本文へジャンプします。

ガジェット
動き感知&スマホ管理可能な「センサー機能」追加 スマートリモコンサービス「@nifty RiMoT」[PR]
Amazon EchoやGoogle Homeが登場して以降、スマートホームが徐々に定着しつつあります。なかでも「スマートリモコン」は、リモコン操作が基本となる家電と相性が良く、日増しに注目度が高まっています。これまでも今使っている家電をスマート化できるサービス「@nifty RiMoT(リモット)」を何度か取り上げてきましたが、このたび新機能が追加され、さらに利便性がアップしました。新機能の紹介と合わせて、今一度スマートリモコンサービスの「@nifty RiMoT(リモット)」についてまとめてみました。

◆今さらだけどスマートリモコンとは何?

おさらいしておくと、スマートリモコンとは、「家電とスマホやタブレットをインターネットでつないで遠隔操作するもの」となります。

スマートリモコンの大きな特長は、

1:リモコンの集約化
2:どこからでも操作が可能


という2点があります。

テレビにエアコン、照明器具などの家電製品を、スマホ一つで家の中からも外からも操作できたら便利ですよね。スマートリモコンは、そんな夢のようなことを実現してくれるアイテムなのです。

自宅の家電をスマート化するためには、対応家電に買い換えるのも一つの手ですが、大きな出費となってしまいます。そこで注目してほしいのが、RiMoTなどに代表される「スマートリモコンサービス」です。ルームハブがあれば、基本的にはスマートリモコン環境化が可能です。

「@nifty RiMoT」は市販のスマートリモコンに比べ、専用アプリやAIスピーカー連携、利便性の高い機能なども一括提供されているので、いろいろな手間が省けて便利です。

「@nifty RiMoT」を使ってスマートリモコン環境を整えるには、

(1)「@nifty RiMoT」を契約しルームハブを入手
(2)ルームハブが届いたらスマホなどに専用アプリをインストール
(3)専用アプリを使って登録したい家電のリモコンを登録していく


このステップを踏むだけで、簡単にスマートリモコンとして使えるようになります。

その他、「@nifty RiMoT」の導入・設定に関しては下記の記事に詳しく書いてありますので、ご確認ください。
⇒「家電の買い替え不要!スマホや音声で複数の家電を操作する方法「設定編」[PR]」

◆スマートリモコンのメリットはリモコン操作の一括化だけじゃない!

最初にも説明しましたが、スマートリモコンと聞くと、どうしても「リモコンをひとつにまとめられるだけでしょう」と感じる人が多いと思いますが、スマートリモコンが活躍できる場面は、それだけではありません。

スマートリモコンサービスの「@nifty RiMoT」には、

・スマートタイマー機能
・シナリオ機能


などの「家電の自動コントロール機能」という便利機能が搭載されています。

各機能の利用事例をいくつか挙げてみますと、たとえばシナリオ機能の場合、「帰宅前に自動でエアコンのスイッチをオンにしてくれ、さらに冬なら温かく、夏なら涼しく」という自動設定ができます。

また、1日(24時間)、1時間毎にエアコンの設定を決められたり、留守にしている際に照明を自動オン・オフもできたりと、さまざまなシーンで活躍してくれます。

実際に筆者が「@nifty RiMoT」を使ってみたレビュー記事を書いていますので、便利さを知りたい方は是非とも読んでみてください。
⇒「今持っている家電をスマート化させる「@nifty RiMoT(リモット)」を実際に使ってみた[PR]」

◆スマートリモコンサービス「@nifty RiMoT」にセンサー機能が登場!

ここまでスマートリモコンサービスについて振り返ってきましたが、便利&お手軽に導入できる「@nifty RiMoT」に、待望の新機能が追加されました。それが「IoTセンサー機能」です。

IoTセンサー機能を利用することで、ドアや窓などの開閉、ポットやテレビの利用有無、家電機器の消費電力量といった情報を、外出先からもスマホやタブレットから確認できるようになります。

「@nifty RiMoT」では、

(1)開閉センサー:ドアや窓の開閉状態の確認が可能

(2)振動センサー:物の衝撃や振動を感知

(3)電源プラグ:接続された家電の消費電力量の確認&電源のオン・オフが可能

※ 電源のオン・オフ機能は2019 年夏頃の対応予定


といった各センサーが利用できます。たとえば開閉センサーを窓の閉め忘れ対策にする、振動センサーでは揺れたら困る物に対して設定しておく、電源プラグで1日の電力量を確認して節電対策につなげる、といった使い方ができます。

各センサーは、それぞれ「開閉センサー:2,980 円(税抜)/台」「振動センサー:2,980 円(税抜/台)」「電源プラグ:4,980 円(税抜)/台」で、利用するには「@nifty RiMoT」ユーザーであることが条件です。

今後も、シナリオ機能やスマートタイマー機能と IoT センサーの連携、IoT センサーによる子どもや高齢者の見守り、一人暮らし生活を便利にする機能など、さまざまなサービス展開が「@nifty RiMoT」で予定されています。

ますます利便性がアップしていくスマートリモコン、「@nifty RiMoT」に注目してみてはいかがでしょうか。

※記事内容は2019年3月現在の情報を基に作成。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+

あなたにおすすめの「関連記事」

人気記事ランキング

本サイトに記載されているブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。

@niftyのおすすめ
インターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+
人に教えたくなる! 家電小ネタ帳