本文へジャンプします。

スマホ・携帯
【LINE】「リプライ」とは違う?グループトークの便利機能「メンション」の使い方&注意点
LINEのグループトークやタイムラインで便利に使える「メンション」機能ですが、意外に使いこなしている方は少ない? Twitterのメンションと混同してしまうケースもあるようなので、改めて使い方を整理してみましょう。

◆LINEで上手に使い分けたい「メンション」と「リプライ」

さまざまな機能がどんどん実装されているLINEで、使い勝手を大きく左右しそうな機能のひとつに「メンション」があります。「リプライ」との使い分けに混乱しそうなので、まずはメンションとリプライの違いを整理してみましょう。

・メンション:指名した相手にメッセージを送る機能
・リプライ:特定メッセージに引用返信できる機能

Twitterでイメージするなら、LINE「メンション」がTwitter「リプライ」、LINE「リプライ」がTwitter「リツイート」に近い感覚!?

ただ、Twitterのリプライには両方の意味合いがあるため、Twitterを使いこなしている方ほど、LINEで混同しやすいとも言えそうです。

英単語の「mention(メンション)」には、「名を挙げる」「ちょっと触れる」といった意味があり、そこからイメージを膨らませて、「誰かを話題にする」「特定の(指名した)誰かに話しかける」といった機能がメンションだと考えれば、わかりやすいかもしれません。

ちなみに、Twitterでメンションを用いても、会話のスレッド化はできません。リプライならスレッド表示できますから、その使い勝手でメンションとリプライを使い分けても良さそうです。

◆LINE「メンション」の使い方と注意点は?

グループトークやタイムラインでメンションする際は、「@ユーザー名」と入力します。たとえば、

「@ヤマダ ありがとう!」 「ありがとう! @ヤマダ のおかげだよ」

など、文頭だけでなく文の途中でも使えます。メンションしたい相手のユーザー名は、グループトークの場合、その人の「ユーザー名タップ」でメッセージ入力欄に自動挿入されるので、ユーザー名を打ち込む必要はなし。忙しいグループトークでは超便利!(手動入力でもOK)

タイムラインの投稿やコメント欄からメンションする場合は、手動入力が基本。たとえば「@あ」と入力すれば、「あ」で始まる名前の友だちが一覧表示されるため、その中から選択すればOKです。

メンションを受け取る側は、メンションされるとプッシュ通知が届きます。

グループトークはメンション送信者の名前と「メンションされました」という表示、タイムラインは左上のベルアイコンをタップすると確認でき、「****があなたを投稿にタグ付けしました」と表示され、これが「****さんからメンションされました」という意味です。

ちょっと注意したいのは、公開設定。設定が「全体公開」だと、誰でもメンションを見られるため、タイムラインから無関係の人を呼び寄せてしまう可能性があります。

これは、メンションのタップで相手の「ホーム」が開くという、LINEの仕様から起こる問題です。知らない人がメンション送信者を経由して、自分のホームに来てしまうかもしれません。

メンションする際は、公開設定を“友だちのみ”にしておいた方が無難。メンションを送る側が設定を決めるカタチなので、相手への配慮をお忘れなく。

※記事内容は2018年12月現在の情報を基に作成。
※操作手順内の表現はOSや機種、アプリのバージョンにより異なる場合あり。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+

あなたにおすすめの「関連記事」

人気記事ランキング

本サイトに記載されているブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。

@niftyのおすすめ
インターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+
人に教えたくなる! 家電小ネタ帳