TOP

Wi-Fiルーターの選び方って?@niftyで取り扱っているWi-Fiルーターもご紹介

スマートフォンやパソコン、テレビなどの端末を、自宅のインターネット回線に無線接続できるのが「Wi-Fiルーター」です。パソコンだけでなく、プリンターやゲーム端末などでもネットを使用する機会が増えたことに加え、最近はスマート家電などの登場もあり、より安定したWi-Fi環境を整える必要性が高まってきました。見た目は似たような製品が多く、違いもわかりにくいですが、自宅で安定したインターネットを使うために、ルーター選びは重要です。

そこで、Wi-Fiルーターの選び方とおすすめの商品をご紹介します。

Wi-Fiルーターとは?

Wi-Fiルーターは、スマートフォンやパソコンなどの端末を、無線でインターネットに接続するための通信機器です。Wi-Fiルーターとワイヤレスで通信でき、電波の届くエリア内であれば自由に移動することが可能なため、Wi-Fiルーターを設置しているリビングだけでなく、寝室、子ども部屋など、これまでケーブルが届かなかった場所でもインターネットを楽しむことができます。

また、通信には光回線などの固定回線を使用するため通信量に制限はなく、安定した速度でインターネットを利用でき、スマートフォンの通信量節約にも役立ちます。

Wi-Fiルーターの選び方

通信速度が速く、通信が安定しやすい規格を選ぶ

Wi-Fiルーターの通信規格は複数ありますが、できれば「11ac対応」のものを選んでください。「11ac」とは通信規格の1つで、ほかに「11n」「11g」「11a」「11b」などがありますが、現状最も速く通信できる規格が「11ac」となっており、11acは電波が密集した場所でも通信が安定しやすいと言われています。

また、ルーターだけでなく、スマートフォンやパソコンなどの機器も対応する通信規格が決まっていますが、最近の機器は基本的に11acに対応しています。

最高通信速度をチェック

Wi-Fiルーターのパッケージに書かれている「◯◯ + ◯◯Mbps」という数字は、「通信の最高速度」を示しており、それぞれ「acで通信したとき」と「n/g/bで通信したとき」の最高速度を表しています。

つまり、「1300+600Mbps」の場合、「11acで最大1300Mbpsのスピードで通信可能」「n/g/bで最大600Mbpsのスピードで通信可能」という意味であり、端末をつなぐ場合には、数値が大きい方(acの方)が適用されます(理論値でのスピード)。
快適にインターネットを楽しむためには、「11ac」で「850Mbps」以上をひとつの目安として選んでください。

2.4GHz・5GHz両方対応しているか

Wi-Fiルーターの電波には「2.4GHz」と「5GHz」の2種類の周波数帯があり、「2.4GHz」よりも「5GHz」の電波で通信をした方がスピードは早くなります。

5GHzは家電などほかの機器で使われていない周波数のため通信速度が速く、周りの電波干渉を受けにくい一方、壁や天井などの障害物には弱い、という特徴があります。
アパートやマンションなどのシングルルームでWi-Fiを使う場合、周りの部屋の電波の影響を受けにくいため、5GHzの方が快適にインターネットを使えます。5GHzは対応機器が少ないと言われることもありますが、最近のスマートフォンやパソコンなどであれば、おおよそ問題ありません。

一方、2.4GHzの方は電子レンジやBluetoothなどにも利用されているため、電波同士がぶつかり5GHzに比べて通信速度は落ちますが、壁や天井などの障害物に強く、遠くまで電波が届きやすい、対応機器が多いというメリットがあるため、戸建で複数の部屋からWi-Fiを使いたい場合、2.4GHzの方がおすすめです。

Wi-Fiの電波が届く範囲と同時接続可能人数もチェック

商品説明に書かれている「Wi-Fiの電波の届く範囲」と「同時接続可能人数」も選ぶときの目安になります。住宅のタイプや部屋数、階数、同時利用人数などの「推奨環境」が記載されているので分かりやすく、参考になります。

そのほか便利な機能もチェック!

そのほか、Wi-Fiルーター選びにあると便利な機能について紹介します。

◆ビームフォーミング

設置場所を中心に全方向に放射する電波を、特定の方向に集中して電波を送る「ビームフォーミング」機能を搭載しているものもあります。これは、送信端末から電波を細く絞って、スマートフォンなどの受信端末に向けて集中的に発射する技術のことで、ビームフォーミングをオンにすることで、通信状況が改善され通信速度が向上するケースもあります。

◆IPV6パススルー

一般的なWi-Fiルーターは次世代規格であるIPv6には対応しておらず、利用者が増える時間帯は、混雑の影響を受けて通信が遅くなってしまうのが難点でした。

最近では、通信事業者が独自に構築した次世代規格であるIPv6接続・通信するサービス提供が増えてきたため、IPv6通信を素通りさせ、混雑の影響を受けず高速かつ安定した通信が可能になりました。Wi-Fiの速度を求める方はIPv6パススルーに対応したモデルを選んでください。

◆MIMO・MU-MIMO

複数の端末を使っている人は、「MIMO(マイモ)」機能を搭載したモデルをチェックしてください。MIMOとは「Multi-Input Multi-Output」の略で、送信機と受信機の両方に複数のアンテナを展開して、同一周波数帯で同一通信を行うことで通信の品質を高める無線技術です。

