光回線を工事不要で使える条件とは?
引っ越し先の確認方法や注意点を紹介!

光回線を工事不要で利用できる条件が気になる人も多いのではないでしょうか。

光回線を新しく契約したり乗り換えたりする際、「立ち合い工事のために休みを取ったり予定を調整したりしなければならない」と考えると、ためらってしまう人も多いはず。

しかし、一定の条件を満たせば、光回線を工事不要で利用できる場合があります。

この記事では、光回線の工事が不要になる条件と確認方法、注意点を紹介します。

光回線が工事不要になる条件

光回線が工事不要になる条件

光回線が工事不要になる条件は以下の3つです。

  • ・フレッツ光から光コラボへの転用
  • ・光コラボから光コラボへの事業者変更
  • ・光コンセントが設置済みのケース

1つずつ見ていきましょう。

フレッツ光から光コラボへの転用

1つ目は「フレッツ光から光コラボへの転用」です。

光コラボとは、NTT東日本とNTT西日本がプロバイダー事業者に光回線を提供しているサービスをいいます。

もちろん、フレッツ光から光コラボへ転用しても回線の品質は落ちず速度は最大1Gbps※、提供エリアもフレッツ光と同じでほぼ全国対応でご利用いただけます。(※記載の回線速度は理論値です。詳細につきましては、回線速度についてをご確認ください。)

光コラボから光コラボへの事業者変更

2つ目は「光コラボ」から「光コラボ」への事業者変更で、スマホとのセット割引を希望していたり、今使っているプロバイダーのサービスに不満を感じたりしている人にはおすすめの選択肢です。

光コラボから光コラボへの事業者変更は、以下の2ステップになります。

  • ステップ1:利用中のプロバイダー事業者から「事業者変更承諾番号」を電話で教えてもらう
  • ステップ2:乗り換えたい光コラボ事業者に申し込み

プロバイダー事業者の切り替え手続きも基本的には自動で行われます。

お客様の現在ご利用中の回線速度を変更する場合や電話・TVなどのオプションサービスの変更をする場合は、立ち会い工事が必要だったり別途費用が発生することがあります。

詳細については一度、乗り換え先のプロバイダーに問い合わせてみましょう。

@nifty光の3年プランだと、引っ越しなどでNTT東日本エリア内もしくはNTT西日本エリア内での移転工事費が無料(※)になりますので、転勤のある方でも安心して利用できます。

仮に2年プランを選ばれていたとしても、引っ越し前に3年プランに変更手続すれば移転工事費無料(※)の対象になりますのでご安心ください。

※NTT東日本/NTT西日本それぞれのエリア内での移転の場合

光コンセントが設置済みのケース

3つ目は「回線のコンセントが設置済みのケース」です。

光回線工事には「電柱から建物に光ファイバーケーブルを引き込む」「室内に光コンセントを設置する」の2種類があり、両方を満たしていないと使うことができません。

光ファイバーケーブルの引き込みは、賃貸物件の場合「光回線対応」と書いているかどうかで判断できます。

「光回線対応」と書かれていれば少なくとも光ファイバーケーブルは引き込まれています。

そのうえで室内に光コンセントの設置が確認できれば立ち合い工事が不要となります。

「前に住んでいた人が光回線を使わなかった」などが理由で、光回線に対応しているマンションでも光コンセントが設置されていないこともありますので注意しましょう。

また、一部例外として光コンセントが設置されていても事業者によって工事の立ち会いが必要と判断されることもあります。

利用されるプロバイダー事業者の申し込みの際に工事不要かどうか念のため確認しておきましょう。

仮に工事不要だった場合でも無派遣工事の費用がかかる場合もありますので注意してください。

引っ越し先が工事不要か確認するには?

引っ越し先が工事不要か確認するには?

