものです。

特にテレワークでオンライン会議をする方は、「回線が遅いことで仕事に支障が出る」なんてことにもなりかねません。

そこでこの記事では、回線速度を向上させるための12の方法をご紹介します。

今すぐに試せる方法から根本を見直す方法まで様々ですので、ぜひ1つずつ試して回線速度の向上に役立ててください。

回線速度を向上させる方法【お手軽編】

回線速度を向上させる方法【お手軽編】

回線速度が遅くてお困りの際は、以下の6つの方法で改善できる可能性があります。

  • 通信機器を再起動する
  • Wi-Fiルーターの近くで通信する(無線接続の場合)
  • 接続台数を減らす
  • 周波数帯を変える
  • 無線から有線に変える
  • 時間帯を変える

方法さえわかれば1分足らずでできるものばかりで、周辺設備を大幅に変更する必要はありません。

回線が遅いと感じた時は、まずこの6つの方法から試してみましょう。

1.通信機器を再起動する

回線速度が低下している時は、Wi-FiルーターやONU(光回線の終端装置)などの通信機器に原因がある可能性があります。

通信機器の取扱説明書を確認し、適切な方法で配線の確認や、機器の再起動を試してみましょう。

2.Wi-Fiルーターの近くで通信する(無線接続の場合)

