本文へジャンプします。

スマホ・携帯
見られたくない! ロック画面のLINE通知は消せないのか?
 以前、「相手にばれずに既読をつけずLINEトークを確認する方法」を紹介したが、Androidの「通知ポップアップ」やiPhoneの「通知センター」は、LINEで既読をつけずにメッセージを確認するのに活躍してくれる。

 しかし、その反面、誰かと一緒にいるときや職場などで、スマホを机の上に置きっ放しにして、メッセージをうっかり見られてしまう……なんて危険性もあったりする。

 メッセージの内容が他愛ないことならまだしもといっても、他人に見られて気持ちいいものではないことは確か。そこで、LINEのメッセージをロック画面に表示させない方法を紹介していく。

ロック画面のLINE通知は非表示も可能

 LINEのメッセージをロック画面に表示させない方法はいたって簡単。LINEアプリを起動し、「…」マークから「設定」を選び、各種設定項目が並ぶ中から「通知設定」を選択し、「メッセージ通知の内容表示」のチェックをはずせばOK。AndroidとiPhoneで多少の表記の差はあれど、基本的な設定方法は同じだ。

 こうしておけば仮にスマホを置きっ放しにしても、LINEの通知からメッセージを読まれることはなくなる。通知をオフにした状態でメッセージが届いた場合は、「新着メッセージがあります」と表示されるだけで、送信者の名前や本文は非表示に。なお、新着の通知自体をなくすには、設定画面で通知をオフにすればいい。

LINE通知非表示でも既読をつけず相手の確認は可能

 ロック画面での内容表示は忙しいときにサッと確認できたり、既読をつけずに読むことができるのでありがたいが、特に職場などでスマホを置いたまま離席したときに見られたくないプライベートなメッセージが届くと気まずすぎる。

 そんなときは今回紹介した方法を試してほしいが、せめて誰からのメッセージかは確認したいという人もいるかもしれない。

 他人に見られてしまう危険性はなくなったけど、誰からのメッセージかわからず、内容を確認すると既読がついてしまい、相手によっては返信を後回しにしたかったのに……なんて状況も。

 既読をつけずに相手を確認するには、起動中のアプリを一度終了させ、改めてLINEを起動。そしてメニューの中からトークをタップすれば、誰からメッセージがきているかを確認できる上、メッセージの一部も確認できてしまう。

 ちょっと手間だが、この方法ならロック画面でののぞき見を防止しつつ、既読をつけずに短いメッセージなら相手と内容を確認もできる。ここまで対策をしておけば、どんなうっかりさんでも他人にメッセージを見られることはなくなるはずだ。

新着記事