本文へジャンプします。

WEB・インターネット
Appleを装ったフィッシングメールにご用心! 本物の見分け方とは?
iPhoneやiPadなどApple製品ユーザーを狙ったフィッシングメールが急増しています。本物と見紛うほど緻密なメールも報告されており、油断すると個人情報を詐取されるおそれも。被害を未然に回避するためにも、正規メールの識別法を知っておきましょう。

◆Appleを語ったフィッシングメールが横行中

iPhoneやiPadを使っている人なら、Appleから届くメールになじみがあると思われますが、ユーザーの信頼を逆手に取ったフィッシングメールの報告があとを絶ちません。

外国語を日本語に直訳したような、誰が見てもおかしなメールから、一瞬本物と見紛うほど凝ったものまで、次から次へと登場するフィッシングメール。その多くは、ユーザーの危機感を煽ることで偽のサイトへ誘導し、クレジットカード番号や個人情報を入力させようというもの。

身分証明書の情報などを入力させられた場合は、なりすまし犯罪に巻き込まれるおそれもあるので、細心の注意が不可欠です。

◆リンクをたどる前に気を付けたいこと

Appleを装ったフィッシングメールの多くは、以下のパターンに当てはまります。

【Apple IDロック型】
よくあるのが、「ご利用のApple IDがロックされています」「Apple IDのパスワードがリセットされました」「Apple IDアカウントを回復してください」「あなたのアカウントは閉鎖されます」といったタイトルのメールです。

本文中にあるURLまたはリンクをたどった先の偽サイトでは、Apple IDやパスワード、その他個人情報の入力を促されます。

厳重なセキュリティが売りなだけに、疑いをもたない人もいるのだとか。

【iTunes Store/App Store請求書型】
Appleが発行する領収書を模したフォーマットで届くフィッシングメールも。覚えのないコンテンツの購入履歴と、それをキャンセルするためのリンクが埋め込まれており、本物そっくりな偽サイトで個人情報の入力を促されるというもの。

いずれの場合も、偽のフィッシングサイトへ誘導するという典型的な手口を使っていますが、正規メールかどうかの確認が取れるまでは、絶対にリンクをたどらないようにしてください。

◆正規メールの見分け方

Appleからの正規メールはいくつかの見分け方があります。

(1)AppleからのメールはApple IDに紐づけたアドレスにしか届かない
Apple IDと無関係なアドレスに届いた場合は間違いなく偽メールなので、そのままゴミ箱へ捨ててしまいましょう。

(2)Apple以外のサイトへのリンクが掲載されたメールはすべて偽物と考えていい
Appleのサイトのアドレスには、「apple.com」「iCloud.com」が入っていますが、なかには「store.apple.com」のようなページも存在します。少しでもあやしいなと感じた場合は、検索サイトで調べてから判断するようにしてください。

(3)Appleが個人情報の入力が必要なアカウント関連の操作をメールで促すことはない
クレジットカード番号、クレジットカードのCCVコード、社会保障番号などの機密情報はもちろんのこと、パスワードや母親の旧姓などの入力を求められても、絶対に送信しないでください。

万が一判断がつかない場合は、メール画面のスクリーンショットを撮影し、Appleに問い合わせてみてください。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+

あなたにおすすめの「関連記事」

人気記事ランキング

本サイトに記載されているブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。

@niftyのおすすめ
インターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+
人に教えたくなる! 家電小ネタ帳