本文へジャンプします。

WEB・インターネット
すぐサイズアウトする子供服をレンタル&シェアできる「KIDSROBE(キッズローブ)」が超便利!
ネット&専用アプリを活用した子供服レンタル&シェアサービス「KIDSROBE」(キッズローブ)が、ママさんたちの間で注目されています。子育て世代の皆で子供服を共有できる新たなシェアリングプラットフォームとは、どのようなサービスなのでしょうか。

◆月額980円で子供服を8着までレンタル

メルカリなどのフリマサービスや、ヤフオクなどのオークションサイトで子供服のジャンルを見ると、「サイズアウトのため出品します」という服の多さに驚かれるかもしれません。

成長とともに、すぐにサイズが合わなくなってしまう子供服の悩みは、子育て世代に共通した悩みともいえます。買ってもすぐに着られなくなってしまうと、ついつい購入を手控える機会も多いのでは?

そうした子育て世代の強い味方となってくれるのが、子供服のレンタルサービスでしょう。

たとえば2018年秋からサービスを開始した「KIDSROBE」なら、月額980円(税込)で3~5歳の子供服を8点までレンタルOK。配送料400円も必要ですが、購入することを思えば格安で子供用ワードローブを拡充できます。

◆「KIDSROBE」なら使わなくなった子供服のシェアが可能

この「KIDSROBE」で面白いのは、自宅で眠っている子供服を送ると、次回レンタル時に借りられる服が増えるというシステム。つまり、単なるレンタルではなく、子供服のシェアサービスなのです。

昔は、「おさがりとして地域や町内会などで融通しあうのが当たり前」だった子供服。「捨てるのはもったいない」「せっかくなら誰かに活用してほしい」というママさんたちの想いを、具体的にシステム化したわけです。

サービスを立ち上げたのは、国内外で約1,300店のファッションカジュアルチェーンを展開する「アダストリア」。あまり聞き覚えがないかもしれませんが、「グローバルワーク」、「ローリーズファーム」、「ニコアンド」、「タディオクリップ」など、ショッピングモールでよく目にするブランドを展開する企業と聞けば、「なるほど」なのでは?

◆不要な服のシェアで借りられる服が増加

気になるサービスの内容を、簡単に整理してみましょう。

・月額980円(税込)で8点までレンタル可能
・1回の利用期間は3カ月まで
・10cm刻みで各種サイズが揃う
・洋服を送ってシェアすると、その分だけ次回レンタル数が増える
・破れたり汚れたりして返却できなくなっても、ペナルティはなし
・気に入った服があれば、返却しなくてOKなことも

利用期間の3カ月は、春夏秋冬の季節サイクルを考慮してのこと。四季ごとに8着まで借りられるわけです。

また、上記のようにさまざまな理由から「返却しなくていい」ことも、レンタルやシェアサービスとしては画期的かもしれません。痛みや汚れがつきもので、使用サイクルが短い子供服だからこそ、ありがたいシステムだともいえます。

「次のお子さまにお渡しできるお洋服をご返却ください」という考え方は、まさにシェアの理想形。ほかの人のこと、次に利用する人のことを考えることで、服を大事にする気持ちも生まれるのではないでしょうか。

ちなみに、返却しない服があったとしても、次回は変わらず8着まで借りられます。

借りる服の選択や、レンタルの手続きなどは、専用アプリで簡単に。洋服ごとにサイズや商品状態、あるいはブランドなどが確認できるだけでなく、「いいね」ボタンやコメント機能もあります。

「どの服を選べばいい?」と迷ったときは、「いいね」や他ユーザーのコメントが参考になるはず。ママ友コミュニケーションに近い雰囲気で、楽しみながら子供服を借りられることも、シェアサービスならではの魅力かもしれませんね。

※記事内容は2019年1月現在の情報を基に作成。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+