本文へジャンプします。

電子書籍は旅行ガイドブックにこそ意味がある!
 あなたは電子書籍・肯定派? それとも否定派? 昨今の電子書籍市場を見るにつけ、筆者を含め、否定派の勢力が増しつつあることは確かかも。ただし、そんな筆者も、観光ガイドブックに関しては電子書籍派なのだ……というお話。

 皆さんも旅行する際、ガイドブックに悩ましい思いをされた機会も多いはず。筆者にしても、実際の旅行で感じたポイントが多々あるわけで……以下、まとめてみた。

旅行ガイドブックに向くのは紙の本か電子書籍か?

 こうして見ると電子書籍の圧勝なのだが、実際にはその出来(作り方)が利便性を大きく左右する。

 「地球の歩き方」「まっぷる」「るるぶ」など大手出版の定番ガイドブックは、その多くが電子書籍化されている。

 たとえば、「地球の歩き方」のような“見て歩くこと”に特化したシリーズなら、紙と電子書籍版で使い勝手に差は感じられないだろう。が、国内旅行向けガイドブックの多くは“観光+食べる+遊ぶ”といった多角的に構成されているため、実は紙のほうが使いやすい。パラパラ眺めながら「あ、こんな情報もあるのか」と思う、拾い読み感覚が使い勝手に直結するからだ。

 つまり、単純に紙のガイドブックを電子書籍化しただけならば、「あえて電子書籍版を利用する」メリットが少ないとも言えてしまう。

電子書籍だからこその利点を生かした旅行ガイドブック

 電子書籍の弱点は、「見る」ことはできても、「読む」目的には向かないものが多いことだろう。しかし同時に、実用性が重要視される旅行ガイドブックだからこそ、視認性に強みを持つ電子書籍の特性を生かせるとも言うことができる。

 数は少ないが、「電子書籍に特化した」旅行ガイドブックも存在する。筆者も北海道ツーリングで愛用する「ハイパースポットガイド旅風」などは、その代表例だろう。

 小規模な自費出版ガイドブックながら、レイアウトから細部構成まで、あらゆる情報が“旅先の現地”で“タブレット端末などで見る”ことに特化しているため、とても使いやすい。

 たとえば、一般的な旅行ガイドブックでは特集などが組まれない限り、多くのスポットは写真1~2点とちょっとした説明文で終わってしまうが、ハイパースポットガイド旅風は写真を多用した説明を展開。特に徒歩に関する情報が必須な場所に関しても、その行程をじっくりと紹介してくれるなど、紙媒体では定番の“4ページの倍数”をはじめとしたルールにしばられないことも、電子書籍のメリットを生かしたポイントのひとつ。さらに、ややマニアックな内容も、小回りが効く電子書籍版ならではの魅力に違いない。

 ほかにもJTBパブリッシングが運営する「たびのたね」という電子書籍サービスも、電子書籍ならではの利点を大いに活用している。気になるスポットの知りたい情報を記事単位で購入できるほか、購入した本をひとつにまとめて自分だけのオリジナルガイドブックも作れたりと、紙の旅行ガイドブックだと何冊も買わなければいけないケースでも、気軽に入手できるのはありがたい。

 皆さんも、電子書籍を“食わず嫌い”で避ける前に、観光ガイドブックで電子書籍ならではの魅力を考えてみてはいかが?

新着記事