TOP

Wi-Fi(ワイファイ)とは何?

私たちの生活には欠かせないものとなったWi-Fiを利用したインターネット接続。スマートフォンでの利用などで便利な反面、よく仕組みを知らないまま間違った使い方を続けると情報漏洩などのリスクがともなう場合もあります。 このページでは、Wi-Fiの基本的な仕組みから、Wi-Fiの活用方法、ご利用上の注意点、やってはいけないことなどをご説明します。しっかりとWi-Fiを理解して上手に使いこなしましょう。

Wi-Fi(ワイファイ)とは?

Wi-Fiとは異なるメーカーのネットワーク接続に対応した機器であっても、互換性がある規格の製品ならば、無線LAN(Local Area Network)に接続できる技術の事を言います。各デバイス同士の通信互換性を検査し、合格した製品にのみ「Wi-Fi」のロゴをつけることが認められています。

現在では「無線LAN機能」そのものを指す用語として使われており、「Wi-Fi=無線LAN」と言っても差し支えないでしょう。Windowsパソコンなどでは「ワイヤレスネットワーク接続」とも表記されることもあります。

Wi-Fiの利用環境は大きく屋内利用と屋外利用に別けられますが、自宅や職場など屋内でWi-Fi環境を利用する場合は、電波を飛ばすためのWi-Fiルーターが必要となります。
Wi-Fiルーターは無線LAN親機とも呼ばれ、Wi-Fi対応機器に対して電波の送受信を行いLANとの仲介を行うための機器です。無線LAN中継器とは電波を離れた位置まで中継するための機器で、中継器だけでは電波を出すことはできません。

屋外で見かける「Free Wi-Fi」の表記は、街中に設置された機器から提供される無線LANの電波を利用するネットワークです。Free Wi-Fiについては後述いたします。

ご家庭でのネットワーク接続に対応した機器(Wi-Fi対応機器)は、スマートフォンやパソコン、タブレットが一般的ですが、テレビ、ゲーム機、冷蔵庫などの家電まで普及しています。

具体的な利用方法としては、Wi-Fi(無線LAN)を利用すれば、スマホやタブレットに保存した写真をネットワークに接続したプリンターで印刷することも可能になります。(ネットワーク対応プリンターが必要)

また、一歩進んだ使い方として、リビングに設置したHDレコーダーで録画した番組やパソコンに保存した音楽を別の部屋で視聴したり、さまざまな機器をコントロールできるWi-Fi対応機器と連携して、照明のスイッチのON/OFFやエアコンの運転状況などを確認できるようにもなります。

Wi-Fiの仕組みとは?

スマートフォンやタブレット、パソコン、ゲーム機などのWi-Fi対応機器はインターネット回線に接続されたWi-Fiルーターあれば、それぞれの機器を相互に接続し、インターネットを利用することができます。

Wi-Fiルーター(無線LAN親機)から電波が出され、その電波をWi-Fi対応機器が受け取ることでインターネットの使用が可能となります。その電波は数十メートルは届くと言われ、自宅や小規模なオフィスなどの範囲内であれば、十分にWi-Fiの機能が利用できます。

Wi-Fiルーターを接続するためのインターネット回線は、Wi-Fiルーターの性能を十分発揮できる光ファイバーの高速回線が最適です。まずはプロバイダーや回線事業者との契約が必要となります。

Wi-Fi経由でスマートフォンやパソコンからプリンターなどにつなげるには、「規格」「SSID」「暗号化方式」の3つを確認し、設定する必要があります。

規格について

Wi-Fi対応機器は、それぞれ周波数帯(2.4 GHz帯/5 GHz帯)と最大通信速度によって区分されるので、異なる周波数帯の規格同士では接続することができません。
同じ周波数度帯同士(2.4 GHz帯/5 GHz帯)であれば接続は可能ですが、通信速度は遅い方の規格の速度になります。

通信速度 11 Mbps 54 Mbps 300 Mbps
2.4 GHz帯 IEEE802.11b IEEE802.11g IEEE802.11n
5 GHz帯 - IEEE802.11a IEEE802.11n

SSIDとは

スマートフォンでWi-Fi(無線LAN)を利用する際に設定画面を見ると、複数のアクセスポイントの名前がズラリと表示されることがあります。スマートフォンやパソコンを接続するときに、自分が接続すべきアクセスポイントを見分ける必要があります。
SSID とはWi-Fiごとにつける「名前」のようなもので、あらかじめ設定を登録してあるものは別として、新規接続を行う場合はSSIDによってアクセスポイントを識別し、暗号化キーやパスワードなどでログインする必要があります。SSIDには機器名が表示される場合や、ネットワーク提供者のルールによって命名されていたりします。

