新規お申し込み ご案内ページ
(フレッツ光回線を利用していない方)

光回線の比較で最低限抑えておきたいポイントを解説!

光回線の比較で抑えておきたいポイント

光回線のご契約を考えているというそこのあなた。光回線の比較はきちんとできていますか?
光回線を提供している会社は数も多く、また利用者様が何を優先するかによって、おすすめできるものも変わってきます。
利用料金を安くしたいという方、インターネットの快適さを重視したいという方、適用されるキャンペーンの質を求めたい方。
どれか一つのポイントだけではなく、全体的にバランスのとれた光回線を求めたいという方も大勢いらっしゃいます。
一体あなたにとってのベストな光回線はどう選べばいいのか。
このページでは、そんな複雑すぎる光回線の比較をする際のポイントを初心者の方にもわかりやすく解説します。
光回線のご契約を検討している方はぜひご参考にしてください。

料金重視の比較をしたい方

光回線の料金はプロバイダー毎に料金表記が統一されていない部分もあり、どこの料金を比較をすればいいのかわからないという方もいらっしゃいます。
光回線の料金を重視した比較をしたい方は「月額費用」「初期費用」「解約にかかる諸費用」を見るようにしましょう。
これら3つの料金は光回線を利用する際、支出のもっとも大きくなる部分になります。
それぞれの詳細について解説しますので、光回線の料金比較でお悩みの方はぜひ活用してください。

月額費用を比較する時

月額費用とは、「光回線のインターネットを利用するにあたり、毎月発生する料金」です。
光コラボレーションモデルの月額費用には「回線事業者の月額費用」と「プロバイダーサービスの月額費用」が含まれています。
プロバイダーによっては、月額費用を月額利用料金や月額基本料金などと表記しているところもありますので、比較をする際はそれぞれの単語がどの料金を指すのか認識するようにしておきましょう。
月額費用は2年や3年など光回線のインターネットを利用する期間やご利用する住宅タイプによって料金が異なります。
また、キャンペーンなどの適用で月額費用が割り引きとなる場合もあるので、料金をチェックする際はご利用者様の条件や適用するキャンペーンを必ず把握した上で該当する料金を把握しましょう。
複数社の光回線と料金比較をする際は、利用する期間と利用条件を同一にして合計金額を計算した上でそれぞれ比較をすると、どこの月額費用が安くなるのか判別がしやすくなります。
月額費用は光回線の契約を更新し続ける限り、毎月発生します。
少額の料金差でも年単位で計算すると大きな金額の差になってくるので、節約志向の方は契約前に念入りなチェックが必要です。

ポイント

プロバイダー毎に比較する際は、利用する期間や条件を同一にし、その合計金額で比較するようにしましょう。
またキャンペーンによる割り引きも適用されるかをチェック。

参考

@nifty光3年プランの月額費用(税抜)

ホームタイプ

5,200

マンションタイプ

3,980

初期費用を比較する時

初期費用とは、「光回線のインターネットを利用するにあたり、月額費用以外で発生する料金」を一般的に言います。
主に光回線開通のための工事費や、契約する際の手数料の合計金額が初期費用となります。
光回線の工事費はご利用者様の状況により実施の必要がない場合もありますが、実施する際の料金は数万円にもおよぶ高額料金になる場合もあります。
ただ、現在のプロバイダー各社では光回線の工事費に関しては分割払いなどで支払いを実施しているところも多く、ご契約時に一括で支払う必要がない場合が多いです。
またこれらの初期費用はキャンペーンなどで無料になる場合もありますので、ご契約の際はお申し込み時点で適用となるキャンペーンがないかなどの確認をするのがおすすめです。
既に光回線のインターネットが導入されている住宅では工事自体が不要になる場合もありますので、ご契約前にご利用する住宅状況を確認し、申込先の事業者にも確認することをお勧めします。
また光回線と同時に申し込むオプションの種類によっては追加で工事費が発生する場合もあります。
複数社の光回線と比較する際は、通常の工事費と手数料に加え、オプションで発生する工事費なども確認した上で初期費用の計算をしましょう。

ポイント

初期費用の工事費は利用する状況によって変わるのでそちらを踏まえて計算。また通常の工事費と契約手数料に加え、オプションによる追加の工事費なども確認することを忘れずに。

参考

@nifty光の初期費用(税抜)