Wi-Fiルーターから離れた場所でインターネットを利用している場合は、単純にWi-Fiの電波が届きにくいことで速度が低下していることが考えられます。

特に2階建ての戸建てや広いオフィスなどで利用している場合は、Wi-Fiルーターに近づくだけでも回線速度が改善する可能性は十分にあるでしょう。

物理的にどうしても近づけない場合は、中継器を導入することで通信が安定しやすくなります。

3.接続台数を減らす

パソコンやスマホなどたくさんのデバイスを同時に接続していると、回線混雑により速度低下が起こることがあります。

実際、Wi-Fiルーターによっては同時接続可能な台数が決まっているケースも少なくありません。

利用していないデバイスがある場合は、まずはWi-Fiへの接続をOFFにしてみましょう。

4.周波数帯を変える

Wi-Fiルーターとデバイスの間に壁などの障害物がある場合は、Wi-Fiルーターの周波数帯を変えるのも効果的です。

一般的なWi-Fiルーターには2.4GHzと5GHzの2種類があり、それぞれ以下のように特性が異なります。

ネットワーク名の末尾 電波を遠くへ飛ばす能力 障害物による影響の受けにくさ
2.4GHz 「2G」または「g」
5GHz 「5G」または「a」

接続しているネットワーク名の末尾を見れば、現在利用している周波数帯が判別できます。

Wi-Fiルーターから離れた場所でインターネットを利用する場合は5GHzに、壁などの障害物が多い場合は2.4GHzに周波数帯を変更してみましょう。

また、2.4GHzは電子レンジなどの電波の影響を受けやすいため、電波干渉が起きている場合は5GHzに変えた方が通信速度は安定します。

5.無線から有線に変える

Wi-Fiルーターに何かしらの原因があるときは、有線接続に切り替えることで回線速度を改善できる可能性があります。

有線接続は接続できる台数が限定されますが、周囲の電波の影響を受けにくいことから、無線接続よりも回線が安定しやすいというメリットがあります。

6.時間帯を変える

回線速度低下のよくある原因として、単純に回線が混雑していることが挙げられます。

マンションなど集合住宅に備え付けのインターネットを利用している場合は、回線を複数世帯で共有していることから回線混雑の影響を受けやすいと言えます。

一般的に回線が混雑しやすいのは、夜18時~22時頃です。

「今すぐに必要」ということでなければ、時間帯を変えるだけでも回線速度が改善する可能性があるでしょう。

回線速度を向上させる方法【機器見直し編】

回線速度を向上させる方法【機器見直し編】

ここまでご紹介した方法で回線速度が改善しなければ、PCや周辺機器に何かしらの原因がある可能性があります。

設定・スペックを見直すことで改善することがありますので、以下の6つの方法を試してみましょう。

  1. OSを更新する
  2. PCのメモリを増やす
  3. LANケーブルを新しくする
  4. ブラウザをアップデートする
  5. ブラウザのキャッシュを消す
  6. DNSを変更する

PCに詳しくない方だと難しそうに感じてしまうかもしれませんが、手順さえ押さえれば決して難しいものではありません。

ご自身のPCや周辺機器に該当する項目がないか、ぜひ一つずつチェックしてください。

1.OSのバージョンを更新する

利用しているデバイスのOSが古いと、どれだけ速い回線を使っていても回線速度を十分に活かせない可能性があります。

OSとはOperating System(オペレーティングシステム)の略で、PCやスマホの土台となるソフトウェアのことです。WindowsやmacOS、Androidなどがその代表的なものです。たとえばWindowsのOSをアップデートする場合、必要な手順は以下の通りとなります。

  • 「設定」をクリック
  • 「更新とセキュリティ」をクリック
  • 「利用可能な更新プログラム」から「今すぐインストール」を実行

OSをアップデートするには、数時間かかることも珍しくありません。

アップデート中はPCを一切利用できないため、夜寝る前に実行しておくのがよいですね。

2.PCのメモリを増やす

最新のPCを利用していても、メモリが不十分だと回線の速度を十分に活かせないこともあります。

Windowsの場合、PCのメモリが十分に確保されているかは以下の方法で簡単にチェックすることができます。

  • タスクマネージャーを立ち上げる
  • 詳細をクリック
  • 「パフォーマンス」のタブをチェックする

何もアプリケーションを立ち上げていない時でも常にメモリの使用率が高い時は、メモリの増設を検討しましょう。

3.LANケーブルを新しくする

有線接続している場合は、LANケーブルの規格が古い可能性も考えられます。

LANケーブルの最大速度は、規格によって以下の通り異なります。

LANケーブルの規格 最大速度の目安
CAT5 100Mbps
CAT5e 1Gbps
CAT6 1Gbps
CAT6A 10Gbps
CAT7 10Gbps
CAT8 40Gbps

光回線の下り最大速度は1Gbpsであることが多いため、規格がCAT5e以上であれば基本的に問題ないと言えるでしょう。

一方で、CAT5の最大速度は100Mbpsのため、高速な光回線を利用しても速度を十分にその速度を発揮することができません。

光回線の下り最大速度は1Gbpsであることが多いため、規格がCAT5e以上であれば基本的に問題ないと言えるでしょう。

一方で、CAT5の最大速度は100Mbpsのため、高速な光回線を利用しても速度を十分にその速度を発揮することができません。

4.ブラウザをアップデートする

回線速度を改善するには、利用しているブラウザをアップデートするのも効果的です。

ブラウザとはWEBサイトを閲覧するためのソフトのことで、Google ChromeやInternet Explolerなどが代表的です。

特に利用者が多いGoogle Chromeの場合、画面右上に緑色や赤色で更新のサインが出されます。

こうしたサインをずっと放置していると、ブラウザが回線に対応できず、速度の低下を引き起こしてしまうことがあります。

ブラウザのアップデートは数分あれば簡単にできるため、なるべくこまめにアップデートを行いましょう。

5.ブラウザのキャッシュを消す

同じくブラウザの利用環境を改善する方法として、キャッシュを削除することも効果的です。

キャッシュとはデバイスが読み込んだ情報を一時的に蓄積するもので、ログイン情報を保管できるなどのメリットがあります。

しかし、キャッシュは削除しない限りどんどん蓄積されていき、キャッシュが多くなることで表示速度に影響を与えることがあります。

Google Chromeを利用している人は以下の方法を実践すれば、簡単にキャッシュを削除することができます。

  • 画面右上の「Google Chromeの設定」をクリック
  • 「履歴」をクリック
  • 左にある「閲覧履歴データの削除」をクリック
  • 「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れ、「データを削除」をクリック

