サイト内検索

オンラインマニュアル

ホームページを利用する

SSL(暗号化通信)を利用する

SSLを設定する

利用方法

FTPサーバーに接続すると、ルートディレクトリ配下に「https_root」ディレクトリがあります。
この「https_root」内に転送されたhtmlファイル、CGIファイル、画像ファイルは自動的にSSLによる暗号化の対象となります。

[ルートディレクトリ]
          ┃
          ┗/ doc_root  /
          ┃
          ┗/ https_root/     ※SSL環境※ 

FTPサーバーに接続します。

ルートディレクトリ配下にある「https_root」ディレクトリに移動します。

※FTPソフトで、接続時のディレクトリを「/doc_root」とされている場合は、接続後、ルートディレクトリに移動した後、「https_root」に移動してください。

「https_root」ディレクトリにSSL対応したいファイルを転送します。

ブラウザーでURLを指定し、表示を確認します。

【SSL対応のURLの例】

https://ユーザー名.sslwww.jp/ファイル名
  • httpsから始まるURLとなります。
  • ユーザー名の部分はお客様ごとに異なります。
    Web管理者ページにログインし、アカウント情報から「共用SSL URL」の欄をご確認ください。
  • ファイル名は、「https_root」内に転送したファイル名を指定してご確認ください。
参考

@nifty提供のメールフォームなら、SSLを使用したアンケートフォームを設置できます。