本文へジャンプします。

エンタメ
プロ野球の試合中継は公式ネット配信がオススメ! テレビ以外での視聴方法まとめ
 いよいよプロ野球の開幕シーズンが到来! とはいえ、皆さんも楽しみなテレビ中継は今年も減少傾向に……。となればCS放送かネット配信が頼りなのだが、配信サービスの利便性は球団ごとに千差万別なので、この機会に各球団の公式戦・ネット配信事情を整理してみよう(特に記載がない場合はPC・スマートフォン&タブレット両対応)。

◆プロ野球の公式戦ネット配信が充実している球団はここ!

 まずは充実しているパ・リーグ各球団と、セ・リーグの巨人・阪神・DeNAの詳細を確認していこう。

【パ・リーグ/6球団】
●パ・リーグTV「パ・リーグ見放題パック」で全試合(公式戦・パ球団主催の交流戦・巨人&阪神主催の交流戦・クライマックスシリーズ)を視聴可能
*料金
・パ・リーグ見放題パック:月額1,450円/各球団ファンクラブ会員は950円(税別)
・交流戦パック:1,450円(税別)
・1試合チケット:600円(税別)

●東北楽天はニコニコ動画「ニコニコプロ野球チャンネル」でも全主催試合を配信
・基本無料だが、視聴はプレミアム会員:月額540円(税込)優先

【巨人】
●日テレオンデマンド「ジャイアンツLIVEストリーム」で全主催試合を配信
*料金:月額1,500円/ファンクラブ会員1,000円/1試合500円(税別)

●動画配信サービス「Hulu」でも全主催試合を配信
*料金:Hulu会員なら追加料金・月額933円(税別)。視聴はPCのみ

【阪神】
●独自のネット配信チャンネル「虎テレ」で全主催試合+ビジター巨人戦+交流戦全試合を配信
*料金:月額600円/1試合200円(税別)

【DeNA】 ●ニコニコ動画「ニコニコプロ野球チャンネル」で全主催試合を配信
*料金:基本無料だが、視聴はプレミアム会員:月額540円(税込)が優先

●ライブストリーミングサービス「SHOWROOM」でも全主催試合を配信
*料金:月額500円(税別)。3回までの視聴は無料

◆セ・リーグには「ネット配信など眼中にない」球団も……

 ネット配信が「パ・リーグTV」で一元化されているパ・リーグは、それだけ目線がファンに向いているともいえそうだ。また、人気チームの巨人・阪神だけでなく、ネット&IT関連企業を親会社に持つ東北楽天やDeNAの充実度も目立つ。

 一方、お寒い状況なのが以下の3球団。

【ヤクルト】
●公式のネット配信はナシ
・CS放送フジテレビONEでの主催試合中継をオンデマンドで視聴することは可能(スカパー!オンデマンドの各種料金が必要)

【広島】
●中国放送「RCCカープ動画ライブ」で主催試合のうち約20試合を配信
*料金:1試合324円(税込)。視聴はPCのみ

【中日】
●USTREAM「ドラゴンズライブTV」で主催試合のうち年間10試合程度を配信(無料)

 このご時世に、こうした現状はいかがなものだろうかと、個人的には思ってしまうが、皆さんはいかがだろうか。

 ちなみに、上記3球団以外の配信サービスでは、イニング動画(リプレイ)や試合ハイライト、試合後のヒーローインタビューや監督インタビューなど、試合中継以外のコンテンツも充実している。

 そうした付加価値を考えると、いずれも良心的な料金設定なのでは? ひいきの球団がある方は、チェックしてみてほしい。

※記事内容は2016年4月現在の情報を基に作成。

新着記事