本文へジャンプします。

WEB・インターネット
Facebookの自動動画再生をオフにして通信量を節約
 Facebookをアプリで見た際、投稿された動画が自動で再生されるが、動画再生はデータ通信量がかさんでしまうため、できれば興味があるもの以外は見たくないもの。そこでiPhoneなどで自動動画再生をオフにする方法を解説する。

◆動画の再生はデータ通信量を大幅に消費

 スマホを使っていて悩ましいもののひとつが、データ通信量だとは思うが、比較的よく使っているだろうFacebookアプリで、必要以上に通信量を使ってしまっている人はいないだろうか。

 Facebookのニュースフィードに投稿された動画は、デフォルトでは自動再生される設定になっている。Webページの閲覧やメールの送受信などに比べて、動画の再生には通信量がかさんでしまう。

 なんとかしたいけど……という人は、Facebookアプリの設定を変更すれば、動画の自動再生をオフにできるので、今回の説明を読んでさっそく実行してみてほしい。

◆動画の自動再生オフはiPhoneとAndroidで手順が異なる

 Facebookの設定変更方法は、AndroidスマホとiPhoneで若干異なり、

・iPhoneの場合…Facebookを起動→右下の「≡(その他)」をタップ→「さらに表示…」をタップ→「設定」を選択→「アカウントの設定」をタップ→「動画と写真」を選択

・Androidの場合…Facebookを起動→右上の「≡」をタップ→「アプリの設定」をタップ

いずれもここまできたら、あとは「自動再生」をタップして、「動画を自動再生しない」を選択すればOKだ。

 以上の手順を行えばタイムライン上に投稿されている動画を自動的に再生されることはなくなる。

◆インターネットへの接続環境に応じた再生法も設定可能

 自動再生の設定選択はほかにもあり、「モバイルデータとWi-Fi接続」「Wi-Fi接続時のみ」というものを選ぶことも可能。前者は通信環境を問わず、データ受信圏内にいさえすれば動画が再生され、後者はWi-Fiに接続した場合のみ、動画が再生される。

 自宅ではWi-Fiに接続しているので、気にせず動画を見たいという人などは、「Wi-Fi接続時のみ」を選ぶのもありかも。

 思っている以上に簡単な設定方法ではあるが、設定変更をせずに動画を自動再生させてしまっていた……という人も意外といるのでは。自分の利用環境に合わせて、自動再生をオフにするなり、Wi-Fi接続時のみにするなどして、通信費を節約してみてほしい。

※記事内容は2016年5月現在の情報を基に作成。

新着記事