本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
今さらだけど、格段に作業が早くなるWindowsショートカットキー厳選10個+α
「できるWindows使い」になるための第一歩が、ショートカットキー。「今さら聞けない*個のショートカットキー」といった記事を目にする機会は多いだろうが、その「*個」のジャンルが多様すぎ、結局どれを覚えればいいのかわからないケースも多いのでは? 

そこで、あえて言います。「ドライブやフォルダ移動を伴う作業はマウスのほうが早いので、その類のショートカットキーは不要!」。PCの用途により、5~10個程度も覚えれば十分という前提で話を進めたい。

ライター稼業の筆者は、テキストエディタやワープロソフトを使った文章制作がPC利用の中心だ。なので今回は、「テキストやドキュメントファイルの作業に限定したショートカットキー」編。

頻繁に使うコピペ(コピー&ペースト)では、[Shift]+上下左右キーで部分選択した後、

1:[Ctrl]+C:コピー
2:[Ctrl]+X:切り取り
3:[Ctrl]+V:貼り付け
4:[Ctrl]+Z:やり直し(一段階前の状態に戻る)

この4つは基本中の基本で、駆使すれば作業効率は見違えるほど上がる。

他にも[Ctrl]+*のショートカットキーは多く、

5:[Ctrl]+A:全選択
6:[Ctrl]+F:文字列検索
7:[Ctrl]+N:新規ウインドウを開く
8:[Ctrl]+O:ファイルを開く
9:[Ctrl]+P:印刷
10:[Ctrl]+S:上書き保存(「名前を付けて保存」の場合は[Alt]+F→[Alt]+A)

なども使える技だ。
と、ここまでで10個。

ちょっと面白いのは、[Ctrl]+左右キー

文章内の句読点・漢字・ひらがな・カタカナ・記号などの区切り毎に、カーソルが飛ぶ(←:戻る、→:進む)。日本語と英文やカナが混在する文章では、便利かもしれない。

ちなみに[Ctrl]+上下キーでは、カーソルのスクロール間隔が増す(Wordなら改行毎、秀丸エディタなら5行毎)。

最後に[Ctrl]系以外もあげておくと、重要なのが[Windows]+L

これは「PCをロックする」コマンドで、モニターがパスワード要求画面に切り替わるため、画面を見られたくないときも即座に消せるので覚えておくと安心です!

新着記事