本文へジャンプします。

ビジネス・経済
気になるワード「ハッカソン」とは? 飲食にプロ野球、ファッションへと拡大中!
 ネットなどでよく、「どこどこの団体がハッカソンを開催した」や、「誰々がハッカソンに参加した」などのニュースを目にする。この「ハッカソン」という言葉はどういう意味なのか、ふわっとしたままスルーしてしまっている人は多いと思う。ここで、あらためて「ハッカソン」という言葉を勉強してみよう。

◆「ハック」と「マラソン」を掛け合わせた造語「ハッカソン」

 「ハッカソン」とは、ハッカーの語源でありプログラミングを意味する「ハック」と「マラソン」を掛け合わせた造語で、IT先進国のアメリカで生まれた。じゃあその「ハッカソン」では何を行うのか? 決してプログラマーばかりが集まるマラソン大会というわけではない。

 簡単に言うと、プログラマーが自分たちの技術やアイデアを競い合うコンテストのこと。主にIT企業が主催し、世界中から集まる参加者たちがその場でチームを組み、出されるお題に対して技術とアイデアを駆使してプレゼン合戦を行い、優勝チームを決定する。

 有名なところでは、Yahoo!やGoogleが定期的にハッカソンを開催しているほか、大学の研究室単位で行われるもの、特定のソフトをテーマに世界各国で開催されるハッカソンもあり、規模やテーマはさまざまだ。

◆IT以外にもハッカソンが勢力を拡大中!

 近年はIT以外の企業も巻き込んで行われるようになっていて、「じゃらん」は「Evernote」と組んで、Evernoteの機能を利用しての観光促進をテーマにハッカソンを開催したほか、「ぐるなび」が主催した「いい肉ハッカソン」は、ぐるなびAPIを利用した新しいサービスを開発するもので、商品はA5ランクの国産和牛だった。

 ほかにも箱根の温泉旅館を舞台に、温泉を楽しみながら行うハッカソンも登場するほど。ITの枠を超えて、コンテンツサービスやマーケティングなどに携わるプログラマーたちの交流の場にもなっている。 

◆自分もハッカソンに参加して楽しんでみては!?

 ハッカソンなんて自分には関係ないと思う人もいるだろうが、ハッカソンの波はいたるところに進出。広島県尾道市では新しいツーリング体験を創造するをテーマに「旅するハッカソン」が、2015年5月にはプロ野球界で史上初となる「パッカソン Hack for Pacific League 2015」などが開催されたりもしている。

 ほかにも20歳以上なら誰でも参加可能なファッションとのコラボ企画である「THE FASHION HACK TOKYO」もあるなど、実際に自分がハッカソンの参加者になるという楽しみ方もできたりする。

 プログラミングなんて分からない! という人でも、ハッカソンによってはTwitterなどでアイデア募集をしていたりするので、そちらに参加してみるのもありかもしれない。楽しまなきゃソン!

新着記事