本文へジャンプします。

WEB・インターネット
【保存版】インターネットにつながらない! 確認すべき8つのポイントと対処方法[PR]
「昨日までは接続できたのにパソコンがインターネットにつながらない……」なんて経験はありませんか。そんな事態ではパニックになってしまうかもしれませんが、いったん深呼吸して落ち着き、チェックすべきポイントを順番に見ていくのがベターな対処方法です。それでは一緒に解決策を見ていきましょう。

◆インターネットに接続できない…その原因とは?

インターネット接続は、一度設定してしまえばよほどのことがない限りいじることはありませんし、トラブルが起きることもまれ。ただ予期せぬトラブルは何にだって付きものです。

どうしてつながっていたインターネットに接続できなくなるのでしょうか。その原因としては、次のことが考えられます。

(1)パソコンやスマホの問題
(2)ルーターの問題
(3)インターネット回線の障害


このうち3番目に挙げた障害が原因でつながらない場合、これは自分ではどうすることもできません。プロバイダー側の事態収拾を待つしかありません。

それ以外のトラブルが原因の場合、次の方法を状況に応じて試してみてください。

◆あわてる前に試したい! 8つのポイント

・その1【再起動】
まず試したいのが「再起動」。パソコンでもスマホでも、何かちょっと調子が悪いなと感じた際、再起動を試すことから始まると言っても過言ではありません。

パソコンやスマホといった端末の再起動だけでなく、モデムやブロードバンドルーター、モバイルWi-Fiルーターなどの周辺機器も一緒に再起動するのがポイントです。

多くの場合、再起動することで元通りネットにつながるように。不調を感じたら真っ先に試してみてください。

・その2【ケーブルの接続状態】
LANケーブルは、ほんの少しルーターへの差し込みが甘いだけでもネットにつながらないことも。普段触らない部分であり、確認したという思い込みもあることで、急に接続できなくなった際に思い至らない人も多いと思います。再起動と前後して確認してみてください。

なお、ルーターとパソコンなどをLANケーブルで接続している場合、ケーブル先端の爪が折れていないかも要チェックです。折れていたらLANケーブルを交換しましょう。

・その3【モデム・ルーターのランプ色】
無線LANルーターなら「POWER」「WIRELESS」「INTERNET」「ROUTER」といったように、モデムやルーターには状態を示すランプがあります。ルーターが正常に作動していれば、一般的にPOWERランプが「緑」に点灯。点滅や点灯色が異なるとトラブルが起きている可能性が高いです。再起動をかけ、緑色に戻らなければルーターの故障も疑ってみてください。

・その4【無線LANスイッチ・Wi-FiのON/OFF】
ノートパソコンやスマホ、家庭用ゲーム機などを無線LAN・Wi-Fiで接続している人は、該当スイッチがオンになっているかを確認。LANケーブルを使った有線接続でネットが使えている場合、たとえばスマホのWi-Fi機能がオフになっていた……なんてことはよくあることです。また、スマホなどでは「機内モード」が間違ってオンになっていなかも確認しましょう。

・その5【特定の機器だけが接続できない】
パソコンまたはスマホだけインターネットにつながらないといった状況では、まず再起動やモデム・ルーターなどの状態を確認します。それでも解消しなければ、「SSIDが正しいかどうか」を確認してください。SSIDとパスワードWi-Fi使用時に設定するもので、無線LANルーターに貼られたシールなどに記載されています。入力ミスがないか、また間違ったSSIDのWi-Fiを接続先に選んでいないかをチェックしましょう。

・その6【エラーメッセージ】
ネット閲覧中、ブラウザに数字で表現されたエラーが表示されることがあります。エラーメッセージ(エラーコード)ごとに対処方が異なります。代表的なものを挙げてみます。

・400:不正リクエスト。表示された際は別ブラウザで開き直すか、Cookieやキャッシュをクリアしてください。
・401:認証エラー。パスワード入力が必要なサイトで入力したパスワードが間違っている場合や、閲覧権限がないサイトなどで表示されます。パスワードとID、閲覧権限の有無を確認しましょう。
・403:アクセス禁止。サイト側で閲覧が禁止されている場合や、サイトがダウンしているケースで表示されます。
・404:アクセスしたページが存在しないときに表示。ユーザー側に問題はありません。
・408:タイムアウト。アクセスに時間を要し、サーバ側で定めた通信時間を越えた際に表示されます。別サイトに接続できるか、Wi-Fi電波の状況などを確認してみてください。

・その7【料金の未払い】
口座振替やクレジットカード払いであれば起きにくいですが、料金の未払いや滞納により回線が止められてしまう可能性もゼロではありません。この場合、支払い完了でネット通信が復活しますが、払い忘れには十分注意しましょう。

・その8【プロバイダーのメンテナンス】
ここまでの対処方を試してもつながらない場合、プロバイダーや回線に問題があると推測できます。その中の多くはサーバーメンテナンスや不具合が発生している状況ですので、時間がたってからつないだり、スマホのモバイル回線を使って障害情報を集めたりなどしましょう。

またプロバイダーではインターネット接続に関するトラブルシューティング、たとえば「@nifty 会員サポート」なら「インターネット接続トラブルの解決」のように、解決法をまとめているページがありますので、参考にするのもいいでしょう。

◆インターネット回線の見直しもあり!

今回はネットに接続できない際の解決法を中心に解説してきましたが、最後に回線自体の見直しという点にも触れておきます。

皆さんが今使っているインターネット回線はどうやって契約しましたか? 以前から使っていたから、パソコンやスマホを購入する際に勧められて、という人も多いでしょう。

もちろんそれも十分なサービスを受けられますが、“自分に適したネット回線契約”と言えるでしょうか。契約を見直すことでトラブル発生率を下げ、さらに料金もお得に使えるとなれば、回線の見直しの効果にも期待できるというものです。

特に現在「フレッツ・ADSL」ユーザーの方は要注意です。2023年にはサービス終了が発表されていますので、光回線などへの乗り換えが欠かせません。

そうなると利用したいのが光コラボです。プロバイダーと回線サービスを一体化させることで、スマホとのセット割引などお得なサービスを受けられる契約です。たとえば、auスマホユーザーなら「auひかり」、ドコモスマホユーザーには「ドコモ光」といったように、普段からよく使うスマホとセットになる光コラボを活用すれば、1カ月の通信費を節約できる可能性が高まります。

最近では光コラボの“再転用(乗り換え)”が可能になったので、携帯キャリアの変更に伴って光コラボも変えたい、速度改善が期待できる「IPv6」が気になると考えている人なら、たとえば「@nifty光」のように、お得なサービスを受けられるプロバイダーへ簡単に乗り換えることができてしまいます。

インターネット回線は毎日使います。ちょっとしたトラブルは自力で対応しつつ、サポートやサービスが充実している回線を使いたいものですね。

▼ @nifty光の割引特典を今すぐチェック ※記事内容は2019年9月現在の情報を基に作成。

@niftyのおすすめインターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+

あなたにおすすめの「関連記事」

人気記事ランキング

本サイトに記載されているブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。

@niftyのおすすめ
インターネット接続サービス

  • @nifty光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • WiMAX2+
人に教えたくなる! 家電小ネタ帳