本文へジャンプします。

スマホ・携帯
【iPhone】バッテリーはどこで交換すればいい?バッテリー劣化を防止する3つの対策とは?
「iPhoneのバッテリーの減りが早すぎる。でもどこに相談に行けばいいの?」と迷っているうちに、機種変更してしまったという人も多いのでは? iPhoneのバッテリーは、「AppleCare+」の保証対象なら無料で交換できます。まずは契約を確認して適所に相談しましょう。

◆バッテリーの相談はキャリアではなくAppleへ

iPhoneのバッテリーの交換は、基本的にキャリアショップや販売店ではなく、以下の場所へ問い合わせをする必要があります。

1. Apple Store直営店(Apple Store直営店一覧
2. iPhoneの修理ができる「Apple正規サービスプロバイダ」から「サービスとサポート」→「iPhone」→「バッテリーと充電」→「バッテリー交換」→「持ち込み修理」へ)
3. Apple リペアセンターから「サービスとサポート」→「iPhone」→「バッテリーと充電」→「バッテリー交換」→「配送と修理」へ)

1と2は直接持ち込みが可能で、基本的にはその場で交換してもらえます。3へ配送した場合は、5日間ほどかかります。

au、ドコモ、ソフトバンクの一部店舗でも対応はしていますが、その場で交換してもらえる可能性があるのは、

・au:iPhone・iPad修理取次店3店舗(au SHINJUKU、au SENDAI、au みなとみらい)
・ドコモ:iPhoneリペアコーナーを持つ2店舗(ドコモショップ丸の内店、ドコモスマートフォンラウンジ名古屋)
・ソフトバンク:iPhone・iPad店頭修理サービスを行う2店舗(ソフトバンク表参道とソフトバンクグランフロント大阪)

とごく少数です。

バッテリーを交換する際は、事前にバックアップを実行の上、「iPhoneを探す」をオフにしておきましょう。

◆保証対象ならバッテリー交換は無料

使用中のiPhoneがApple製品限定保証またはAppleCare+の保証対象の場合は、バッテリー交換が無償で受けられます。保証状況やサービス期間は、Apple公式の「保証状況の確認ページ」から確認できます。

バッテリーの劣化状況については、iPhone本体の設定Appで「バッテリー」を開き、「バッテリーの状態(ベータ)」から調べられますが、「最大容量」が80%未満だと、バッテリー交換サービスの対象になるようです。

その場合は「バッテリーの状態(ベータ)」のページにバッテリー交換にまつわる情報が表示されるので、なるべく早めに交換することをオススメします。

ただし、画面のひび割れなどで、バッテリー交換に支障をきたす可能性があると、そちらの修理を優先することになるので、別途料金がかかる可能性も。

AppleCare+などの保証対象外の場合も、iPhone SEまたはiPhone 6以上のモデルなら、2018年12月31日までの間に限り、通常は8,800円かかるところ、3,200円でバッテリーサービスを受けることができます。

これは一時期話題となった、iPhoneユーザーに無断で性能を抑制していたという問題への対応策。期限内なら該当するiPhone1台につき1回、バッテリー交換を受けられますので、年内に交換しておくとよいでしょう。

また、iPhone6sユーザーなら、「iPhone6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラム」に該当する場合、無料でバッテリー交換を受けられるかもしれません。

2015年9月から10月までに製造されたiPhone6sで、購入後3年以内という人は一度調べてみるのもいいでしょう。

◆バッテリー劣化を防止する3つの対策

ここまでiPhoneのバッテリー交換について見てきましたが、最後にバッテリー寿命を長持ちさせるポイントについて、いくつか挙げておきます。

(1)適正温度(※Appleによると16~22°C)を超えた状態で充電しない
(2)充電中はスマホケースをはずすこと
(3)新しい節電技術を利用するため、最新のソフトウェアにアップデート


基本的には上記3つを守ることで、バッテリーの劣化を抑制する効果に期待できます。また、もしiPhoneを長期間使わずに保管する場合は、50%充電した状態で電源を切っておくと、バッテリーの劣化を防ぐのにいいそうです。

なお、iPhoneに使われているリチウムイオンバッテリーには、「充電サイクル」というものがあります。たとえば1日で75%のバッテリーを消費してからフル充電、翌日に25%を消費したとします。この時点で100%の電力を使ったことになり、1回の充電サイクルが完了します。

充電サイクルをこなすような充電を繰り返していくと、どのようなバッテリーでも容量は減るのですが、リチウムイオンバッテリーは充電サイクル完了ごとに減る容量が少ない設計となっています。

また、充電する前には電池を使い切った方がいいという話をよく耳にするかもしれませんが、実は充電の前に完全に使い切る必要はありません。iPhoneの設定を最適化したり低電力モードを使ったりしながら利用することが、最終的にはバッテリーを長持ちさせることになるようです。

こちらの記事「【保存版】iPhoneのバッテリーを長持ちさせる9つの方法」)なども参考にしてみてください。

※価格はすべて税抜です
※記事内容は2018年7月現在の情報を基に作成。

新着記事