本文へジャンプします。

スマホ・携帯
iPhone7搭載も噂されるデュアルカメラとは? レンズ2個でより高画質に!?
 honor6 PlusとかiPhone7でも搭載されるのではとのことで、話題を集めるデュアルカメラ。要するにカメラのレンズが2個並んでるというものだが、単に2個ついているからお得……という話ではない。

 これは人の目が2つあることで距離感を計れ、ものが立体的に見えるが、これをスマホにも応用したものがデュアルカメラとなる。

 つまり、レンズが2つあることで距離や大きさを正確に測ることができるようになるのだ。

◆以前から存在したデュアルカメラ

 最近になって注目されているが、実はデュアルカメラというのは、結構前からある。

 たとえば、最近の自動車には、衝突防止や自動運転の機能が付いているものがあるが、あれはカメラが2つ付いていることで、車間距離を正確に計っているのだ。

 エンタメの分野でいえば、3Dがそう。2つのカメラで同時に撮影することで人間の目のような視差を生み、立体的に見えるというもの。昆虫の目を模した複眼レンズなるものも開発されているという。

◆デュアルカメラで写真がよりきれいに

 デュアルカメラで撮影すると距離や大きさを正確に測定できるほか、各レンズで撮った写真や映像を自動的に合成することで、より鮮明な写真になるというメリットもある。

 また、文字通り2個のレンズが備わっているため、それぞれのレンズでピントや露出を変えて撮影が可能なため、より最適な明るさとピント感を自動的に割り出すこともできるという。

 これは、デジタル一眼レフカメラでは、1回のシャッターで異なった露出で撮影し、合成してきれいな写真にする機能と同様の機能にあたり、スマホが一眼レフカメラ並みの撮影機能を有するということに!

 ほかにもピントが合っているポイントを後から変更することも可能で、たとえば、後ろでボケて写ってる人のほうにピントを変更したり……なんてことも簡単にできてしまう。さらに、レンズが2個ということで、今までよりも多く光を取り込めるため、暗いところでもよりきれいな写真も撮ることが可能だ。

◆デュアルカメラがiPhone7搭載との噂も

 2016年1月に公開されたAppleの特許出願により、にわかにiPhone7(仮称)にデュアルカメラ搭載の機運が高まりつつあるが、その特許によれば“従来よりも効果的な光学ズームが可能になる”とのことで、iPhone搭載のカメラの悩みのひとつであったズーム撮影に関しても、デュアルカメラが搭載されることで解消されるかもしれない……なんて期待も。

 ほかにも多彩な方法で2個のカメラが使えるようで、静止画撮影しながら同時に動画を撮影する場合も、静止画・動画ともに、最高の画素数で撮影可能になるのでは、ともいわれている。

 本当に次期iPhoneにデュアルカメラが搭載されるかは、現時点では不明だが、もし搭載されれば、画質的にも用途的にも夢は広がるというもの。ただ、レンズが2個ということは、サイズが大きくならないかは気になるところだ。

 スマホによる撮影が日常には欠かせないものとなった今、より手軽にきれいな写真を撮りたいという、カメラ機能重視のユーザーに向け、デュアルカメラは今後主流になっていくかもしれない。

※記事内容は2016年2月現在の情報を基に作成。

新着記事