本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
最近のノートPCを思う存分スリープ状態で持ち運んでいい理由
ノートPCを起動すると、カリカリと本体の中から音がしてきたのは昔の話。現行機種の多くは、記憶装置がハードディスクドライブ(HDD)から衝撃に強いソリッドステートドライブ(SSD)に変化している。その違いをきちんと把握すると、ノートPCの使い方自体が変化するはずだ。

◆モバイル機器の内蔵ドライブは衝撃に弱いHDDから衝撃に強いSSDへ

PCといえばHDDが必須というのは、昔の話。今はSSDと呼ばれるソリッドステートドライブが主流だ。

つい最近まで大容量SSDは数十万と高価だったため、上位機種でないと搭載されない場合が多かったが、近年は価格がこなれて、持ち運びを前提としたノートPCおよびタブレットもSSDを内蔵することが多くなった。

HDDは、内蔵した円盤状のディスクをさながらレコードプレーヤーのように針で読み込む仕組み。カリカリという音は、この針がディスクに当たる音だ。

従っていろいろ対策は取られているものの、どちらかというと衝撃には弱い。針が衝撃でずれて傷を与えてしまえば、いわゆる“ハードディスクがとんだ”という故障状態になることも多い。

また常にディスクを回転させていなければならず、動力部の故障リスクも無視できない。回転を与えるための電力も余計に必要だ。

その点SSDの構造は「フラッシュメモリー形式」であり、USBメモリーなどと同じく、内蔵しているメモリーチップで読み書きが行われる。

つまり、データを読み取るための針は必要なく、書き込みも読み込みもHDDと比べて圧倒的に早い。

そして、なによりの特長が回転部品を必要としないので電力消費が少なく、HDDよりも衝撃にも強いということ。バッテリー持続時間がキモになるモバイルPCがSSD主体に切り替わっていったのは当然の流れだろう。

◆SSDなら、スリープ状態で持ち運ぶことが可能

モバイルPCをスリープ(スタンバイ)か休止状態のいずれかで持ち運んだ場合、スリープ状態は読み込みの針をしまいこむので安全だが復帰に時間がかかり、休止状態では針がディスクに近接した状態となり衝撃を与えるのは非常に危険、と、帯に短し、たすきに長しな選択を迫られる。

従って、HDD搭載のノートPCは、電源をシャットダウンして持ち運ぶことを推奨していた。これでは、せっかく携帯できるのに不便でしかたがない。

その点SSD搭載ノートPCなら、スリープおよび休止状態どちらで持ち運んでもよい。復帰もディスプレイの反応速度の方が気になるくらい高速。開け閉めとスリープ解除を連動させておけば、移動中でも一瞬のうちに作業が再開できる。

ちなみに、スリープと休止状態の差は、スリープだと復帰は早いが消費電力が多く、休止状態だと、消費電力が少ないが、復帰にほんの少し時間がかかるという点だ。これからどういった使い方をするかを想定して、上手に切り替えながら使っていこう。

◆多少雑に扱っても問題ないが、その他の部品が壊れるリスクを忘れずに

移動中に手が滑って落としたとしても、SSDが故障するリスクは少ない。極端な話、振り回しながら使っても問題ないが、そんなことをする人はいないと思う。

むしろそうした荒っぽい活用で問題になるのは、その他の部品。丈夫になったといってもやはり電子機器。水には弱いし、落としたときもSSDは無事かもしれないが、デリケートなディスプレイ画面に亀裂が入る可能性は大いにある。

それでも開けばパッと作業が開始できる上、画面だけをオフにしたスリープ・スタンバイ状態で持ち運べるのは非常に便利。衝撃もあまり気にせずに使えるのは、画期的だ。

作業効率を高めること確実なSSD搭載ノートPC。もしいまだにHDDモデルを使っているのなら、一刻も早く乗り換えることをオススメする。

新着記事