光回線とWi-Fiの違いは?
失敗しないための選び方も解説

光回線とWi-Fiの違いは?失敗しないための選び方も解説

「光回線」と「Wi-Fi」。

インターネット回線を選ぶにあたりよく耳にする言葉ですが、これらの違いについてきちんと理解されている方は少ないのではないでしょうか?

この記事では、プロバイダーとして30年以上の実績を持つニフティが

  • 光回線とWi-Fiの違い
  • 光回線でWi-Fiを利用する方法と上手な選び方
  • 遅い・途切れる・つながらないときの対処法

などをわかりやすく解説します。

またWi-Fiを利用してインターネットに接続する方法についても書いてますので、「Wi-Fiを利用してインターネットを使いたい」という方も、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

光回線とWi-Fiの違い

光回線とWi-Fiの違い

インターネット回線を選ぶにあたり混同しやすい「光回線」と「Wi-Fi」ですが、両者は全く異なるものです。

ここではその違いについて、解説します。

光回線は有線の『通信回線』

光回線とは、光ファイバーケーブルを利用した有線の通信回線です。

光回線を自宅に導入することで、快適なインターネット環境を整えることができます。

光回線を初めて導入する一戸建ての建物の場合、近所の電信柱から専用の光ファイバーケーブルを引きこみ、建物内に「光コンセント」を設置するのが基本の流れとなります。

光コンセント設置後は、そこから「ルーター(またはONU)」を経由することにより、インターネットに接続できるようになりますが、その際Wi-Fiルーターを使用すればPCやスマホから無線でインターネットに接続できるようになります。

光回線についてはこちらの記事でも詳細に解説しています。

Wi-Fiは無線で電波を飛ばす『通信技術』

Wi-Fiは、無線方式でPCやスマホに電波を飛ばす通信技術を言います。

このWi-Fiの通信技術を使えば、有線LANポートのの個数に縛られることなく複数台のPCやスマホでも無線で同時にインターネットへ接続できるようになります。

非常に便利な通信技術ですが、このWi-Fiを利用する際は「Wi-Fiルーター」か「モバイルWi-Fi」などの電波を飛ばす機能を備えた機器が必要です。

Wi-Fiについてはこちらの記事でも詳細に解説しています。

光回線で利用するWi-FiルーターとモバイルWi-Fiの違い

「光回線で利用するWi-Fiルーター」と「モバイルWi-Fi」は両方ともWi-Fiを利用してインターネットに接続するという点では共通していますが、回線速度や料金面でも様々な違いがあります。

こちらでは「@nifty光でレンタルできるWi-Fiルーター」と「モバイルWi-Fi」との違いを以下の5つの視点から比較してみましょう。

@nifty光でレンタルできるWi-Fiルーター(2021年12月時点の情報) モバイルWi-Fi
回線速度※1 最大速度:867Mbps 約30~50Mbpsが多い
データ容量制限 ない あることが多い
月々の料金 最大25カ月間無料※2 約4,000円~5,000円
回線工事の有無 ※3 不要
家の外での利用 できない できる
  • ※1.回線速度は理論値です。詳細につきましては、回線速度についてをご確認ください。
  • ※2.26カ月目からはレンタル料500円(税込 550円)の月額料金がかかります。
  • ※3.建物内の状況により不要になるケースもあります。

回線速度

Wi-FiルーターとモバイルWi-Fiの決定的な違いは、回線速度の速さです。

特に上記の表のように、@nifty光のような光回線でWi-Fiルーターを利用していた場合はその差が大きくなります。

各社から公表されている最大速度は理論値に過ぎないため、実際の速度は利用環境によって大きく異なりますが、それでも光回線は一般的に約200Mbpsの速度は出るとされており、モバイルWi-Fiの約30~50Mbpsに比べても約4~6倍ほど速いという計算になります。

