本文へジャンプします。

エンタメ
テレビを変える4Kテレビ・4K放送の楽しみ方を解説
 ラグビーのワールドカップをテレビで見て、サッカーのワールドカップやTOKYOオリンピックは、もっときれいな画像で見たいと思った人は、きっと多いことだろうと思う。

 そこでオススメしたいのが、高画質の4Kテレビだ。iPhone6s、iPhone6sPLUSが4K画質の動画撮影に対応したこともあって、がぜん注目を集めている。とはいえ4Kは、これまでとはいったい何がどう違うのだろうか?

4Kとは?

 テレビには画素数という映像のきめ細やかさを表す数字があり、数字が高ければ高いほど、きめが細かいきれいな映像になる。しかし、画素1つ1つの大きさは変わらないため、テレビの画面が大きくなればなるほど画素が引き延ばされて、映像が粗くなってしまうのが難点だった。

 それを払拭するべく、1440×1080画素のハイビジョン、1920×1080画素のフルハイビジョンと、画素数の高いものが登場してきた。そして4Kは、なんとフルハイビジョンの4倍の3840×2160画素数を持つ。

 つまり、今見ているのがフルハイビジョンのテレビなら、同じ大きの画面であれば4倍きれいに映る。大画面であっても緻密な映像を再現でき、画素感の目立たないきれいな映像を楽しめる。たとえば、画面が暗いシーンなどではその効果は大きく、以前までの画質なら暗くて何が映っているのか分からない……なんてこともあったけど、4Kなら細部までしっかりと見える。

 実際に4Kテレビの売上は悪くないようで、デジタル放送推進協会「2015年度・第6回講演会」の発表によれば、4Kテレビの販売台数シェアは、国内液晶テレビ市場の14.1%を占めるまで拡大しているという。

今見られる4K放送にはどんなものが?

 4Kテレビは、従来の放送ももちろん楽しめるが、4Kに対応した放送であれば、よりクオリティの高い映像を楽しめる。現在4Kの放送は、CSのスカパーやインターネットのビデオ・オン・デマンドに限られているが、スカパー!の「Channel 4K」は、試験放送として無料放送も多数ある。

 「スカパー!4K」では、「スカパー!4K総合」と「スカパー!4K映画」の2チャンネルを放送。「総合」のほうでは、オリジナル連続ドラマ「アカギ」が放送されているほか、久保田利伸の最新ライブ、Jリーグの試合中継などが見られるほか、「横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都いろどり日記SP~ゆいはん&川栄 春爛漫の嵐山二人旅~」という旅番組も。さらに、自然や宇宙を舞台にしたドキュメンタリーも多数で、高画質の4Kならではの放送がズラリと並ぶ。

 映画では、「戦場にかける橋」などの名作から、今年公開されたばかりの「チャッピー」もあれば、「スタートレック」や「メン・イン・ブラック」などのシリーズものなども楽しめる。視聴料金は、スカパー!の加入パックにより異なるので、公式サイトでチェックしてほしい。

注目は日本上陸の「Netflix」

 最近では4K画面を搭載したスマホも登場するなど、ますます注目を集めているが、4K対応のVODサービス「Netflix」も見逃せない。

 Netflix で4K放送を見るには、3つ用意されているプランの中から、月額1,450円のプレミアムプランへの加入が必要となるが、ソフトバンクのAndroidスマホに「Netflix」のアプリがプリインストールされることが決まり、共同でオリジナル番組も制作していくとの発表もあり、今後の展開に楽しみなところ。

 さらに、ヴィエラなど一部のテレビでは、リモコンに「Netflixボタン」を搭載しており、ボタン一発でNetflixにつながりコンテンツが楽しめるなど、対応テレビならカジュアルに4K体験ができてしまう。

 この使い勝手のよさが最大の特長で、Netflixボタンの存在が気軽に4K映像を楽しむためのきっかけのひとつとなるのでは?

4K初心者「4K VOD」がオススメ!

 そうはいっても、4K放送を見るには高速インターネットサービスや、124/128度CS対応パラボラアンテナの設置が必要など、視聴するためのハードルはまだまだ高め。

 2016年からはBSでも4K試験放送が開始される予定となっているほか、4Kの映画や映像を収録できる次世代ブルーレイ規格「Ultra HD Blu-ray」も策定された。いよいよ4K時代が近付いてきているのかも。

 また、パラボラアンテナを立てるのは面倒だけど、4Kネイティブコンテンツを楽しみたいという人は、4K VODサービス(4K配信)に注目! 先ほど説明したNetflixをはじめ、投稿された4K動画が見られる「You Tube」や、「ひかりTV 4K」など、さまざまなサービスが展開され始めている。こうした4K配信なら高速インターネット環境などがあれば、比較的手軽に4Kを体感できるので、まずは4K VODサービスから始めてみるのは、いかがだろうか。

新着記事