6.DNSを変更する

IPアドレスとドメインを対応づけて管理するDNS(Domain Name System)を変更することで、回線速度が向上することもあります。

具体的な手順は以下の通りです。

  • コントロールパネルを開く
  • 「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリック
  • 接続しているWi-Fi名をクリック
  • 「プロパティ」をクリック
  • 「インターネット プロトコル バージョン4」にカーソルを合わせる
  • 「プロパティ」をクリック
  • 「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェック
  • 優先DNSサーバーに「8.8.8.8」と入力
  • 代替DNSサーバーに「8.8.4.4」と入力
  • 「OK」をクリック

この作業により、メインのIPアドレスではなくサブのIPアドレスからインターネットにアクセスできるようになります。

多少の手間はかかりますが、他の方法で回線が改善しない時には試してみる価値はあるでしょう。

回線速度を根本から改善!注目すべきWi-Fiルーターの性能

回線速度を根本から改善!注目すべきWi-Fiルーターの性能

「回線速度の低下にずっと悩まされている」、「いろんな方法を試したけど、回線速度が改善しない」という時は、根本の原因とも言えるWi-Fiルーターを見直すことも視野に入れましょう。

Wi-Fiルーターを選ぶ際に注目すべきポイントは、以下の5点です。

  1. 規格はWi-Fi5以上
  2. IPv6方式に対応
  3. 5GHz対応のデュアルバンド
  4. ビームフォーミング
  5. MU-MIMO

現在利用しているWi-Fiルーターが上記の条件を満たしているか、一つずつチェックしてみましょう。

規格はWi-Fi5以上

Wi-Fiルーターの規格には、主に以下の3種類があります。

規格 正式名称 最大速度
Wi-Fi4 IEEE 802.11n 300Mbps
Wi-Fi5 IEEE 802.11ac 6.9Gbps
Wi-Fi6 IEEE 802.11ax 9.6Gbps

光回線の最大速度は1Gbps程度であるため、Wi-Fi5以上であれば余裕をもって光回線の通信速度に対応することができます。

一方、規格がWi-Fi4の場合は、どれだけ高速な光回線を利用しても速度が300Mbpsに制限されてしまうというデメリットがあります。

IPv6方式に対応

高速な回線速度を実現するためには、接続方式がIPv6方式であることも重要です。

IPv6方式は従来のIPv4方式と比べ、以下のようなメリットがあります。

通信速度 IPアドレスの数 回線が混雑
Wi-Fi4 IEEE 802.11n 300Mbps 300Mbps
Wi-Fi5 IEEE 802.11ac 6.9Gbps 300Mbps

プロバイダーによっては、IPv6方式がオプションでの利用となるケースもあります。

追加料金をなくすためにも、最初からIPv6方式が採用されたプロバイダーを選ぶようにしましょう。

5GHz対応のデュアルバンド

すでにご紹介したとおり、Wi-Fiルーターには2.4GHzと5GHzの2種類があります。

2.4GHzは障害物への対応力、5GHzは電波を遠くまで飛ばす力に優れ、それぞれ特長を活かせる環境も異なります。

そのため、様々なシチュエーションに対応しやすいよう、両方の周波数帯を備えたデュアルバンドを選ぶと安心です。

ビームフォーミング

広い建物でWi-Fiを利用する場合は、電波をより遠くまで飛ばせるビームフォーミング機能にも注目したいところです。

ビームフォーミング機能があればWi-Fiルーターから離れても電波を一直線で飛ばすことができ、速度が安定しやすいというメリットがあります。

MU-MIMO

家族でWi-Fiルーターを共有している方は、MU-MIMO機能にも注目してみましょう。

MUはMuiti User(マルチ・ユーザー)の略で、複数人で同時に利用しても速度が低下しにくいというメリットがあります。

家族はもちろんのこと、一人で複数台の端末を同時に利用する方にも向いているでしょう。

快適なインターネット利用に必要な回線速度の目安

快適なインターネット利用に必要な回線速度の目安

インターネットが遅くてお困りの方は、「いったい回線速度ってどのくらいあればいいの?」という点も気になることでしょう。

インターネットの回線には何かをアップロードする「上り回線」と、何かをダウンロードする「下り回線」の2つがあり、用途ごとに必要な回線速度の目安は以下の通りとなります。

