本文へジャンプします。

WEB・インターネット
既読スルーにはなりたくない! 相手にばれずに既読をつけずLINEトークを確認するには
 今や「LINE」を使っていないユーザーを探すのが難しいほど、世の中にはLINEユーザーがあふれている。IT小ネタ帳でもLINEの基本や、機種変更時のLINEアカウント引き継ぎなど、LINEに関する記事をいくつか取り上げてきた。

 今回は、LINEの便利な機能にして、時と場合、またその人の性格によっては少々やっかいなことにもなってしまうであろう、「既読」機能について説明していく。

 知らない人は少ないとは思うが、既読機能とは、LINEトークで自分が送ったメッセージを相手が開いたか否かを知らせてくれるもの。つまり、アプリ上で既読がつけば、内容をきちんと読んだかどうかはさておき、確実にこちらが送ったメッセージを開いたことになる。

 一時期、しきりに話題に登ったりもしたが、この既読がつくことが状況次第で問題を起こしてしまうことも。つまり、メッセージを送った側はいつまで経っても既読がつかないと無視されているような気分に陥ったり、逆に受け取った側は即座に内容を確認することや返信を強制されているかのように感じてしまったりもする。

 せっかくのコミュニケーションツールなのに、そんな“既読スルー”“既読無視”などで、使いにくくなってしまうのはもったいない。なんとか既読をつけずに内容を確認する方法はないか……ということで、いくつか紹介してみようと思う。

 まずはiPhoneでの既読回避方法として、通知センターで内容を確認するという手がある。iPhoneの「設定」から「通知」→「LINE」と選択し、「通知のスタイル」を「バナー」か「ダイアログ」にする。さらに同じ設定画面にある「通知センターに表示」をオンに。最後にLINEアプリの「その他」から「設定」→「通知」と選び、「通知」をオンにしたあと、「新規メッセージ」と「メッセージ内容表示」のいずれもオンにすれば準備は完了だ。

 既存の機能を利用するだけなうえに、一度設定してしまえばあとは何もしなくていいという、お手軽な方法。しかし、送られてきたメッセージが長いと文章の後半が省略されてしまうため、全文が読めない場合も。また、うっかりと通知をタップしてしまうと既読がつくのも注意が必要だ。なお、LINEのトーク一覧画面でも、最新1件のメッセージだけではあるが、同じように内容をチェックできるが、こちらも長いものは省略されてしまう。

 AndroidでもiPhoneの通知センターと似たような方法があり、こちらは通知ポップアップを利用することになる。しかも、この通知ポップアップはかなり優秀で、ポップアップ上でフリックすることでメッセージを読め、スタンプまで表示してくれる。仮にメッセージが長くても、上下にスクロールすることで読めるというのだから素晴らしい。なお、一度ポップアップを閉じると、再確認はできないことは覚えておきたい。

 iPhoneで既読をつけずにメッセージを全文表示させるには、「機内モード」を使う。やり方はすこし大変だが、メッセージが届いたらホームボタンを素早く2回押し、マルチタスク画面を表示させる(※この時点ではLINEを起動させない。していたら終了させること)。次にLINEを立ち上げ、画面下部のコントロールセンターから機内モードをオンにする。

 ここまでくれば、あとは気兼ねなくトーク画面でメッセージ読み、その後はマルチタスク画面でLINEアプリを終了→機内モードをオフとすれば、既読をつけずに全文を確認でき、さらにスタンプも表示される。ただし、LINEアプリが起動した状態で機内モードをオフしてしまうと既読がつくのを忘れずに!

 Androidでも機内モードを使った方法は利用できるのだが、機内モードをオフにした時点で既読がついてしまうというデメリットが……。やはり、Androidは通知ポップアップを使うほうがよさそうだ。

新着記事