本文へジャンプします。

ガジェット
速度や利便性が大きく変わる、多種多様なLANケーブルの選び方
規格が多種多様なLANケーブル。「何を買えばいいのか」と、量販店の店頭で途方に暮れた経験をお持ちの方も多いはず。種類は? 違いは? 速度差は? など、今さら聞けないLANケーブルの規格を整理してみよう。

◆現在の主流“ギガビット”に対応するLANケーブルは?

LANケーブルにはいくつかの種類・規格があり、それぞれ通信速度が違うことは皆さんも御存知だろう。せっかく高価なルーターやHUBを利用しているのに、規格外のLANケーブルでは宝の持ち腐れになってしまうのだ。

とはいえ、「CAT」「BASE-T」といった単語が羅列するLANケーブルの規格は、わかっている人でも時に混乱しがちなもの。「CAT」はLANケーブルの規格、「BASE-T(ベースティー)」はLANの通信速度規格なので、その相関関係を整理してみよう。

・【CAT5】…通信速度:100Mbps。「100BASE-T」
数年前まで広く流通していた低速規格で、価格も安価。最近は目にする機会も減ったが、セール品など安価な無線LANルーターやハブには、100Mbpsしか対応していない製品も少なくない。

・【CAT5e】【CAT6】…通信速度:1Gbps。「1000BASE-T」
1Gbpsまで対応し、「ギガビット」とも呼ばれる現在の一般的な規格。CAT5eとCAT6の違いは、ケーブルの形状。理論上はCAT6のほうが上位(高価)だが、何台ものサーバーを連ねる環境でない限り、明確な速度差は生じない。

・【CAT6A】【CAT6E】【CAT7】…通信速度:10Gbps。「10G-BASE-T」
「10ギガビット対応」などと記されている製品の適合規格。最速だが高価なので、企業のサーバー用途などに使われる。CAT7は二重シールドや接合部の金メッキ処理など、ノイズ対策を強化した最上位規格。

ちなみに、「CAT」は「カテゴリー」の略称。商品パッケージに「カテゴリー5e」と表記されている製品は、「CAT5e」を意味する。「CAT」の後の数字が大きくなるほど上位規格で、通信速度も速くなると覚えておこう。

◆LANケーブル選びに迷ったら高コストパフォーマンスの「CAT5e」がオススメ

「BASE-T」規格には「10BASE-T」もあるが、こちらは過去の下位規格。通信速度も10Mbpsと激遅なので、LAN環境内に混じっているようなら、上位規格に交換しよう。

というのも、LANの通信速度は「もっとも遅い製品に足を引っ張られる」からだ。

たとえば、ギガビット=1000BASE-Tのルーターやハブに1本でもCAT5(100BASE-T)のLANケーブルがつながっていると、LAN全体の通信速度が100Mbpsしか出なくなってしまう。

逆も然り。1000BASE-Tのルーターやハブに、CAT6A以上のLANケーブルをつないでも通信速度は1Gbps止まり。ただ、ルーターやハブが上位規格製品に変わる将来性を考えると、無駄な投資とはいえないかも?

最近のLANケーブルは、ケーブル部に「CAT.5E」などカテゴリーが印字されている製品も多い。後から判別するのは不可能に近いため、印字がない場合は、マジックなどで「CAT*」などと書き込んでおこう。

また、「CAT」「カテゴリー」「BASE-T」のほかに、LANケーブルの製品パッケージに「UTP」「STP」などの表記がある場合も。こちらは、ノイズ対策の有無を意味する。

・UTP…特にノイズ対策はされていないが、一般家庭や小規模LANなら問題なし。CAT6までのケーブルは大半がUTP。

・STP…内部がアルミ箔でシールドされ、ノイズに強い。高価なCAT7製品はSTPが原則。

ここまで把握できていれば、店頭で悩むこともないはず。現状では、「迷ったらCAT(カテゴリー)5e」と覚えておけばいいだろう。価格もこなれているので、コストパフォーマンス的にもオススメだ。

新着記事