本文へジャンプします。

スマホ・携帯
基本料金はガラケー並み!? 「格安スマホ」の正体とは
 スマホは一人に1台、それも小学生すら持つのが当たり前という現在。家族一人一人のスマホにかかる月額料金は、確実に家計を圧迫している。

でも、昔はそんなことは無かった。ガラケーなら月額基本使用料は1,000円程度。もちろん、電話代はかけた分だけ請求されたが、それでもメールを中心に利用するなど、節約の余地は十分にあった。



 とはいえ、LINEなどの便利なアプリは引き続き使いたいし、自分の子供にもスマホを持たせた方がコミュニケーションはとりやすい。そこで、最近注目をされているのが、CMでも良く耳にするようになった「格安スマホ」だ。

格安スマホって普通のスマホと何が違うの?

 「格安スマホ」と聞いて、普通はどんなイメージを思い描くだろうか。複雑そう?若い人向けなのかな? でも、実はこれが年代を問わずに広く使われはじめている。例えば、普段はメールやLINEのやり取りが多いのに、月額固定で高い通話料を支払っている人。他にも、子供にスマホを持たせたいけれど、月々の基本使用料が気になっている人も、格安スマホに乗り換えているようだ。



 そんな格安スマホだが、そもそも普通のスマホと何が違うのだろうか? 

仕組みの話をすれば、それはサービスを提供している事業者の違いとなる。スマホが電話やメールのやり取りに使っている通信回線。これをNTTドコモやauからレンタルして、より安価に提供するのが“MVNO”と呼ばれる事業者だ。彼らの中には独自のスマホをセットで提供しているものもあり、それが「格安スマホ」と呼ばれている。

 ようするに、月々の基本使用料の多くを占める通信料を、より安価に提供するのが格安スマホというわけだ。しかも、利用しているのはNTTドコモやauの通信回線なので、通話エリアは同じ。格安スマホと聞いて「安くてもちゃんと繋がるの?」と不安を感じる人もいるようだが、電話の繋がりやすさは今までのスマホと変わらない。

オススメのスマホを見てみる ≫

端末の操作や乗り換え手続きは面倒?

 格安スマホとして提供されるのは、人気の「Xperia」や「Galaxy」などと同じ、いわゆる“Androidスマホ”と呼ばれる種類の端末だ。つまり、電話をするにも、メールを開くにも、基本的な操作方法は一般的なスマホと全く変わらない。もちろんアプリだってそうだ。LINE、Twitter、Facebookなど、そのほとんどが格安スマホで変わらず利用できる。

 では、機種変更をする場合の手続きはどうだろう。まずは、電話番号の移行についてだが、多くの格安スマホで今までと同じ番号がそのまま使える。なので、友人などに電話番号が変わったことを伝える手間もなければ、連絡を忘れて疎遠になってしまう心配もない。



 次に、スマホに保存された情報についてだが、例えばAndroidスマホなら基本機能だけで電話帳、Gmail、カレンダーなどが引っ越しできる。写真についてもアプリやSDカードを使えば、さほど手間をかけずに格安スマホにコピーできるだろう。

オススメのスマホを見てみる ≫

格安スマホの月額基本使用料はいくらぐらい?



 では、いよいよ本題。格安スマホの月額基本使用料はいくらぐらいなのだろうか? 

格安スマホは各社から提供されているが、顧客満足度調査を行う株式会社イードが7月に発表したRBB TODAY「格安SIMアワード 2015」では、コストパフォーマンス部門の最優秀賞に@niftyの「NifMo」が選ばれている。その一番安い音声通話プランは、月額1,600円(税抜)。最安のデータ通信専用プランだと900円(税抜)という価格設定だ。

 最近では大手携帯キャリアでも、定額制の音声通話プランを提供しており、電話を多くかける人なら割安感があるだろう。しかし、コミュニケーションの多くにLINEやメールを使っている人には、スマホの月額料金を「高い」と思わせる原因となっている。

 その一方で、多くの格安スマホの通話料は昔ながらの20円/30秒であるため、通話料として請求が来るのは話した分だけ。電話を控えて月々の支払いを抑えるのは、昔のガラケーユーザーなら手慣れたものだろう。

それでも、つい長電話してしまう人は、やはり大手携帯キャリアを使うしかないのだろうか? そこは安心してほしい。月額1,300円(税抜)で国内通話かけ放題の「NifMoでんわ」などの定額制の音声通話プランが、格安スマホでも登場しはじめている。

@niftyのNifMoを見てみる ≫



 格安スマホは若者向けでもなければ、何も複雑なこともない。むしろ、主婦やお子様といった方々が、もっと安くスマホを使いたいとき、きっと頼りになる味方になってくれるはずだ。今使っているスマホが高いと思っている人は、格安スマホと月額基本使用料を比べてみてはどうだろう。

■ご参考:携帯電話月額平均利用料金(2015年3月)
スマートフォン 6,342円
フィーチャーフォン(ガラケ―)2,739円
MVNO SIMカード 音声通話対応 3,379円
MVNO SIMカード 音声通話非対応 1,199円
※スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金・通信量(2015年6月 MM総研発表

新着記事