本文へジャンプします。

エンタメ
今さら人には聞きにくいけど「サブスク」って何? メリットと注意点とは?
最近「サブスク」という単語を耳にする機会も多いのでは? 今回は話題の「サブスク」の意味や身近なサービスを紹介。メリットやデメリットを考察しつつ、賢い使い方を考えていきたいと思います。

◆「サブスク」って何?

「サブスク」とはサブスクリプションの略。「大辞林 第三版」では、

「製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式」

このように解説していますが、「月額課金」「定額制」という言葉の方が、なじみが深いかもしれません。

身近なところで例を挙げると、「Netflix(ネットフリックス)」「Hulu(フールー)」などの動画配信サービスや「Apple Music」「LINE MUSIC」などの音楽配信サービスがサブスクリプションサービスにあたります。

また、「dマガジン」「楽天マガジン」などの定額制読み放題サービスや、「PlayStation NOW」のような月額課金で遊び放題になるサービス、「オイシックス」などの食品の宅配サービスもしかり。

会員登録することで動画見放題、音楽聴き放題など、さまざまな会員特典が利用できる「Amazonプライム」も例として挙がります。

断捨離やミニマリストブームにより、“モノを持たない生活”に移行する人が増えてからは、暮らしに必要な家具や家電、車、衣類、日用品など、幅広いジャンルへとサービスが広がっています。

◆「サブスク」サービス利用の5大メリット

「サブスク」サービスには数々のメリットがあります。多くのケースに共通したメリットを以下にまとめてみました。

1:好きなときに登録・解約可能! 気軽に始められる
比較的、安価で始められる上、いつでも解約可能なので、気軽に利用できるのが「サブスク」の強み。お試し期間が設けられているサービスも多く、自分に合うサービスかどうかを見極めてから導入することも可能です。

2:「○○放題!」はコスパがいい
たとえば映像や音楽の定額配信サービスの場合、DVDやCD1枚分の費用で複数の作品を視聴できます。毎月コンスタントに映画を見たり音楽を聴いたりする人には、お得でしょう。

3:まとまったお金がなくてもあこがれの生活が始められる
あこがれの車や家具のある生活を始めたいと思っても、すべてを購入するには、かなりの出資が必要になります。「サブスク」なら毎月の利用料だけでOK! なかには乗り換え/借り換え自在なサービスもあるので、ライフステージの変化にも対応。

4:ソフトウェアなら常に最新版が使える
「Adobe(R) Creative Cloud」や「Office365」に代表されるソフトウェアの「サブスク」サービスなら、アップグレード版を購入しなくても常に最新版のソフトを使えます。

5:手間いらずなので忙しい人にぴったり!
食料品や衣類、日用品の「サブスク」サービスを活用すれば、買い物に行く手間を省くことが可能です。場合によっては、毎日の献立や洋服のコーディネートに迷う必要もなくなる!?

◆サブスクを活用する注意点

「サブスク」サービスの費用は固定費になるので、変動費(流動費)を減らすことはできますが、便利だからといって次々登録していくと、固定費が膨らんでしまいます。

利用頻度の低いサービスがあれば、一思いに解約するのも手。たいていのサービスは再登録も可能なので、必要になったときに再開すればいいでしょう。

月ごとの支払いならば、契約の見直しも簡単です。年に1、2回は利用中のすべての「サブスク」サービスを洗い出し、コスパと使用頻度の両面から見直したいものです。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+

あなたにおすすめの「関連記事」

人気記事ランキング

本サイトに記載されているブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。

@niftyのおすすめ
インターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+
人に教えたくなる! 家電小ネタ帳