オンラインゲーム、ビデオチャット、動画視聴などをよく利用する方は、モバイルWi-Fiでは回線速度が遅くてストレスを感じる可能性も十分に考えられるでしょう。

データ容量制限

インターネット回線を選ぶ上では、データ容量が無制限かどうかも非常に重要です。

光回線ならデータ制限は基本的にありませんが、モバイルWi-Fiはデータ制限があるケースがほとんどです。

データ制限に引っかかってしまうと、容量を超えた当日はもちろん、その後2~3日間は回線速度が低下してしまうことがあります。

在宅勤務でオンライン会議をする方なら、仕事にも大きな支障が出てしまうでしょう。

一方光回線のWi-Fiルーターの場合はデータ容量の制限はなく、毎日・毎月のデータ量を気にする必要はないため、好きなだけインターネットを利用することができます。

月々の料金

インターネット回線を選ぶ上で「とにかく月額料金を安くしたい」とお考えの方も少なくないでしょう。

光回線のWi-FiルーターとモバイルWi-Fiを比較すると、モバイルWi-Fiの方が1,000円ほど月額料金が安い傾向にあります。

しかし、回線速度やデータ容量制限で比較した通り、インターネットの快適性を考えたら光回線のWi-Fiルーターの方がおすすめです。

どうしても費用面で制限がある方は、光回線各社が提供する特典サービスなどを上手に活用することで、光回線の利用料を下げることもできます。

回線工事の有無

光回線は回線工事が必要なケースが多いですが、モバイルWi-Fiを利用する際は回線工事はいりません。

ただし、光回線でも場合によっては工事不要となるケースがあります。

すでに別の光回線を利用している場合や「光回線対応」の物件に引っ越す際は工事不要になる可能性が高いため、事前に大家さんや管理会社などに確認してみましょう。

家の外で利用できるか

「インターネットをどこで利用するか」という点も、2つを比較する際、重要な視点となります。

なぜなら光回線で利用するWi-Fiルーターは光ファイバーケーブルを引き込んでいる建物以外では利用ができないためです。

モバイルWi-Fiは持ち運び可能な通信機器のため、屋外でもインターネット利用が可能になります。

インターネットが利用できる範囲でみた場合、モバイルWi-Fiの方が便利に感じますが、屋外のインターネットはスマホのインターネット回線でも利用ができます。

「屋外でもインターネットを使った仕事をされる方」や「自宅同等のインターネット環境が外出先でもないと困る方」はモバイルWi-Fiの方が魅力的かもしれませんが、外出先のネット利用はスマホで十分という方には、モバイルWi-Fiの必要性は高くないでしょう。

光回線でWi-Fiルーターを利用する方法
【簡単3ステップ】

光回線でWi-Fiルーターを利用する方法【簡単3ステップ】

ここからは、具体的に光回線を利用するための手順を、簡単3ステップで解説します。

1.プロバイダーと契約する

光回線を利用するためには、まずプロバイダーと契約することが必要です。

プロバイダーとは回線をインターネットに接続する会社のことで、プロバイダーと回線事業者の2つと契約するのが基本です。

しかし近年は、プロバイダーと回線業者がセットになった「光コラボレーションモデル(光コラボ)」が人気を集めています。

契約の窓口を一つに集約できるだけでなく、月額料金が安くできるのも大きな魅力でしょう。

2.光回線工事を行う

プロバイダーと契約したら、続いて光回線の工事日程を決めます。

工事が行われるのは契約から2~4週間後が目安で、作業時間は1~2時間ほどです。

引っ越しシーズンなどの繁忙期は予約にさらに時間がかかることもあるため、なるべく早めに予約しておくと安心でしょう。

光回線の工事は、およそ15,000円~30,000円が相場といえます。

工事費用の負担をできるだけ減らしたい人は、工事費実質無料などのサービスをおこなっているプロバイダーを選ぶのがおすすめです。

こちらの記事も読まれています

3.Wi-Fiルーターを設置する

光回線の工事が無事に完成したら、最後にWi-Fiルーターを設置します。

PCやスマホを接続する際には、ルーター本体に記載されている下記の2つの情報を入力してください。

  • SSID
  • パスワード

回線工事ではルーターを設置してくれないので、出張サポートが必要になります。

立ち会い無しの場合でも、基本的にONU(終端装置)とルーターをつなぎ、ルーターのID、パスワードを端末に入力するだけで光回線が利用できます。

光回線のWi-Fiルーターは何が違う?
失敗しない選び方

光回線のWi-Fiルーターは何が違う?失敗しない選び方

「光回線を利用しよう」とは決めたものの、プロバイダー選びで悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

