本文へジャンプします。

WEB・インターネット
災害時には情報収集が必須!アンテナを立てないひかりTVが選ばれる理由[PR]
台風、地震、竜巻などの自然災害はいつ起きてもおかしくありません。みなさんは、普段どのような防災対策をしていますでしょうか?被害を最小限にするためにも、防災に対する日ごろの備えはしっかりしておきたいものですね。

◆災害時に必要なのは「情報収集」。普段から備えで持ち歩いているものは?

非常食や懐中電灯などの備えは意識している人も多いと思いますが、災害時に意外と困るのは「情報収集」です。

自分が住んでいる地域の被害状況や避難所開設状況、遠くに住んでいる家族や友人の状況など心配は絶えません。携帯ラジオがあれば、少なくとも最低限の情報は手に入りますが、やはりテレビなどで映像を見ながら被害の状況などが確認できれば、安心なのではないでしょうか。

みんなの知りたいことをアンケート調査&分析し、グラフやランキングを使って結果を発表していくサービス「何でも調査団」で実施した「防災についてのアンケート・ランキング」で、「現在外出時に、災害時の備えとしていつも持ち歩いているものはありますか?」と聞いたところ、「ライト・懐中電灯」に次いで「ケータイやスマートフォンの充電器」が2位という結果となり、情報取得源として携帯やスマホが重要視されていることが分かりました。
スマホがあれば、連絡手段としてだけではなく、情報収集源として活用できますね。
調査結果の詳細はこちらから

◆災害時のテレビって一体どうなる?ポイントはアンテナの有無

情報収集の一つとして活用される「テレビ」の情報は、早く、確実なため、災害が起きた場合、「まずはテレビをつける」という方も多いのではないでしょうか。

では、台風や竜巻などの災害時、テレビはどうなるのでしょう? まず、基本的に屋根の上に設置してあるテレビアンテナは、暴風や豪雨で落下の危険性もあり、アンテナの位置がずれることにより、受信強度が低下してしまうことがあります。

このような場合には、まずはテレビの取扱説明書にしたがって受信強度を確認します。受信強度が60未満の場合には受信強度不足のため、アンテナや配線の状況を確認することで受信強度が戻る場合があります。 受信強度の確認は、テレビの「設定」メニューから確認できることが多いので、災害時に慌てないためにも、操作方法を一度確認してみることをおすすめします。

◆アンテナが必要ない「ひかりTV」がおすすめ

災害時の情報収集に役立つサービスとしておすすめなのが「ひかりTV」です。

ひかりTVは、光ファイバーケーブルで映像受信をするため、屋根上のアンテナは不要です。そのため、台風や竜巻が来ても、アンテナが落下したり、ずれたりする心配がなく、受信強度が低下するリスクは低いのではないでしょうか。 また、台風の後などは、アンテナのサビが屋根に付着する、といった被害も発生しません。

とはいっても地震などで停電が発生した場合には、光ファイバーも使えなくなる可能性があります。そんなときでも、「ひかりTV」なら安心。ご契約者ならスマホでもひかりTVが受信でき、ひかりTVは、NHKなど災害ニュースに強い放送局も視聴できます。

◆ひかりTVにはお得なポイントも

ひかりTVは災害対策におすすめなだけではなく、サービスにお得なポイントもいくつかあります。

「2年割」プランなら「ぷららポイント」も毎月500ポイント貯まるので、貯めたポイントは、1PT=1円として、オプションビデオの購入や、ひかりTVショッピング、ひかりTVブックでのお買い物などに使うことができます。

さらに、ひかりTVは、全ての専門チャンネルがHD画質で視聴することができ、4K画質による独自編成チャンネルやビデオコンテンツもたくさんあるので、画質にこだわりがある人にとっては、うれしいポイントですね。

その他、ひかりTVサービスについての詳細はこちらの記事をご確認ください。 ⇒「ひかりTVって何がどういいの? 選ばれる理由と料金プラン、特長やメリット、注意点を解説[PR]

災害時の情報取得は命を守るためにも非常に重要です。特にテレビの情報は防災対策の貴重な情報源です。これを機会にご自宅のテレビ環境を見直してみてはいかがでしょうか?

▼ ひかりTV for @niftyについてはこちら
※記事内容は2019年10月現在の情報を基に更新。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+

あなたにおすすめの「関連記事」

人気記事ランキング

本サイトに記載されているブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。

@niftyのおすすめ
インターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+
人に教えたくなる! 家電小ネタ帳