暗号化方式について

無線LANルーターの利用には少し注意が必要です。
Wi-Fiを利用する際は、必ずパスワードを設定する必要があります。パスワードなしでWi-Fiを使うと、部外者にWi-Fiを勝手に使われてしまったり、自分のネットワークの中をのぞき見されてしまう可能性があります。また、SSIDは周囲に公表されていますので、パスワードが解ってしまうと自分のネットワークに他者の侵入を許してしまいます。パスワードの利用方法については大抵はWi-Fiルーターの機器自体に記載がされていますので、記載の通りに入力すれば大丈夫です。

ほとんどのWi-Fi機器は、最新でもっとも安全な「AWS(WPA2)」に対応していますが、古いWi-Fi対応機器や一部のゲーム機などは旧規格のWEPにしか対応していない機器もあります。WEPはWi-Fiの暗号化技術として最初に採用された方式ですが、脆弱性のために現在ではあまり推奨されていません。

Wi-Fiを用いてできることとは?

スマートフォンやパソコンでインターネットを利用する

家庭内で利用しているスマートフォンやタブレット、パソコンからWi-Fi(無線LAN)経由でそれぞれインターネットに接続することができます。
もちろん、スマートフォンでメールをしながら、パソコンで動画を見たり、同時に複数の機器を接続して利用することができます。

スマートフォンの通信量が節約できる

スマートフォンやタブレットなどSIMカードを利用して通信しているモバイル端末は、Wi-Fiを利用することで、モバイル回線のパケット通信量を節約することができます。
とくに、高画質の写真や動画などのパケット量の消費が多いコンテンツを視聴する際は、携帯キャリアで設定されているデータ通信量制限(例:3~7GB)を気にすることなく楽しむことができます。

画像・動画などのデータを共有できる

Wi-Fi(無線LAN)につないだスマートフォン、タブレット、パソコンなどの機器同士でデータを共有することができます。
例えば家庭内の共有パソコンに保存してある動画や音楽を、リビングのパソコンで視聴したり、書斎にあるパソコンで他のパソコンの保存データを利用して作業することができます。

プリンターをワイヤレスで使用できる

家庭内で1台のWi-Fi対応のプリンターを共有できれば、各部屋のパソコンごとにプリンターを用意しなくても、家中の複数のパソコンから印刷することができます。パソコンとつなぐ配線も不要なので、プリンターの置き場所のレイアウトも自由度が上がります。
さらに、スマートフォンやタブレットから直接印刷することも可能になりました。
プリンターを購入する際には、Wi-Fi接続対応プリンターを選んでおくと便利です。

オンラインゲームを楽しむことができる

オンラインゲームとはゲーム機の他にも、パソコンやスマートフォンなどを使い、インターネットを介して、ほかの離れた場所にいるプレイヤーと遊ぶゲーム全般のことをいいます。
いまや多くのゲーム機器がオンラインプレイに対応しており、自宅からインターネット経由で、世界中の人達と遊べるゲームも多く登場しています。

ゲームによっては、更新データのダウンロードをしたり、セーブデータをストレージに預けるなど、インターネットに接続していないと利用できないサービスもあります。

人気のNintendo 3DSやNintendo Switchなどの携帯型ゲーム機もオンライン対応していますが、基本的にWi-Fiに接続しなければオンラインではプレイできません。
(Nintendo SwitchはLANアダプター(別売)で有線LAN接続が可能)

録画した番組を別のデバイスから楽しむことができる

ネットワーク対応の高機能な録画機能付きテレビやHDDレコーダーには、1台のテレビやレコーダーに録画した番組を他の複数のテレビで楽しめる機能を搭載したものがあります。また、同じメーカーのテレビとレコーダーであれば、Wi-Fi(無線LAN)に接続するとさまざまな機能が使える場合が多いので、購入時に欲しい機能が搭載されているか確認してみましょう。

テレビやレコーダーをスマートフォンで操作できる

Wi-Fiに接続したテレビやレコーダーなどのデジタル家電をスマートフォンやタブレットでリモコンと同じように操作できるアプリもあります。
また、スマートフォンに保存した動画や写真、音楽などをテレビやオーディオプレーヤーで視聴したり、Youtubeなどの動画コンテンツを大画面で楽しむためのChromecastやFire TV Stickといった製品もあります。

