本文へジャンプします。

スマホ・携帯
災害用伝言サービス使ったことはある? 利用法まとめ
 地震や台風、集中豪雨など災害発生時、インターネットを利用して安否情報を確認できるサービス「災害用伝言サービス」。使ったことがある人もいるかもしれないが、改めてサービス内容や利用方法を確認してみよう。

◆災害時の安否確認には「災害用伝言サービス」

 熊本地震の被害も記憶に新しいが、自然災害は他人事などではなく、いつ何時自分の身近で起きるかは誰にもわからない。

 緊急事態に備え、真っ先に考えておきたいのが、家族をはじめとした大事な人たちとの連絡手段。災害が発生すると被災地へ連絡が殺到し、回線がかなり混雑しつながりくくなってしまう。

 そんなときの安否確認などの連絡に利用したいのが、「災害用伝言サービス」だ。

 大手キャリアでは大規模な災害が発生した際、通信の混雑の影響を避けながら家族や知人の安否確認や避難場所の連絡などをスムーズに行うため、災害用伝言サービスを提供している。

 では、実際にはどのように利用すればいいのだろうか。

◆大手キャリアユーザーなら「災害用伝言板」で安否確認

 そもそも災害用伝言サービスというのは、固定電話・携帯電話・インターネットなどで利用できる災害時の連絡手段の総称で、「災害用伝言板」、「災害用音声お届けサービス」、「災害用伝言ダイヤル(171)」、「災害用伝言板(web171)」という通信手段ごとに名称の異なるサービスが用意されている。

 まず「災害用伝言板」は、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが用意しているもので、簡単な操作手順によってテキストメッセージを登録、確認できるサービスだ。

 伝言を登録するには、携帯電話などから災害時に各社公式サイトのトップ画面に表示される災害用伝言板にアクセス。そして、案内から「登録」へと進み、用意された現在の状態に関するいくつかの選択肢(※「無事です」など)の中から近いものをひとつ選び、任意で100文字以内のコメントを入力して、最後に登録ボタンを押せば完了となる。

 なお、相手のメールアドレスなどを設定しておけば、災害用伝言板にメッセージが登録されたことを通知することも可能。仮にメアドを設定していなかったとしても、案内画面から「確認」を選び、安否確認したい相手の携帯電話・PHS番号を入力し「検索」を押せば、登録されている伝言内容を確認できる(確認はPCでも可能)。

 また、災害伝言板サービスは、各キャリア間にまたがってメッセージを検索できる「全社一括検索」機能も用意されている。

◆音声で確認したいなら「災害用音声お届けサービス」を利用

 不要不急の電話やリダイヤルを控えるのが災害時の鉄則ではあるが、どうしても肉声を確認したいということであれば、各キャリアでは「災害用音声お届けサービス」を用意している。

 各社が用意した専用アプリケーション(ドコモ 「災害用キット」、au「au災害対策」、ソフトバンク 「災害用伝言板」など)をスマホなどにインストールすることで、音声メッセージの送信が可能に。現在では、サービスを提供している通信事業者間で音声メッセージの送付ができるようになっている。

 登録できる音声は「1伝言あたり30秒まで」で、1番号につき伝言を20個まで蓄積することが可能。伝言は受信した相手がダウンロードすると削除される仕組みになっている。

 なお、フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)の人は、音声ファイルを受信するとSMSで通知が行われるが、一部機種を除き、メッセージの送信を行うことはできない。

 また似たようなサービスとして、NTT東日本とNTT西日本が提供している「災害用伝言ダイヤル(171)」もある。従来は固定電話と050をのぞくIP電話のみ利用が可能だったが、2016年3月から050から始まるIP電話、携帯電話、PHSからも伝言を登録できるように機能が拡張された。

 使い方は東西で共通となっていて、「171」をダイヤルし、録音または再生を選ぶなど、ガイダンスに従って操作していくだけだ。

◆MVNOユーザーには「災害用伝言板(web171)」がオススメ

 ところで、「災害用伝言板」はキャリアのサービスなので、MVNOユーザーは利用することができない。とはいえ、悲観することはなく、別記事でも一度紹介したが、「災害用伝言板(web171)」ならMVNOでも災害時に同様のサービスを利用することが可能だ。

 専用サイト(URL:https://www.web171.jp/)へアクセスし、連絡をとりたい相手の固定電話番号や携帯電話番号を入力。その後、伝言を登録・確認することができるほか、事前に設定すれば閲覧者の限定も行える。

 キャリアを問わず誰でも利用でき、さらにドコモ、au、ソフトバンクの「災害用伝言板」ともデータ交換を行っているほか、NTT東日本とNTT西日本による「災害用伝言ダイヤル」とも連携しているため、それぞれで登録された伝言内容を相互に確認できる。是非とも考慮に入れておきたいサービスのひとつだ。

 ほかにも、「Googleパーソンファインダー」も使い勝手がよく、こちらは氏名を使って安否情報を登録。普段はLINEやメールでの連絡が多く、電話番号をあまり意識していないような場合、こちらのほうが便利かも。

 いずれにせよ、備えあれば憂いなし。連絡手段の確保は災害対策への第一歩といえよう。

新着記事