本文へジャンプします。

ガジェット
タブレット&スマホはペンで書く! Apple Pencilをはじめタッチペンの利用法
 iPad Proの発売と同時にリリースされた「Apple Pencil」。Surface Pro4にも専用のSurfaceペンが用意されていたりと、“タブレット+ペン”の組み合わせがイケると今、注目を集めている。

 これらのペンは「スタイラスペン」「タッチペン」と呼ばれるもので、タブレットの画面をタップするときの指の代わりに使ったり、手描き機能と組み合わせて細かい文字や精細な絵が描けるというもの。ニンテンドーDSのタッチペンのようなもので、「iPadにもそういうのがあったらいいのに!」と思っていた人もきっと多かっただろう。

これまでのタッチペンと何が違う?

 これまでも、こうしたペンがなかったわけではない。

 スマホ登場以前、「PDA」と呼ばれる携帯情報端末(電子手帳のようなもの)が流行った時期があり、アップルからも「ニュートン」という名前のPDAが発売されていた。それらには専用のタッチペンが付属し、操作はすべてタッチペンでタッチして行っていたが、当時の手描き認識精度は何ともひどいものだった。

 その後、メール文化が発達したことで、PDAと携帯電話が合体しスマホが生まれた。スマホはペンではなく指で直接タップしたりフリックしたりという操作性がウケて、現在のような市場規模にまで発展してきた。

 では、なぜまたペンが復活したのか?

 ひとつには、“絵を描いたり写真を加工するためのアプリの機能が進化”したことが考えられ、タブレットで場所を選ばずイラストや絵を描きたいというニーズが高まったことにある。これまでもイラストレーターやマンガ家などは、ペンタブと呼ばれる機材とタッチペンを使って手描きで絵を描いていたわけだが、それはあくまでもPCでの使用に限定されたものだった。それをタブレットで実現させたのが今回の動きだ。

 実際にiPad Proは感圧センサーが強化されたことで、手描き線の太さを自在に操れるようになった。またペン自体も進化し、より反応が速くなり、一本でペンや筆などの質感が表現でき、いちいち持ち替えなくてもいい。スケッチブックいらずで、イマジネーションが沸いたときにどこでも絵が描けるようになってきている。

タッチペンの役割は絵を描くばかりではない

 用途は絵を描くときばかりではない。ペンといえば文字で、スマホのスケジュールアプリやメモアプリには手描き機能がついているものが多いが、ほとんど使ったことのない人が多いと思う。

 理由は、一度使ってみたけど、上手く書けなかったからだ。指で書くとどうしてもペン先に当たる部分が分かりづらく、自分の指で画面が見えなかったり、細かい文字が書きづらかったりするが、先の細いペンなら、それらの不満も一発で解消できるはずだ。

 たとえば、思いついたアイデアをパッと書き留めておきたいときは、手書きのほうが楽。絵と文字で書き留めておけば、より感覚的にアイデアをまとめやすくなる。会議や商談のときに相手の言葉をパッとメモしたり、アプリを使えばPDF書類に手書きで書き込みを加えることもできる。より手帳のような感覚で、スマホの使い心地をワンランクアップさせてくれるだろう。

 また、スマホを指で操作することによるスマホ腱鞘炎の解消にも一役買いそう。ちなみにApple PencilはiPad Pro専用だが、従来のiPhoneやiPadにも使えるタッチペンは数多く発売されている。ペン先の素材や形状、太さは様々なので、実際に使ってみて選ぶことをオススメする。

新着記事