本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
意外と知らない「ファンクションキー(F1~F12キー)」の使い方。ノートPC派は使わないともったいない!?
わかっているようで、実は一部しか知らないかもしれない、ファンクションキーの多機能さ。改めて用途を整理すると、「こんなことが簡単にできるのか」と驚かされるキーも。ノートパソコンで多用する「Fn」キーとの組み合わせや、「Fnロック」機能も覚えておくと便利ですよ。

◆キーボード最上段の「F*」キーは便利で多機能

Windowsパソコンのキーボード最上段にズラッと並ぶ「F1」~「F12」と刻印されたキー群、これが「ファンクションキー」と呼ばれるキーです。かつてのMS-DOSや初期Windowsでは必須ともいえるキーで、面倒な動作を簡単化してくれる、魔法のキーでもありました。

スマホ世代の中には、ファンクションキーを一度も使ったことがないユーザーも少なくないとか。「このF*キーって、何のためにあるの?」などという声も聞こえてきそうです。

そもそもファンクションキーには、ほかのキーとは異なる、特別な機能が割り当てられています。ソフトウェアによって独自の機能が割り付けられているケースもあり、その多くは日本語入力に関する機能となっています。

◆各ファンクションキーでは何ができる?

まずはF1~F5キーに関して、Windowsで割り当てられた基本機能をおさらいしておきましょう。

・「F1」:ヘルプ表示。デスクトップ画面では「Windowsヘルプとサポート」、ソフトウェア上では各ヘルプが起動
・「F2」:ファイルやフォルダー、アイコンの名称を変更。選択状態でF2を押すと、当該部分が反転状態に
・「F3」:ファイルやフォルダーの検索。デスクトップでは検索チャーム、ブラウザ上では「ページ内検索」窓が起動
・「F4」:ウィンドウのアドレスバーを表示。*Internet Explorer、マイコンピュータ、エクスプローラー限定
・「F5」:更新。ブラウザ上では、そのページ(タブ)が再読込される

アクセス過多で重いWebサイトに使われるネットスラング「F5連打」は、再読込の繰り返しを意味します。

続いて後半の「F6」~「F10」キー。文字入力に関連した機能がまとめられていて、日本語で入力した文字について各キーを押すことで、

・「F6」:ひらがなに変換
・「F7」:カタカナに変換
・「F8」:半角カタカナに変換
・「F9」:全角アルファベットに変換
・「F10」:半角アルファベットに変換

使わない方はまったく使わない機能でしょうが、逆に使い慣れると、便利で手放せなくなるキーかも?日本語のまま全角で打ってしまったアルファベットも、「F10」で一気に半角化できます。

最後の2つ、「F11」と「F12」には特殊機能が割り当てられています。

・「F11」:そのウィンドウを全画面表示化。もう一度押すと、元のサイズに戻る
・「F12」:名前をつけて保存。*Office限定

◆ノートパソコンではファンクションキーの「Fnロック」が便利

ここまではファンクションキーの基本ですが、キーの配置に制限があるノートパソコンでは、音量や画面の明るさなど、専用の機能もファンクションキーに割り当てられています。

最上段のキーボードに音量マークなどがついているのを見たことがあると思います。この機能を使うには、通常、キーボード左下付近にある「Fn」キーを活用します。

・「Fn」キーを押しながらファンクションキーを押す

この操作が一般的な使い方ですが、ファンクションキーをFnロックすることでも、こうした専用機能が動作します。多くの機種では、以下の操作でロックがかけられます。

・「Fn」「Esc」の両押し

◆ノートパソコン特有の機能を使いたい時のちょっと便利な設定方法

どちらのファンクションキーの使い方も便利なのですが、もし使い分けが面倒だという人は、パソコン起動時のBIOS画面で、Fnロックの可否を切り替えることもできます。通常のファンクションキー機能は使わず、専用機能だけを利用したい場合などは、BIOSで設定しておくと便利です。

設定方法(=BIOSの項目)は、たとえばDELLなら「Function Key Behavior」、HPなら「Action Keys Mode」が該当。メーカーによって異なるため、利用する際は調べてみましょう。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+

あなたにおすすめの「関連記事」

人気記事ランキング

本サイトに記載されているブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。

@niftyのおすすめ
インターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+
人に教えたくなる! 家電小ネタ帳