本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
みんな知っている? Internet Explorer(IE)サポート体制が2016年1月に変わる
 PCでWebを見る際、皆さんはどのブラウザを使っているだろうか? 有名どころはいくつかあるが、Windowsユーザーであれば、Internet Explorer(IE)を使っている人も多いと思う。

 このMicrosoftが提供しているIEというブラウザについて、2016年1月12日を過ぎると、サポートポリシーが大きく変わることは知っているだろうか? それにともない、現在使っているIEのバージョンによっては、危険性が増してしまう恐れも出てくる。

IEサポートが最新版だけに変更

 そもそもこのIEのサポート方針に関しては以前から告知はされていたが、実際に該当の日付が近付いてきても、思っていた以上に話題になっていないことに驚く。なぜならこの方針の転換によって、IEのサポート対象が「各Windowsで利用可能な最新版のみ」となるため、OSとIEの組み合わせ次第では、今後セキュリティ更新プログラムが提供されなくなってしまう。

 つまり、新しく脆弱性などが見つかっても解消できず、ウィルス感染などでブラウザが正常に使えなくなったり、情報が流出するなどの被害に遭う可能性が高まることになる。これを一大事と言わずして、何を一大事というのか。IEユーザーとしては対策をしなくてはならない。

OSに合った最新IEを使えばサポートは継続

 対策法はいたって簡単で、現在使用しているOSに合わせた最新版のIEにアップデートすればいい。では、各OSのIEサポートが継続する組み合わせは、どんなものだろうか。次にまとめてみた。

・Windows Vista(SP2)…IE9
・Windows 7(SP1)…IE11
・Windows 8…IE11
・Windows8.1…IE11
・Windows10…IE11


これらの組み合わせであれば、2016年1月12日以降でもIEのサポートを受けることができる。仮にWindows7でIE10を使っているような人は、該当日以降はIEのセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるということに。

 IEを最新にするにはWindows Updateを実施してバージョンアップさせればよく、万が一サポートが継続するバージョンでなければ、Microsoftの公式ページからサポートが継続するバージョンのIEを手動でインストールすればOKだ。なお、Windows7や8.1を使っているユーザーがWindows10にアップグレードした場合、自動的にIE11となるので、OSにこだわりがなければ、アップグレードするのもいいかもしれない。

 自分が使っているIEのバージョンを確認するには、IE 8の場合はメニューのヘルプから、 IE 9・10・11は歯車のマークから「バージョン情報」を選べば確認できる。

 Windows10でMicrosoft Edgeという新たな標準ブラウザが登場したこともあり、IEはすでに“過去のブラウザ(ソフト)”となった。そうはいっても、まだまだIEユーザーは数多くいるのも事実。これからも使うという人は、今一度、自分のIEを確認してみてほしい。近年PCを購入した人はまだしも、長年使い続けているような人は、特にチェックを忘れずに!

新着記事