本文へジャンプします。

ビジネス・経済
調べものだけではもったいない! Googleでショッピングの最安値を検索する方法
ネットでショッピングをするとき、大方はAmazonや楽天市場といったインターネットショッピングモールなどで検索し、最安値の商品を手に入れることだろう。より安さを求め、価格比較サイトも活用するかもしれない。ところで、「Google検索」でも最安値が調べられるのをご存知だろうか。

◆Googleの検索結果に表示される「ショッピング」に注目!

たとえば冷蔵庫や椅子といった商品名でGoogle検索をかけてみよう。すると、検索結果の最初に「○○のGoogleショッピング検索結果」と表示されることがある。それがGoogleのショッピング機能で、クリックすればショッピングページにアクセスできる。

もし出てこなくても、検索窓直下にある「すべて」や「画像」といったタブ中に、「ショッピング」というタブがあるので、そこをクリックすれば同じくGoogleショッピングにアクセスが可能だ。

オンラインモールで価格を調べる場合、AmazonならAmazon内、楽天市場なら楽天市場内と、各サイトに出店しているショップから調べることになり、インターネット上の最安値を知るのは難しい。

一方、価格比較サイトは幅広いショッピングサイトを網羅しているが、そこに登録されていない商品は調べることができない。

◆ECサイトの横断検索が可能なGoogleで最安値を見つけ出す

オンラインモールと価格比較サイト、共に一長一短あるが、ネット上の最安値を知るなら、あらゆるショッピングサイト・ECサイトを事実上の完全網羅で横断検索できるという点で、Googleに分があるようだ。

ただし、そのまま商品名で検索しただけでは使い勝手が悪い。Googleショッピング画面に移動したら、そこから絞り込みをかけていきたい。

もっとも手っ取り早いのは、リストの上に表示されている「並べ替え」タブを使った絞り込み。この中から「価格が安い順」をセレクトすれば、一気に価格が安い順に並び変わる。

たとえば「USBハブ」などの品名で検索するとたくさんの候補が出てくるが、並べ替えタブを使うことで、たちどころに最安値がわかるはず。ちなみに、並べ替えでは「レビュースコア順」というものも選べるので、実際に利用しているユーザーの評価が気になるときは、評価順にしてみるのも役立つだろう。

◆ Googleショッピングの分類フィルタを使い商品を安くGET!

ネット上の最安値というだけでなく、特定の価格帯での最安値などを知りたい場合は、ページの左側にある「カテゴリ」や「ブランド」をはじめとした検索結果を絞り込むためのフィルタを活用しよう。

ほしいアイテムに中古商品が存在し、中古でもいいから安く購入したい場合であれば、「中古品」にチェックを入れ、さらに価格帯で絞り込むのも簡単だ。

さらにフィルタの中には「ショップ」という項目もあり、自分がよく利用するショッピングサイト内の結果を優先して表示させることも可能だ。

ネットショッピングは新規のショップを利用しようとすると、会員登録が必要になるなど煩雑になるもの。しかし高額商品になればなるほど、価格差は大きく、そうした手間をかけてでもお得になるケースが多いのもたしか。買い物に悩んだら、Google検索で商品情報を調べるだけでなく、価格調査にも活用してみては。

新着記事