ホームタイプ

20,000

内訳

  • 工事費18,000円(600円/月×30回払い)
  • 回線契約料2,000円

マンションタイプ

17,000

内訳

  • 工事費15,000円(500円/月×30回払い)
  • 回線契約料2,000円

解約手数料を比較する時

解約手数料とは、「契約した光回線のインターネット解約時に発生する料金」です。
主に契約更新月以外で光回線を解約した時や契約時に設置した設備の撤去を依頼した場合にかかる料金が解約時にかかる手数料となります。
光回線のインターネットは利用を始めた月から2年または3年単位の期間で契約をするプロバイダーが殆どで、契約期間中に契約更新月以外の解約をすると解約手数料が発生するようになっています。
一般的に契約更新月に解約もしくはそのまま契約を更新し続ければこの手数料は発生しないですが、発生した場合にいくらくらいの解約手数料が発生するのかを契約前に確認することをお勧めします。
光回線のインターネットが利用できる住宅は室内に光回線の設備を設置していますが、解約時にそれらの設備の撤去を依頼すると撤去費用などの手数料が発生する場合があります。
解約手数料はご契約時にあまり確認をしない方が多い料金ですが、実際に解約手数料が発生する方は大勢いらっしゃいますので光回線の料金比較をする際は解約手数料も踏まえた比較もするのがおすすめです。
また、設備の撤去はプロバイダーや住宅の管理会社などの意向により必ず対応しなければいけない場合もありますので、事前にご利用する住宅状況についても確認をしておきましょう。

ポイント

解約手数料が発生する方は大勢いるので、契約前に必ず確認を!設備の撤去も、ご利用住宅の状況により必ず対応しなければいけない場合もありますので、事前に管理会社などに聞いておきましょう。

参考

@nifty光の解約手数料(税抜)

3年プラン

20,000

2年プラン

9,500

インターネットの快適さで比較したい方

ホームページの表示速度や動画の読み込みなどインターネットを利用する時の快適さを重視して光回線を選ぶ方も多くいらっしゃいます。
各プロバイダーが提供している光回線の最大速度を比較して、その快適さを測ろうとする方もいますが、実は最大速度以外にもインターネット利用時の快適さを測れるポイントはあります。
ここでは、インターネット利用時の快適さを重視する際、光回線のどのポイントを見ればいいのかを解説します。

光回線の最大速度の数値にご注意

インターネット速度は「bps」という単位で表示されます。
表示される速度には「上り」と「下り」の2種類があり、それぞれ以下のように用途が違います。

上り…メール送信や画像や動画のデータをインターネットへ送信する速度。送信/アップロードと表示されている場合もあります。
下り…ホームページの閲覧や動画の視聴をする時インターネットから読み込み速度。受信/ダウンロードと表示されている場合もあります。

各社が提供している光回線の速度では、多くの場合最大〇Gbpsという記載がしてあります。
光回線の速度を重視した選び方をする際、思わずこの数字を重視したくなりますが、この最大〇Gbpsという数字はあくまで参考値になりますのでご注意ください。
光回線の速度は、ご利用者様の利用状況や住宅環境によってその数値が大きく変わってきます。時間帯やエリアなど多くの要素が影響し、速度は変化するので、一概に最大速度だけで光回線を選ぶのが最善とは判断できない場合もあります。

ポイント

各プロバイダーが表記している光回線の最大速度は利用環境により変化します。
インターネットの快適さを重視するなら最大速度だけで判断をしないようにしましょう。

参考

@niftyが提供するプロバイダーサービスの最大速度※1

@nifty光

最大1Gbps

@nifty auひかり

最大1~10Gbps※2

@nifty with ドコモ光

最大1Gbps

@nifty 光ライフwith フレッツ

最大1Gbps

  • ※1.回線速度は理論値です。詳細につきましては、回線速度についてをご確認ください。
  • ※2.ホームタイプのみオプションのご利用で最大10Gbpsまで変更いただけます。

インターネットが快適に利用出来るIPv6

プロバイダー毎の比較が容易ではない光回線の速度ですが、インターネット利用の快適さを決めるのは速度だけではありません。
最大速度の表示以外でもインターネット利用の快適さを図れるポイントがもう一つあります。

それは光回線の接続方式が『IPv6』に対応してるかどうかです。

光回線の接続方式にはIPv6とIPv4の2種類があり、この接続方式はインターネットの快適さを測る点において非常に重要な要素となります。
接続方式がIPv6対応の光回線では利用状況や環境による速度遅延の影響も少なく、インターネットを快適に利用することが可能となります。

ポイント

インターネット利用の快適さを求めるならIPv6対応の光回線がおすすめ!

