本文へジャンプします。

スマホでテレビが見たい! ワンセグよりも快適に楽しむ方法が!?
 熱狂的な高校野球ファンでもある筆者にとって、春と夏の甲子園テレビ中継は“人生の糧”(苦笑)。かつては携帯テレビを持ち歩き、地デジ化以降はケータイ(ガラケー/フィーチャーホン)のワンセグ機能で、「いつでもどこでも甲子園!」な日々を堪能していたのだが……スマートフォンではテレビが見られない!?

◆スマホでテレビを見るならワイヤレス・ワンセグチューナー

 一部の対応機種なら、外部アンテナケーブルの接続でワンセグを視聴できる。が、大半のSIMフリースマホやiPhoneは非対応。某国経由でストリーミング配信を利用するような、怪しげなアプリは入れたくはない。

 そうしたニーズに応えてくれるのが、PC関連機器の各社からリリースされているワイヤレス・ワンセグチューナー。チューナーを持ち歩く必要はあるが、受信機自体は手のひらサイズなので、さほど気にならないはず。どの機器もAndroid・iPhone両対応なので、専用アプリさえインストールすれば、よほど古いバージョンでない限りは大丈夫だろう。ただ、機器間の相性や受信感度に違いもあるため、購入前には情報チェックをお忘れなく。

◆リモート視聴なら安定した視聴が楽しめる

 さらに、もう一歩進んだ楽しみ方として注目されているのが、テレビやブルーレイディスク(BD)レコーダーのDLNA機能を利用したリモート視聴だ。理屈は簡単で、自宅のアンテナ&テレビで受信した放送を、スマートフォンに転送して視聴するというもの。AV機器を自宅のネットワーク環境にLAN接続しリモート操作を設定する必要はあるが、取扱説明書を見れば難しい作業ではないはず。

 もちろん、設定さえ済ませれば快適そのもの! ワンセグのように受信状態に左右されることもなく、BSやCS放送も視聴できる。Panasonicなど大手家電メーカー製だけに、専用アプリの使い勝手も悪くない。外部チューナーを持ち歩く手間も不要で、よりスマートなテレビ視聴を「いつでもどこでも」楽しむことができる。レコーダーに録画した番組も見られるため、録画しておいた連続ドラマやアニメを外出先で視聴するなど、時間の節約になるのもうれしいかも(※リモート視聴に対応したテレビ、レコーダーが必要)。

 こうした便利機能&機器を利用すれば、「テレビ視聴のために、スマホの機種選びが限定されてしまう」ジレンマとも無関係に。お得なスマートフォンやお気に入りのiPhoneを選び、自分なりのカスタマイズで120%活用してみよう!

※記事は2015年8月現在の情報を基に作成。

新着記事