本文へジャンプします。

ビジネス・経済
ポイント、マイル、etc. おすそわけ感覚で気軽に贈れるプチプレゼント
 贈り物の文化が根づいている日本。お祝いでも盆暮れのギフトでもなく、記念日とも無関係だが、日頃の感謝の気持ちを送りたい。相手の気づかいや、お返しも必要ないという思いを託せる、プチプレゼントについて考えていきたい。

◆日々の買い物や支払いで貯まったポイントやマイルをプチギフトに

 お祝いやイベントで贈答すれば、暗黙のルールとしてお返しが届く。だが、こうした贈り物のマナーとは別の次元で、気軽にギフトを贈るにはどうしたらいいのか。

 TカードやPontaカードのような、加盟店での買い物で貯まる・使えるポイントカードや、フライトやショッピングで貯まる各航空会社のマイレージカード。ポイントやマイルの使い道はさまざまだが、ある程度まとまったところでギフト用に使うという人が意外に多いのだ。

 誰とは書けないが、筆者が取材したタレントの中にも複数いた。理由を聞くと、「相手に気をつかわせずにすむから」との答えが返ってくる。  

 たしかに、一理ある。こうしたカードのポイントやマイレージは、おまけ的感覚で貯めることができるのだ。贈る側からすれば「いつの間にかポイント(マイル)が貯まっていたけど、使い道が思いつかなかったから」という言い訳が成り立つし、もらう側にしても「金品ではなく気持ちをいただく」という解釈ができるのかもしれない。

余談だが、筆者は毎年、光回線の月額使用料で貯まる電話会社のポイントで、父の日のプレゼントを購入している。現金で買ったものには倍返ししてくる父も、ポイント交換だというと素直に受け取ってくれるから不思議だ。

◆ポイントやマイルそのものを気軽な贈り物としておすそわけも可能!  

それでも贈る相手が「ものをもらうのはちょっと……」という奥ゆかしいタイプであれば、貯めたポイントやマイル自体をギフトとして贈るという方法もある。以下はその一例となる。

・Tカード
ショッピングやレンタルで貯めたTポイントを友達や家族に1ポイントからおすそわけすることが可能!

・楽天スーパーポイント
楽天キャッシュに交換して、電子マネーとして贈ることができる。

・航空会社のマイレージカード
航空会社によってサービス内容は異なるが、デルタ航空のスカイマイルなどは、ギフトとして家族や友人にマイルを贈ることができる。

 やたらと恐縮する人や、倍返しにこだわる人への殺し文句は、「もうじきポイントが失効するから」。これでキマリだろう。

◆スマホやPCから贈れるワンコインでお釣りがくるプチプレゼント

ポイントやマイル以外にもスマホやPCから贈れるプチプレゼントはいくつかある。肝心なのは、相手を恐縮させず笑顔にすること。

 ここでは、「アメ食べる?」「出張土産のクッキーですが、1枚いかが?」くらいの気軽さで贈れるプチプレゼントをチェックしていく。

 相手を元気づけたり、笑顔にしたいなら、楽曲やLINEスタンプなどのコンテンツがイチオシだ。楽曲に関してはiTunes Storeレコチョクなどから1曲単位でプレゼントできるし、LINEスタンプもクリエイタースタンプならば120円ポッキリで贈ることができる(AndroidならLINEコインでプレゼント可)。

 また、iPhoneユーザーなら、ギフト機能を備えたAppStoreから有料アプリを贈るのも手かも。

 「すぐにお返しをしなきゃ……!」と考えてしまう相手には、「ポイント(コイン)が余ってたから」と伝えるといいだろう。わざわざ購入した感を否定することで恐縮する気持ちも薄れ、笑顔で受け取ってくれるはず!?

 こちらはリアルギフトになるが、100円から贈れるカジュアルギフトアプリ「giftee」(iOS/Android)も人気だ。コンビニスイーツやドリンクをはじめとする手軽なギフトをLINEやメールのメッセージに添えて届けられるので、毎日頑張っているかわいい後輩に、「お疲れさま」の気持ちを込めて贈ってみてはどうだろうか。

感謝の気持ちやエールを何かしらの形で送りたいけど、相手からの見返りは無用と考えている人は、今回紹介したプチプレゼントを考えてみてはどう?

※記事内容は2016年5月現在の情報を基に作成。

新着記事