本文へジャンプします。

スマホ・携帯
証明写真はスマホで撮影しコンビニでプリント! お気に入りの1枚で安く作れる
 バイトの履歴書や資格取得のための証明写真など、なにかと必要になる証明写真だが、皆さんはどのように用意しているだろうか?

証明写真機を使うという人が大半だろうが、「思っているより料金がかかってしまう」だけではなく、「すぐに使いたいのに設置場所自体が限られている」というのも困りものだ。

なんとか安く、そしてすぐに証明写真を作りたい……そんな悩みを解決してくれるサービスがあるのを知っているだろうか。

◆ピクチャン「コンビニ証明写真」なら200円で証明写真が作成可能

 いろいろな方法があるだろうが、ここではスマホ撮影とコンビニでプリントアウトできるサービスを解説していく。それが、「ピクチャン『コンビニ証明写真』」だ。

 まずは、なにがどうお得で便利かというと、

・スマホや携帯、デジカメで撮影した納得の1枚を証明写真にできる
・「証明写真3枚で200円」というリーズナブルな料金
・全国の約45,000店(一部店舗は除く)のコンビニ(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクス)のマルチコピー機で、24時間365日いつでも約1分でプリント可能
・PCやスマホのブラウザから簡単に写真をアップでき、面倒なアプリが不要
・最小2cmから最大7cmの範囲で、1mm単位で写真サイズを変えられる
・ユーザーIDやパスワードなど会員登録が不要(※プリント予約番号を受け取るためメールアドレスの登録は必要)

以上、ざっと挙げてみただけでも、これだけのメリットがある。証明写真が200円で好きな写真をコンビニでプリントアウトできるというだけでも便利なのに、考えられるいくつもの面倒な作業が省かれているのも素晴らしい。

◆写真のリサイズやプリントも面倒な手間なく簡単!

 メリットはわかったけど、写真をプリントアウトするのは結構手間なのでは……と疑う人もいるかもしれない。そこで筆者が実際にピクチャン「コンビニ証明写真」を利用してみた使用感とともに、使い方を説明してみたい。

手順1:写真を撮る
一番手軽なのは、スマホでの写真撮影だが、デジカメや写真スタジオなどで撮った画像データも使えるようだ。一点だけ注意が必要なのが、写真の背景を変えることはできないということ。白い壁の前などで撮影しておこう。

今回の趣旨とは少し離れるかもしれないが、写真撮影時のコツとしては、背景・服装・姿勢・表情・照明などに気を使うのはもちろん、ピクチャン「コンビニ証明写真」は縮小・拡大・位置合わせなどができるので、撮影する際は胸から上全体が写るように撮影しておくことがポイントだ。

手順2:スマホでピクチャン「コンビニ証明写真」のページを開き、「正目写真をつくる」をタップ

手順3:必要な証明写真のサイズを選択して写真をアップし登録
このとき、「用途別で選択する」を押せば、各種資格試験用など定型でサイズが決まっているパターンがデフォルトで用意されているので、いちいちサイズを調べたりしなくていいのがありがたい。もし必要なサイズパターンがなくても、自由にサイズを設定することも可能だ。

先ほども少し説明したが、このとき拡大や縮小など、上下左右を押すことで所定の枠内に画像を収めるのだが、かなり使い勝手がいい。やはり、撮影時にはある程度の幅を持たせて写真を撮っておきたい。

手順4:でき上がりイメージを確認したらメールアドレスを登録し、プリント予約番号を受け取る
実際にはメールを確認しなくても、画面上にも予約番号が表示されるので、スクショを撮っておけばメール確認の手間が省ける。

なので、メアドを登録するのが若干面倒ではあるが、万が一、番号を確認せずにブラウザを閉じてしまった場合などを考えると、メールで受け取るのはリスクヘッジとして役立つ。

手順5:コンビニでプリントアウト
プリント予約番号の有効期限は登録から1週間で、期間中なら何度でもプリントできる。

また、各コンビニで微妙にプリント手順が違い、

セブン-イレブンでは、マルチコピー機の画面で「ネットプリント」ボタンを選択→ 「プリント予約番号」を入力→確認画面でプリント内容・料金を確認→料金を入れ、「プリントスタート」を押す

ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクスは、マルチコピー機の画面で「コンテンツサービス」ボタン選択→「いつでもプリント」→「番号を指定してプリント」の順に選択→「プリント予約番号」を入力→料金を投入

という流れでプリントアウトが始まる。詳しくは各コンビニのマルチコピー機で確認してほしいが、使ってみた感じは、思っている以上に簡単だった。

ただし、写真の仕上がりの関係上、パスポートなど審査基準が厳格な場合、受理されないこともあるようなので注意しておこう。

◆アプリを使った方法やガラケー・フィーチャーフォン向けサービスも

 最後に、もっとお手軽にという人や、ガラケー・フィーチャーフォンを使っている人のための証明写真作成法を紹介する。

 コンビニへプリントしに行くことすら面倒……という人は、「証明写真ツール【2分でできる!】」というアプリなら、自撮りした写真をメールで送るだけでトリミングされた証明写真データが送られてきて、あとは自宅にあるプリンターで印刷するだけ。お手軽ではあるが、証明写真という性質上、写真をプリントする用紙には気を使っておきたいところだ。

 またガラケー・フィーチャーフォンユーザーには、セブン-イレブンで使える「ケータイプリント『ケータイ証明写真』」がオススメ。こちらも上記のアプリと同じく、使いたい写真をメールで送るだけで完成画像とプリント予約番号が送られてくるので、あとはそれを持ってセブン-イレブンに行きプリントするだけとなる。

 それぞれの詳しい手順は公式サイトなどで確認してほしいが、証明写真機を使わずにリーズナブルかつ手早く証明写真を作れるということは、頭の片隅にでも置いておくと、いざというときに役立つはずだ。

※記事内容は2016年4月現在の情報を基に作成。

新着記事