また、Wi-Fiルーターに接続する端末が増えれば増えるほど、通信を切り替える手間が増えるので順番待ちが発生し、そのぶん通信速度が低下しますが、この速度低下を防ぐのがMU-MIMO「MU(マルチユーザー)-MIMO」です。複数端末でWi-Fiルーターに接続しても、1対複数で端末ごとに異なる電波を送信するため、速度低下を防げることになります。

◆バンドステアリング・オートチャネルセレクト

「バンドステアリング機能」とは、2.4GHzと5GHzで混雑していない周波数帯を自動で選択する便利な機能で、周波数帯を区切ったチャネル単位で空いているところに自動的に接続を切り替える機能が「オートチャネルセレクト機能」です。どちらも通信を安定させる機能のため、快適にインターネットを楽しみたい方は、「バンドステアリング機能」「オートチャネルセレクト機能」搭載のWi-Fiルーターがおすすめです。

◆ワンタッチ接続機能

Wi-Fiルーターと各端末を接続するには、端末側で暗号化キーの入力が必要ですが、「NFC」と呼ばれる近距離無線通信技術の国際標準規格に対応していれば、端末でWi-Fiルーターにタッチするだけで接続可能です。

Wi-Fiがつながらないときの、改善方法は?

性能の高いルーターでも、設置環境や設置方法によって速度が落ちたりつながらなかったりする場合があります。ルーターの電波状況は「Wi-Fiオーバービュー360」(Androidアプリ)などを使って、シグナルの強さ、チャンネル番号、暗号化、オープンかオープンではないか、など詳細な情報を一目で確認することができます。

Wi-Fiルーターを設置したけど思うように速度が出ない…という人は、以下の点を確認してください。

障害物はないか

ルーターと子機との間に壁などの障害物があると電波が届きづらくなります。特に、マンションなどの鉄筋住宅は木造住宅よりも電波をさえぎりやすくなります。
ドアが閉まっていたり、ルーターの収納なども電波の飛びを悪くする原因になってしまうため、物理的に電波の妨げになるものはないか、家の中央や高い位置に置くなど、ルーターの設置場所を確認してください。

アンテナの向きでも電波の調整は可能です。基本的に電波を飛ばしたい方向にアンテナを向けることが多いですが、実はアンテナの根元の向きが重要で、2階に向けて飛ばしたい場合、アンテナを横向き(水平)に寝かせると縦方向への電波を強くでき、アンテナを垂直に立てると横方向への電波を強められます。

◆Wi-Fiとの距離が遠い場合、中継器を導入

基本的に、親機と子機の距離に応じて電波は弱くなります。離れた場所でつながりにくい場合には、中継器を設置するのがおすすめです。中継器は親機の電波を引き継ぎ、遠くまで電波を飛ばす働きをします。

2階建てなどの場合はルーターを1階に、中継器を階段途中に設置すると、2階まで電波の届く範囲が改善する可能性があります。

◆無線LANが干渉している場合の対応方法

近場で家電などの無線LANの電波が多数飛んでいると、ルーターの電波は一部の家電と同じ周波数帯を使用することが多いため、電波が干渉してつながりにくくなることがあります。その場合、各種ソフトなどを利用して無線LANで使っているチャンネルを変更すると、電波干渉を軽減できる可能性があります。

◆その他改善方法

その他の改善方法は、「Wi-Fi つながらない」の記事をご確認ください。

@niftyで取り扱っているWi-Fiルーターは?

@niftyでは、次世代通信技術「v6プラス」対応のWi-Fiルーターを2種類用意しています。
「v6プラス」対応Wi-Fiルーターなら、アクセスが集中するポイントを通らず、インターネットの世界に入っていくため、一般的に「混雑している」「遅くなる」時間帯でも快適にインターネットをご利用いただけます。

[エレコム製Wi-fiルーター]

 
エレコム製ルーターの画像
メーカーエレコム株式会社
機器名称 WRC-1167GS2H-B
外寸寸法 高さ 185mm × 奥行 40mm × 幅 142mm
対応規格 IEEE802.11ac 準拠、 IEEE802.11n 準拠、
IEEE802.11a 準拠、 IEEE802.11b 準拠、
IEEE802.11g 準拠

[エレコム製Wi-fiルーター]

 
バッファロー製ルーターの画像
メーカー株式会社バッファロー
機器名称 WSR-1166DHPL
外寸寸法 高さ159mm×奥行130mm× 幅55mm
対応規格 IEEE802.11ac(866Mbps)
IEEE802.11n(300Mbps)
IEEE802.11a/g(54Mbps)
IEEE802.11b(11Mbps)

高性能のWi-Fiルーターが最大25カ月間レンタル無料 

@nifty光ご契約中は最大25カ月無料!
@nifty Wi-Fiルーターレンタルサービス

まとめ

このように、Wi-Fiルーターは通信速度や環境に合わせた機能や規格がありますが、利用機器や利用環境を目安に考えると選びやすくなります。どれくらいの広さの場所で、どんな機器を何台接続するのか、どのような目的で利用するかなどを確認して、条件に合ったWi-Fiルーターを選びましょう。