本文へジャンプします。

スマホ・携帯
使い慣れたLINEで気軽に英語を翻訳する方法
世界中の情報にアクセスできるインターネットの主流言語は、やはり英語。より多くの情報を入手するには英語のスキルはどうしても必要となってくる。翻訳ソフトなどを購入して使用するという手もあるが、コストもかかるし、使い方を覚えるのも面倒だ。ところで、普段愛用しているSNSツール「LINE」に翻訳機能があることはご存知だろうか。

◆「LINE英語通訳」を友だち登録すれば翻訳機能を利用できるように

LINEの翻訳機能を使用するためには、まずLINEアプリを開いて「LINE英語通訳」などで検索するか、「友だち追加」から「おすすめの公式アカウント」へと進み、「CATEGORY」タブ→「LINEサービス」とたどっていき、通訳系のアカウントを見つけよう。

目的のアカウントが見つかったら、あとは通常の友だち追加と同じ要領で追加すればOKだ。使い方も難しいことはまったくなく、トーク画面に移り“話しかける(知りたい言葉を入力して送信する)”だけで、入力した文章などを翻訳して返してくれる。

英字新聞や洋書、洋雑誌で見かけたわからない単語や文章を入力すればサッと意味を知ることができるのはもちろん、英語の勉強中に簡単な辞書代わりに活用できたりも。もっとも長文になってくると精度が落ちてくるので、あくまでニュアンスを知る程度に留めよう。一般英会話で出てこないような単語が頻出する論文などの英文を翻訳するには、やはり英語の地力を鍛える方が確実だ。

◆外国人の友だちができたときも、LINEでコミュニケーションが取れる!

また、なによりもそのレスポンスの速さがありがたいところ。英語から日本語への翻訳だけでなく、逆に日本語で話しかけると英語で返してくれる機能があるので使い勝手がいい。ちょっとした英語圏への海外旅行に役に立つ機能だ。日本語が通じない相手と会話するときなどには非常に重宝するだろう。

近年はグローバル時代。外国人と知り合う機会も多い。そして困るのが、その後のコミュニケーションではないだろうか。コンタクトを取り続けたくても、電話やメール、SNSで連絡をするときに言語の壁が立ちはだかる。

そんなときに「LINE英語通訳」を役立ててみよう。LINEでやり取りする場合に限られるが、外国人の友人とのグループトークに「LINE英語通訳」招待することによって、各々の会話がリアルタイムに翻訳されていくのだ。

LINE上でほとんど同時通訳感覚で活用できるのがすごい。これなら英語圏の友人ができたとしても普通にLINEでのコミュニケーションが可能になる。かなり画期的な機能なので、一度使えば感動するはず。

ちなみに、この「LINE英語通訳」は、他にも韓国語バージョンや、中国語バージョンもあるので、アジアの人々とのコミュニケーションもラクになるはず。グローバルにLINEでやり取りしたいなら、ぜひ活用したい。

※記事内容は2016年12月現在の情報を基に作成。

新着記事