次に、引っ越し先で光回線が工事不要か確認する方法です。

方法としては以下の2つのパターンがありますのでそれぞれ解説します。

  • ・管理人か不動産業者に確認
  • ・プロバイダー事業者に確認

管理人か不動産業者に確認

1つ目は「管理人か不動産業者に確認すること」です。

引っ越し先が賃貸物件だった場合は、管理人 (管理会社)もしくは不動産業者に確認すれば光回線の有無がわかります。

また、賃貸だった場合は物件情報に「光回線対応!」といったことが書かれていますので、物件探しのときに確認しておくのもいいでしょう。

ただし、先ほども紹介したように「光回線対応と書いてあるからすぐに使える」というわけではありません。

「光回線がマンションの共用部まで届いているが、部屋の中に配線がない」といった場合もあります。

部屋の中に配線がない場合は、30分~1時間程度の小規模工事が必要で、工事にかかる費用を支払わなければなりません。

また、マンションに光回線が届いていない場合は、大規模な工事が必要になります。

光ファイバーケーブルを通すために、マンションの壁に穴を開ける工事が発生する可能性もありますので事前に管理人や不動産業者に確認しておきましょう。

プロバイダー事業者に確認

2つ目は「プロバイダー事業者に確認する」ことです。

利用先の光回線を光コラボで予定している場合は、契約するプロバイダー事業者に問い合わせしましょう。

利用する住所が集合住宅の場合は部屋番号まで情報を把握してから問い合わせをすると、プロパイダー事業者側でも詳細が把握できやすいです。

工事不要の確認前に知っておきたい注意点

工事不要の確認前に知っておきたい注意点

ここまで光回線の工事が不要になる条件や事前の確認方法についてお伝えしてきましたが、仮にあなたの利用環境が工事不要の条件にあたる場合でも以下の注意点は知っておきましょう。

  • ・光回線の利用開始までに1週間程度はかかる
  • ・光コンセントが設置されていても工事が必要なこともある

光回線の利用にあたっては契約開通の手続きがあるため時間を要します。

また光コンセントが設置されていても工事が発生するケースもありますので、これらの注意点が気になる方は事前に申込先のプロバイダーに確認しましょう。

まとめ

まとめ

この記事では、光回線の乗り換えで工事不要なケースと確認方法、注意点を紹介しました。

光回線の乗り換えで工事不要なケースは

  • ・フレッツ光から光コラボへの転用
  • ・光コラボから光コラボへの事業者変更
  • ・光コンセントが設置済みのケース

の3つがあります。

今住んでいる場所や新しく住む場所で、光回線が工事不要かどうかは「管理人」「不動産業者」「プロバイダー事業者」のいずれかに確認するようにしましょう。

また、光回線を開通するにあたって、以下の注意点があります。

  • 利用開始までに1週間程度はかかる
  • 光コンセントが設置されていても工事が必要なこともある

特に、光コンセントが設置されていても工事が必要なパターンは多いので、しっかり確認しておきましょう。

光回線の事業者変更や新規契約で迷われている方は「@nifty光」をこの機会にご検討ください!

@nifty光がおすすめの理由は、以下の通りです。

  • ・老舗プロバイダー事業者だからこその技術と実績
  • ・IPv6 IPoE方式に対応しており、回線速度が安定している
  • ・月額割引とキャッシュバックでさらにお得
  • ・Wi-Fiルーターのレンタルや光回線のセキュリティなど多彩なオプション

光回線の導入や転用をお考えの方は、ぜひ@nifty光も検討してみてくださいね。

光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます! 光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます!
最終更新日:2022年1月17日

新規お申し込み

※お申し込み前に
ご注意事項をご確認ください。

WEB でのお申し込み

お電話でのお申し込み・ご相談

@nifty お申し込み受付デスク

0120-50-2210

【受付時間】毎日9:00 ~ 21:00、携帯電話 着信可

料金表示について

  • 上記はすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。 また、ご請求額に1円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。 詳しくは弊社商品の価格表示についてをご覧ください。

回線速度について

  • @niftyの接続サービスは「ベストエフォート型」のサービスです。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。