上り 下り
  • メールの送信:1Mbps
  • SNSへの投稿:3Mbps
  • ブログの記事更新:1~10Mbps
  • Zoomなどのビデオチャット:1~3Mbps
  • YouTubeへの動画アップロード:10Mbps
  • オンラインゲーム:10~100Mbps
  • メールの受信:100Kbps~1Mbps
  • SNS上のメッセージの受信:100Kbps~1Mbps
  • Webサイトの閲覧:1~10Mbps
  • Zoomなどのビデオチャット:1~3Mbps
  • YouTubeなどの動画再生::3~25Mbps
  • オンラインゲーム:10~100Mbps

データ通信量の多いオンラインゲームを利用する方でも、目安として100Mbpsあれば快適に利用できる環境が整っていると言えます。

実際の数値を知りたい方は、スピードテストを実施してくれる専用サイトなどを参考にしても良いでしょう。

高速回線への乗り換えなら@nifty光がおすすめ

高速回線への乗り換えなら@nifty光がおすすめ

「もう回線速度の低下に悩まされたくない」という方には、高速回線が低価格で利用できる@nifty光がおすすめです。

@nifty光なら、この記事でご紹介した5つの条件を満たしたWi-Fiルーターを、最大25ヵ月間無料でレンタル※することができます。

  1. 規格はWi-Fi5以上:〇
  2. IPv6方式に対応:〇
  3. 5GHz対応のデュアルバンド:〇
  4. ビームフォーミング:〇
  5. MU-MIMO:〇
  • @nifty光3年プランのご契約かつ、「@nifty ご契約内容のご案内」の「キャンペーン欄」に「@nifty Wi-Fiルーターレンタルサービス」のご案内とURLをお受け取りいただいた方が対象となります。

また、月額料金は以下の通りとってもお得!工事が必要な場合でも、月額料金から毎月一定額が割引されることで、工事費が実質無料となります。

  • ホームタイプ:4,450円(税込 4,895円)~
  • マンションタイプ:3,355円(税込 3,690.5円)~
  • ※2年/3年プラン共通、2~25ヵ月目の月額料金。【ホームタイプ】26ヵ月目~:5,200円(税込 5,720円)、【マンションタイプ】26ヵ月目~:3,980円(税込 4,378円)

インターネットが遅くなってしまったときは、PCや周辺機器の設定を変えることで速度を改善できる可能性があります。

しかし、「改善策を試してもダメ」、「一時的に改善したけど、また遅くなってしまった」というときには、Wi-Fiルーターの性能が十分でない可能性が高いと言えます。

ぜひこの機会に高性能なWi-Fiルーターを利用できる@nifty光に乗り換え、インターネットの遅さにイライラすることのないネットライフを手に入れてくださいね!

光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます! 光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます!
最終更新日:2022年7月1日

新規お申し込み

お申し込み前に、
重要事項説明(「電気通信事業法第26条に基づくサービス説明」「ご注意事項」)をご確認ください。

WEB でのお申し込み

お電話でのお申し込み・ご相談

お電話でのお申し込み時は、上記「重要事項説明」ページを見ながら説明いたしますので、ご了承の上お電話ください。

@nifty お申し込み受付デスク

0120-50-2210

【受付時間】毎日9:00 ~ 21:00、携帯電話 着信可

料金表示について

  • 上記はすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。 また、ご請求額に1円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。 詳しくは弊社商品の価格表示についてをご覧ください。

回線速度について

  • @niftyの接続サービスは「ベストエフォート型」のサービスです。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。