プロバイダーを比較する際は、回線速度を左右するWi-Fiルーターの基本性能に注目することが大切です。

Wi-Fi規格

まずはじめに、Wi-Fiルーターの規格をチェックしてみましょう。

Wi-Fiは主に下記の3つに分かれており、Wi-Fi5以上を選ぶのがポイントです。

規格 最大回線速度
Wi-Fi6 9.6Gbps
Wi-Fi5 6.9Gbps
Wi-Fi4 300Mbps

先述の通り、光回線の回線速度は最大1Gbps(下り)が目安です。

そのため、最大回線速度6.9Gbpsまで対応しているWi-Fi5以上であれば、光回線の速度を十分に活かすことができます。

一方、最大回線速度が300MbpsのWi-Fi4だと、どれだけ高速な光回線を利用しても、速度を十分に発揮することができません。

購入orレンタル

光回線のWi-Fiルーターは、自分で購入する場合とプロバイダーからレンタルする場合の2パターンが考えられます。

購入する場合の費用相場は約5,000円~10,000円程度ですが、「機器にあまり詳しくない」という人は、プロバイダーからWi-Fiルーターをレンタルするパターンもあります。

プロバイダーのレンタル料金は毎月500円程度で、プロバイダーによっては「レンタル〇ヵ月間無料」などの特典がある会社もあります。

ぜひお得な制度を活用して固定費を節約しましょう。

光回線のWi-Fiが遅い・途切れる・つながらない時の対処法

光回線のWi-Fiが遅い・途切れる・つながらない時の対処法

光回線を利用するにあたり特に多いトラブルが、「Wi-Fiが遅い」、「途切れる」、「つながらない」の3つです。

こうしたトラブルが起きた場合は、主に以下の方法でWi-Fiの接続状況を改善することができます。

  • Wi-Fiルーターやモデム(またはONU)の再起動
  • パソコンの再起動や利用場所の移動
  • デバイス(PC・スマホ)や周辺機器が古い

Wi-Fiの調子が悪いと感じたら、まずはWi-Fiルーターやモデム(またはONU)を再起動してみましょう。

これらに不具合があるときは、再起動によって改善するケースがほとんどです。

それでも状況が改善しない場合は、利用しているPCやスマホに何かしらの不具合が生じている可能性があります。

それらの機器を再起動、またはバージョンをアップデートするなどして、接続が改善しないかチェックしてみてください。

高速Wi-Fiの光回線なら@nifty光がおすすめ

高速Wi-Fiの光回線なら@nifty光がおすすめ

「光回線のWi-Fiを利用したいけど、どれを選んだら良いかわからない」という人には、高速な光回線を低価格で利用できる@nifty光がおすすめです。

@nifty光には、高速なインターネット接続を可能にするWi-Fiルーターのレンタルサービスがついており、そのスペックは、下記の通りとても充実しています。

  • Wi-Fi5を採用:高速な回線を可能にするWi-Fi規格
  • 5GHz対応のデュアルバンド:接続状況により、2.4GHzと5GHzを使い分ける
  • ビームフォーミング:光回線の電波を最速で届ける
  • MU-MIMO:複数人で同時利用しても、回線速度が低下しづらい

さらに通信方式はIPv6方式を採用しており、従来のIPv4式に比べて回線が混雑しにくいというメリットがあります。

オンラインゲームやビデオ会議などを頻繁に利用する方でも、速度低下によるストレスを感じることはないでしょう。

気になる月額料金は、マンションタイプなら3,355円(税込3690.5円)~、ホームタイプなら4,450円(税込4895円)~でご利用できます。

Wi-Fiを使ってインターネットを利用するなら、モバイルWi-Fiよりも光回線のWi-Fiルーターの方が利便性が高くおすすめです。

ぜひ@niftyで高速かつ安定した光回線を手に入れ、サクサク快適なインターネットを思う存分楽しみましょう!

光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます! 光回線小ネタ帳。光回線のわかりやすい解説記事を多数まとめてます!
最終更新日:2022年7月1日

新規お申し込み

お申し込み前に、
重要事項説明(「電気通信事業法第26条に基づくサービス説明」「ご注意事項」)をご確認ください。

WEB でのお申し込み

お電話でのお申し込み・ご相談

お電話でのお申し込み時は、上記「重要事項説明」ページを見ながら説明いたしますので、ご了承の上お電話ください。

@nifty お申し込み受付デスク

0120-50-2210

【受付時間】毎日9:00 ~ 21:00、携帯電話 着信可

料金表示について

  • 上記はすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。 また、ご請求額に1円未満の端数が生じた場合、その端数を切り捨ててご請求させていただきます。 詳しくは弊社商品の価格表示についてをご覧ください。

回線速度について

  • @niftyの接続サービスは「ベストエフォート型」のサービスです。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。