本文へジャンプします。

エンタメ
こんなの買った!? 不安になる前に知っておきたい、iTunes StoreやApp Store購入履歴のチェック法
◆iPhoneで話題となったAppleの“心遣い”

 iPhone純正の音楽再生アプリ「ミュージック」に、突如購入した覚えのない楽曲が現れ、腰を抜かした人はいないだろうか。

 SNSなどでも話題になったこの現象の背景には、全世界の5億を超えるiTunesカスタマーに対するAppleの“心遣い”があったらしい。2014年のiPhone6リリースに際し、Appleはロックバンド「U2」のアルバム「Songs of Innocence」を、全ユーザーに無料提供していたのだ。

 しかし、期間中にiTunes Storeにサインアップすることで入手できるとされていたこのアルバムは、どういうわけか、iOS8へのアップデートのタイミングで自動的にiTunesライブラリに追加されてしまった。

 しかも不正アクセスが話題になっていたため、「Appe IDとパスワードが漏れたかも!?」と多くのiPhoneユーザーを飛び上がらせたというわけだ。

◆音楽のダウンロード履歴を確認するには?

 この機会に、iTunes StoreやApp Storeでの購入・ダウンロード履歴のチェック法を解説しておこう。

■iTunes Store購入履歴のチェック方法
1.パソコンでiTunesを起動する。
2.iPhoneで使っているApple IDでサインインする。
3.検索ウインドウの左側にある名前をクリックし、ポップアップメニューを表示させる。
4.「アカウント情報」を選択
5. 購入履歴の右側にある「全て見る」を選択。


■App Storeダウンロード・購入履歴のチェック方法
1.iPhoneでApp Storeを立ち上げる
2.「アップデート」を開き、「購入済み」をタップ。


酔った勢いでアプリや楽曲をダウンロード・購入してしまう筆者には欠かせない作業だけど、不正アクセスによる被害がないとも言い切れない。

 万が一、身に覚えのない購入履歴があった場合、まずは家族との共有による購入料金やクレジットカードの請求時期のずれなどを確認し、それでも身に覚えがなければApple公式のiTunes サポートページ内にある「問題を報告する」リンクから、連絡すること。また、合わせてApple IDが乗っ取られた可能性も考えられるので、IDやパスワードを変更するなど、早急な対処を!

 なお、Apple IDの「2ステップ確認」を設定しておけば、セキュリティが強化され、乗っ取りから身を守れる可能性が高まるはず。まだの人は設定することをオススメする。

新着記事