Free Wi-Fiを利用する際の注意点

街中や飲食店、電車内でよく見かける「Free Wi-Fi(フリーワイファイ)」は外出先でスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどでインターネットを利用する際にとても便利です。しかしフリーWi-Fiの危険な部分を知らないまま利用することは避けることが必要です。
無料のWi-Fiスポットでは、セキュリティが設定されていなかったり、暗号化されていなかったりする場合があります。危険性をしっかり理解して、臆せずFree Wi-Fiを利用できるようになりましょう。

盗聴や覗き見

フリーWi-Fiが暗号化されていなければ、プライベートな通信が盗聴や覗き見される可能性があります。また、利用者が使っているWebサイトのURLや閲覧履歴、送信したメールの内容など、重要な個人情報を、同じフリーWi-Fiに接続している第三者が手に入れることができてしまいます。

ウイルス感染やネット詐欺

さらに通信内容を覗き見しているのが悪意ある人物だったらどうでしょうか?フィッシングサイトに誘導するためのメールを送りつけ銀行口座などの重要なパスワードを盗むといった行為や、スマートフォンやパソコンが勝手に操作されて、保存している連絡先やURL、個人情報、プライベートな写真がコピーされるなど犯罪に悪用される可能性があります。

一般に無料で開放されているFree Wi-Fiのアクセスポイントは、誰でも使える利便性が優先されるため、肝心の安全性はどうしても低くなりがちです。

Free Wi-Fiのアクセスポイントを安全に利用するには、スマートフォンアプリでVPN(Virtual Private Network=仮想の専用線)接続をする方法もあります。
(VPNとは、仮想的な通信トンネルを作成し、データの暗号化を行って通信をするものです。専用線のように通信経路の途中でデータ盗聴や改ざんの防止に役立ちます。)

Free Wi-Fiスポットでやってはいけないこと

暗号化されていないアクセスポイントは使わない

Wi-Fiネットワーク設定画面で、カギのアイコンのないアクセスポイント(SSID)には注意が必要です。
暗号化の種類を示すものとして「None」「WEP」「WPA」などの表示があります。「None」はセキュリティ対策がされていない状態を表します。「WEP」はWi-Fiの暗号化技術として最初に採用された古い方式ですが、脆弱性のために現在ではあまり推奨されていません。「WPA」となっているアクセスポイントを利用しましょう。

正体不明のアクセスポイントに接続しない

気づかないうちに意図しないアクセスポイント(Wi-Fi)に接続していることもあります。
もし不審なWi-Fiに接続していたら、すぐに接続を切りましょう。
正しいアクセスポイントを利用するためには、そのFree Wi-Fiを提供している店舗または施設が掲示しているポスターやステッカーに記載されている内容(SSIDやパスワード)を確認して、接続しなおしましょう。

ログインが必要なページにアクセスしない

Free Wi-Fiスポットの危険性については先にご説明しましたが、暗号化されていないネットワークの利用や脆弱性があった場合、ID・パスワードを使ってログインが必要なネット利用は、パスワードを盗まれる可能性があります。ネットバンキングや通販サイトでのカード決済の利用など、重要な個人情報を含むやりとりは絶対に避けるようにしましょう。

重要な情報を含むアプリを使わない

ネット通販などのWEBサイト利用以外にも、スマートフォンアプリも同様に個人情報を盗まれる可能性があります。株取引もアプリによる取り扱いが普及していますし、住所、氏名、連絡先などが含まれたSNSアプリにも注意を払いましょう。

設定では「常にWi-Fiへの接続を許可」にしない

スマートフォンの設定でWi-Fiを常に接続を許可してしまうと、気づかぬ間に不正なアクセスポイントに接続してしまう可能性があります。Free Wi-Fiスポットでインターネットを使う用事が済んだらWi-Fi機能を切っておいた方が間違いありません。Free Wi-Fiを使うときは意識してその都度接続するようにしましょう。

すでに私たちの生活になくてはならない便利なWi-Fiについて理解できましたか?正しく理解して使えば快適なインターネット生活をお過ごしいただけると思います。

ご自宅にWi-Fiを導入するには@nifty光がおすすめ

ご自宅で無線LANルーターを設置するには、まずインターネット回線が必要になります。高速で高品質な光ファイバー回線「@nifty光」は、ご自宅のWi-Fiネットワークの導入に最適です。