本文へジャンプします。

通信
プロバイダの違約金に工事費は?「光コラボレーション」の“デメリット”を解消!
高速なインターネット通信を、これまでより月々の通信費を安く利用できるという「光コラボレーション(光コラボ)」は、多くのメリットがあるサービスだ。しかし、本当にそれほど良い事尽くめなのだろうか。光コラボの評判や口コミなどを検索していて気になるポイントを検証する。

◆光コラボに転用してもプロバイダ解約の違約金が発生しないケースあり

光コラボは、NTT東日本/西日本の両社が全国展開している光回線「フレッツ光」の回線速度や品質はそのままに、月額料金をより安くできたり、スマホとのセット割引といった付加価値を受けられるサービス。

しかし、「そんな甘い話があるはずがない」と利用していない人がいるのは、せっかく通信費を節約できるチャンスがあるのにもったいない。光コラボの“デメリット”と言われているポイントを、ひとつひとつ解消していこう。

まず気になるのが、光コラボに乗り換え(※「転用」という)することで、現在利用中のプロバイダはどうなるのかということ。契約プランによっては途中解約のため違約金が発生するのかどうか。そもそもプロバイダを解約する必要があるのか?

光コラボに切り替える場合、「利用中のプロバイダを解約しなければいけない」と思い込んでいる人も多いだろうが、実は勘違い。現在使っているプロバイダが光コラボを提供していれば、もちろん同じプロバイダを使い続けられるし、そうであれば契約解除料金(違約金)などは不要となる。

違約金が必要となるのは、光コラボ転用に伴ってプロバイダを変更した場合。違約金は3,000~1万円が相場で、ユーザーからすればデメリットだ。しかし、スマホでも当たり前となっているように、一定の契約期間(※2年縛りなど)を設ける代わりに光回線を安く使えるというメリットがあるのも事実。

契約期間や乗り換え月などをチェックしておけばデメリットを解消できるはずなので、しっかりと計算しておけば、違約金なしでよりリーズナブルなプロバイダに変更ということも可能だ。

◆光コラボ転用の工事費は原則的にはかからない

もうひとつ、料金面で気になる点としては回線変更による「工事費」がある。これは現在、どのような回線を利用しているかがポイントで、フレッツ光回線を利用しているユーザーなら回線をそのまま利用できるため、原則的に工事は不要。

ただし、利用中のフレッツ光の回線品目を変更(※速度の変更など)、またはホームタイプからマンションタイプへ変更するといった場合は工事が必要となるケースも。また、フレッツ光契約時の回線工事費を分割で支払っていて残金がある場合は、転用先の光コラボ事業者で引き続き払うことになる(※条件付きで残額免除や減額なども)。

ちなみに、フレッツ光の回線利用料金における定期契約割引は、契約更新月以外で解約すると解約金が発生してしまうが、光コラボサービスへの転用に限り、期間を問わず解約金が免除されるので、現在ユーザーの方は確認してみては。

また、光コラボへの転用時には事務手数料が発生するが、多くのプロバイダが事務手数料が無料になるキャンペーンなどを行っているので、初期費用を抑えたい人はチェックしておきたい。

◆フレッツ光が提供するポイント制度には注意が必要!

いくつか懸念材料はあると思うが、今のところそれほど大きなデメリットは発生しなさそうに見える。そんな中、フレッツ光を利用していた人に注意してほしいのが、NTT東日本「フレッツ光メンバーズクラブ」、NTT西日本「CLUB NTT-West」によるポイントだ。

利用額に応じたポイントが毎月貯まっていき、さまざまなアイテムと交換できるポイントプログラムだが、光コラボに転用すると、基本的にはポイントを利用できなくってしまう! せっかく貯めたポイントをみすみす手放してしまわないためにも、転用前にポイント交換を行ってしまおう。

なお、CLUB NTT-Westの会員で、所定の条件を満たしているユーザーは、光コラボの提供開始に伴って新設されたCLUB NTT-West会員ランクである「光ウィズ会員」になることができ、引き続き保有ポイントを有効期限まで使えるようになる。だが、今後のポイントの付与はないので早めに使ってしまうに越したことはないだろう。

◆一度光コラボへ転用すると新規契約以外では再転用は難しい

光コラボに転用したものの、「フレッツ光に戻したい」「他の光コラボサービスに乗り換えたい」と考える人もいるかもしれない。が、2016年11月現在、光コラボからフレッツ光への転用は残念ながら行えない。

もし、どうしてもという場合は現在の光コラボ契約を解約してから、再び新規契約をすれば再転用は可能だ(※解約手数料や新規事務手数料などが発生)。

なお、利用開始前なら転用をとり止められる場合もある。コラボ事業者からIDやパスワードが届いても入力さえしなければキャンセルできたり、転用に必要な「転用承諾番号」を再度取り直せば以前に取得したものは無効となるため、キャンセルできるケースも。

とはいえ、面倒な手続きは一度ですませたいもの。光コラボに転用する際は、気になるポイントなどをよく吟味し、納得してから行うほうが気が楽というものだ。

◆光コラボ転用で安くなるのが基本だがあまり変わらないレアな状況も

ほかにも光コラボへの乗り換えでプロバイダが変わると、今まで使っていたメールアドレスは基本的には使えなくなるが、月額200円程度を支払えば今までのメールアドレスを継続利用できるプランがあるプロバイダは多い。このあたりは安心してもいい。

最後に必ず覚えておいてほしいのが「基本料金が確実に安くなるわけではない」ということ。一般的に、光コラボに転用することでインターネットの月額料金が下がるのは事実だが、ごくまれに、特に「集合住宅」に住んでいる人はこのケースが当てはまらない場合がある。

フレッツ光には「戸建て向けプラン」と「集合住宅向けプラン」があり、アパートやマンションのような集合住宅では設備をシェアすることでリーズナブルな月額料金で提供している場合が多い。そのため、「フレッツ光+プロバイダ」のセットで利用したほうが安くなるケースが出てくることも。

光コラボだから安くなるというのは間違いではないが、自分の生活環境やインターネットの利用状況など、ライフスタイルに合わせて現状の料金と転用した際の料金などを確認するのが重要。光コラボを賢く利用して節約してみては。

新着記事