本文へジャンプします。

スマホ・携帯
iPhoneの履歴の削除方法はここをチェック!Safari閲覧履歴やGoogle検索履歴ほか
通話やメール、Safariの検索・閲覧、位置検索といったiPhoneの操作履歴が“火種”となって、トラブルが生じることもなきにしもあらず。そんな事態に遭わないためにも、履歴のチェック方法や削除の仕方を知っておこう。

◆履歴はココまで見られる可能性が!

通話履歴や見られて困るメールは削除したから大丈夫! と安心してもいられないのは、iPhoneの奥深さゆえ。消したはずの履歴がとんでもないところに残っている場合もあるので要注意だ。

たとえば留守番電話。docomoやau、SoftBankなどのキャリアの有料留守番電話サービスを利用していると、留守番電話再生画面の右下に、「削除」というボタンが表示される。聞き終わったメッセージはここを押して消去すればOK……。

と、これで削除されたと思ったら間違い。削除の下に表示されている「削除したメッセージ」を開き、右上にある「すべてを消去」を選択するまでは、完全消去されないので注意が必要だ。

メールも同じ。不要なメッセージをゴミ箱に入れても、アカウントごとに用意されたゴミ箱を空にしなければ簡単に盗み見ることができてしまう。

ほかにも思わぬところから履歴のチェックが可能な場合があるので、ひとつひとつ確実に消していこう。

◆各アプリの履歴はココで削除!

それでは、よく使うアプリの履歴の消し方をまとめていく。

・電話(発信・着信履歴)
「電話」→「履歴」から、消したい電話番号や登録名の上で左へスワイプすると1件ずつ消去できる。一気に全履歴を消したいのであれば、

「電話」→「履歴」→右上の「編集」→左上の「消去」

と操作すればOK。ちなみに、ここで左側の「-」マークを選んで1つずつ削除することも可能だ。

・メール
(1)メールボックスから「アカウント」を選んで「編集」→「件名選択」→「ゴミ箱」へ
(2)再びメールボックスへ戻り、たった今操作したアカウントのゴミ箱をタップ
(3)「編集」→右下の「すべてを削除」で消去完了

・Safariの閲覧履歴
(1)Safariを起動し、右下のブックマークから「履歴」をタップ
(2)1つだけ削除する場合は、消したい項目の上で「左スワイプ」→「削除」ボタンのタップで完了

まとめて削除する場合は、画面右下の「消去」をタップし、「直近1時間」「今日」「今日と昨日」「すべて」の中からひとつを選択しよう。

・Safariの検索履歴
各検索エンジンの履歴の削除手段で手っ取り早いのは、GoogleやYahoo!からログアウトすることだが、ログインしたまま作業する場合は、

「設定」アプリを起動→「Safari」を選択→「履歴とWebサイトデータを消去」をタップすればいい。

ただし、消去を実行すると履歴以外にもCookieや、その他ブラウズデータといった、よく閲覧するWebサイトをすばやく表示させるためのデータまで削除されてしまう。

簡単に説明するなら、ショッピングサイトで見かけて、取りあえずカートに投げ込んでいた商品のデータまで削除されてしまうということだ。

それが嫌なら各検索エンジンサイトを表示しそれぞれのサイトごとに検索履歴を削除していこう。以下、主要な検索エンジンでの消し方を紹介する。

Google:表示される検索ボックスをタップ→直近の検索履歴が表示されるので検索ワードの右に表示されている「×」をタップ→「OK」をタップ

Yahoo:表示される検索ボックスをタップ→「検索履歴を消去」をタップ→「検索履歴を消去してもよろしいですか」と表示されるので「OK」をタップ

・マップの履歴
検索窓の下に履歴が並んでいるので、消したい項目を左スワイプ→削除で消していこう。 Googleマップを使っている人は、検索窓左側の三本線をタップ→「設定」→「マップの履歴」→1つずつ、または日付単位で削除していくしかない。

◆マルチタスク画面など見落としがちな履歴もチェック

マルチタスク画面も注意したい。近々に使っていたアプリを隠すためにも、アプリはマメに終了しておきたいもの。方法は、ホームボタンを2度押し→各ウィンドウを上方向へスワイプするだけと簡単だ。

各SNSに関しては、ログアウトするかアプリごとアンインストールしてしまうしかないだろう。LINEの場合はパスコード設定が可能だが、“パスコードを設定した=見られたくない”と相手に思われ、火に油を注いでしまう可能性もある。今どきLINEを使っているのはもはや当たり前となりつつあるので、変に隠すよりは、見られて困るトークや友だちをあらかじめ左スワイプで削除しておく方が無難かもしれない。

また、同じApple IDを複数デバイスで使用し、iCloudへ自動バックアップを行っている場合、iPhoneのSafariで検索した履歴が他のデバイスのSafariにも表示されてしまう。見られて困る履歴がある場合は、iCloudからログアウトするのも一手だ。

履歴は便利な一面がある一方で、個人情報の宝庫であり、親しき仲でも見られたくないものもある。紹介した方法を活用して、しなくてもいいもめ事は避けたいところだ。

※記事内容は2017年9月現在の情報を基に作成。

新着記事