参考

@niftyが提供するIPv6対応のプロバイダーサービス

@nifty光

@nifty auひかり

@nifty with ドコモ光

@nifty 光ライフwith フレッツ

各プロバイダーが提供するIPv6について

現在IPv6を提供しているプロバイダーは増えていますが、1点注意しないといけないポイントがあります。
それは、IPv6が無料で提供されているかどうかです。
IPv6を利用する場合はプロバイダーのオプションで追加するのですが、プロバイダーによってはIPv6のオプションを有料で提供している契約もあり、毎月の利用料金に加算される場合もあります。
おすすめはもちろんIPv6のオプションが無料で利用できるプロバイダーなので、インターネット利用時の快適さを重視する方は契約する光回線がIPv6に対応しているかどうか、またそのオプションが無料で出来るかどうかを確認するようにしましょう。
他にもIPv6の利用にあたっては、専用ルーターのレンタルや開通工事が必要になる場合もあります。
ご契約前には必ずこれらの点も確認することをおすすめします。

ポイント

光回線のIPv6はプロバイダーによって無料や有料の場合がある。またIPv6を利用する場合は専用ルーターや開通工事が必要になる場合もあるので事前に確認しましょう。

参考

@niftyのプロバイダーサービスでご契約するコースの月額費用のみでIPv6サービスを無料提供いたします。

  • 専用ルーターのレンタルなどが必要な場合はそれらの諸費用が発生いたします。

光回線のキャンペーンで比較したい方

光回線のキャンペーンにはどのプロバイダーも力を入れており、契約をすると様々なキャンペーンが適用される場合があります。
ここでは代表的な光回線のキャンペーンについて、どのように比較をすればいいかを解説します。

キャッシュバックで比較する時

光回線で代表的なキャンペーンが契約後に高額の現金が還元されるキャッシュバック。
還元される金額はプロバイダーによって様々ですが、光回線のキャッシュバックは数万円にもおよぶ高額なキャンペーンが多く、それ故にキャッシュバックの金額を最も還元してくれるプロバイダーで選ぶ方も多数いらっしゃいます。
料金重視で選ぶ方にとっては、高還元なキャッシュバックが最も魅力的なプロバイダーに見えますが、実はこのキャッシュバックの料金だけで判断するのが最善とは一概には言えません。
なぜなら、殆どのキャッシュバックは受取対象の条件が厳しく、ただ契約したからと言って全ての方がもらえるようにはなっていない場合が多いからです。
光回線をキャッシュバック目的でご契約をする際は、対象条件がどのようになっているか、必ず確認するようにしましょう。
そして、複数のプロバイダーと比較する際は、キャッシュバックの金額だけではなく、この対象条件がそれぞれどうなっているかを踏まえ、比べるのをおすすめします。

ポイント

光回線のキャッシュバックで他社比較する際は金額だけでなくキャンペーン対象の条件もチェック。

スマホとの割り引きを比較する時

近年、光回線のキャンペーンで多くなっているのがスマホの割り引きと絡めたキャンペーンです。
プロバイダーと契約することで、対象となるスマートフォンの月額料金が安くなり毎月の生活費がお得になります。
一般的な特徴としては、プロバイダーの契約を続けている限りスマホ割り引きのキャンペーンが適用され続け、さらにご契約者本人だけでなく家族のスマートフォンも割り引き対象となります。
注意点としては、対象となるスマートフォンのキャリアが決まっているので、プロバイダー毎の比較をする際はどのスマートフォンがキャンペーンの対象になるかを事前に確認するようにしましょう。

ポイント

スマホの割り引きを兼ねた光回線のキャンペーンを他社比較する際は、対象のスマホキャリアなど条件をチェックしましょう。

参考

スマホの割り引きを兼ねた光回線のキャンペーンを他社比較する際は、対象のスマホキャリアなど条件をチェックしましょう。

以上、光回線を比較する上で重視するべきポイントをそれぞれの求める条件別にお伝えしました。
光回線のインターネットは現在多くのご家庭で利用されており、提供するプロバイダーの数も増えてきています。
あなた自身にあった光回線を見つけるためにも、何を重視して光回線を選ぶのか。
重視するべきポイントを決めた上で、比較をしてみましょう。

最終更新日:2020年5月27日

料金表示について

  • 上記はすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。また、ご請求額に1 円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。詳しくは弊社商品の価格表示についてをご覧ください。

回線速度について

  • @niftyの接続サービスは「ベストエフォート型」のサービスです。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。

@nifty光 新規お申し込み

(フレッツ回線新規の方向け)

お電話でご相談・お申し込み

@nifty お申し込み受付デスク

0120-50-2210

【受付時間】毎日10:00 ~ 19:00、携帯電話・PHS 着信可