本文へジャンプします。

エンタメ
【YouTube】特定のチャンネルを「ブロック」や「非表示」にする方法
YouTubeの“おすすめ”から不快な動画を排除する際、「ブロック」を便宜的な“非表示”機能として使うケースがあります。本来の想定とは異なる利用法なので、改めて「ブロック」と“非表示”の意味を理解しておきましょう。

◆YouTubeで不快な動画を表示させないためには?

YouTubeを視聴する際、“おすすめ”や“関連”に不要な動画が多すぎる・・・・・・と感じることはありませんか?

これらの動画は、再生数、再生数の伸び、視聴履歴とのキーワード合致、視聴した動画の他視聴者が見た動画(チャンネル)など、各種の条件を総合的なアルゴリズムで解析した結果として、ピックアップされます。

ですが、中には、まったく興味がないどころか、「不快だ」「見せるな!」と怒りたくなる動画も少なくありません。再生数から、エロ・グロ系の動画が表示されがちなことも無関係ではないでしょう。

こうした動画を表示させなくするためには、自分なりのカスタマイズが必要で、今回のテーマ「ブロック」も、こうした“非表示”機能の一つです。

ちなみに、YouTubeでの正式な「非表示」は、登録チャンネルのページで、任意の動画を表示させなくする機能のこと。登録チャンネルの動画でも、すべての動画に興味があるわけではない・・・・・・といった場合に使用します。

“おすすめ”画面でも便宜的に「動画を非表示にするには~」などと称されますが、「非表示」というボタンや項目があるわけではないので、勘違いされませんように。

トップページに表示される“おすすめチャンネル”右端の「×」マークをクリックすると、当該チャンネルの動画が一括消去されます。これを“非表示”とも呼ぶので、ちょっとややこしいですね。

◆YouTubeの「ブロック」は何に使う機能?

さて、YouTubeの「ブロック」には、大きく分けて2つの意味があります。

ひとつは、動画の投稿者が特定ユーザーに対してコメントできなくする、名実ともに“ブロック”な意味。

もうひとつが、当該チャンネルの動画を“おすすめ”や“関連”に表示させなくする意味。特定ユーザーをブロックする際の、拡大解釈といった考え方かもしれません。こちらが、今回のテーマ“非表示”に当たります。

特定チャンネルをブロックするには、

(1)当該チャンネルを開く
(2)「概要」欄からフラッグ印(「ユーザーを報告」)をクリック
(3)「ユーザーをブロック」項目を選択

という3ステップが必要です。

ブロックするためにはチャンネルを見なければならないため、動画を視聴しなければ「低く評価」ができないことと同じく、YouTubeの矛盾点と言えるかも?

2018年秋~2019年春までは、スマホ用アプリ版に限り、動画のサムネイルから直接「ブロック」を選ぶこともできました。「ブロック」が目的なら便利でしたが、2019年春からは、パソコン(Web)版と同じ3ステップ構造に戻っています。

ブロックしたチャンネルは、ブロックを解除しない限り、二度と表示されないはずなのですが、2019年春の仕様変更後は、再表示されるケースも目立つように。単純なバグなら解消されるでしょうが、アテにはできません。

動画を非表示にするための「ブロック」利用は、手間がかかるだけで効果は薄い。2019年春以降のYouTubeでは、そう考えたほうが良さそうです。そもそもYouTube本来の利用法とは異なる使い方なので、致し方ないのかもしれませんね。

※記事内容は2019年5月現在の情報を基に作成。
※操作手順内の表現はOSや機種、アプリのバージョンにより異なる場合あり。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+

あなたにおすすめの「関連記事」

人気記事ランキング

本サイトに記載されているブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。

@niftyのおすすめ
インターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+
人に教えたくなる! 家電小ネタ帳