本文へジャンプします。

WEB・インターネット
部屋に入りきらない荷物は宅配型トランクルーム「sharekura(シェアクラ)」で整理!
年々その人気を高めてきているトランクルーム。部屋に荷物があふれている方にとっては、なくてはならないサービスでしょう。そんなトランクルーム業界に、宅配で荷物の出し入れが可能な新サービス「sharekura(シェアクラ)」が誕生。新たな風を巻き起こしています。いったいどのようなサービスなのでしょうか。

◆都市生活の強い味方“トランクルームのクラウド型ストレージサービス”!?

「部屋に荷物が収まりきらない!」「捨てるに捨てられないモノで自室が占領されている」といった悩みは、きっと他人事じゃないという人も多いはず。そうした際に強い味方となってくれるのが、郊外近郊でよく見かけるトランクルーム。小型物置のようなトランクルームを、定額料金で貸し出すサービスです。

ところが、いざ利用したいと思っても自宅の近場にない・・・・・・というケースが多いのも現状。そこで注目してほしいのが“宅配型トランクルームサービス”です。

多くの方は「何それ?」でしょうが、要は「荷物を宅配便で送り、遠方のトランクルームに保管する」新サービス。IT風にいうなら“クラウド型ストレージサービス”とでも言いますでしょうか。こう聞くとトランクルーム利用の予定がない方でも、ちょっと気になりませんか?

2019年1月からデータサイエンスプロフェッショナルズとフレームワークス(大和ハウスグループ)がサービスを開始した「sharekura」(シェアクラ)を例に、どのようなサービスなのかを見ていきましょう。

◆月額180円から利用可能な宅配型トランクルーム「シェアクラ」とは

「sharekura」(シェアクラ)の使い方は以下のような流れで行います。

(1)ネットで会員登録
(2)専用ボックスの取り寄せ(大きさ別に5種類から選択)
(3)届いた箱に荷物を詰め、宅配便で集荷依頼

面倒な手配はすべて「sharekura」経由のネット管理でOK。たとえば集荷なら、届いたダンボール箱に印刷された集荷依頼用QRコードをスマホで読み込み、専用ページで必要事項を入力するだけと、お手軽です。

預けた荷物を管理するときや取り出したいときは、

・トランクルームに預けた荷物はネットで管理
・1点から取り出し(必要な場所への配送)可能

こちらもネット上で操作でき、面倒な荷物の出し入れ・管理からも開放されます。

同サービスが優れているポイントとして、預けた荷物を写真撮影し、サイトの会員ページで一覧表示してくれます。何を預けているのかがスマホやパソコンから一目で分かり、何を預けたか忘れがちという悩みを解決。かゆいところに手が届くサービスだと言えます。

気になる料金は、箱の大きさによって保管料が月額180円~500円、取り出し送料が500円~800円(いずれも一箱あたり)。自分でトランクルームへ往復する手間とコストを考えれば、十分に納得できる設定なのでは?

ひとつの箱に入れられるアイテムは30点まで。大きさに関係なく、30点を超えると複数の箱に分ける必要があります。

このように便利なサービスですが、写真撮影=他人に見られたくない物を預けにくい、という点にはご注意を。逆に、不審な物が紛れ込まない=トラブルが起こりにくいとも考えられます。

箱に入らないゴルフバッグ、スノーボード、スーツケースが預けられる「大型アイテムプラン」(東京都内限定)もありゴルフ場やスキー場への配送&戻しも行ってくれます。

シーズンものに、急には使わないけど保管しておきたいものなど、サービスの使い方はアイデア次第。うまく活用して、快適ですっきりとした部屋を実現してみては。 ※文中の料金はすべて税別
※記事内容は2019年9月現在の情報を基に作成。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+

あなたにおすすめの「関連記事」

人気記事ランキング

本サイトに記載されているブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。

@niftyのおすすめ
インターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+
人に教えたくなる! 家電小ネタ帳