本文へジャンプします。

スマホ・携帯
格安スマホのメリットは安さだけじゃない! データ繰り越しに定額通話などキャリアに負けないサービスも登場
◆格安スマホ・格安SIMで月額料金を抑える

 格安スマホやMVNOといった言葉が、ごく当たり前に使えるようになってきた。特にSIMロック解除の義務化以降、存在感を増してきたように思う。格安スマホを利用しているユーザーも増えてきている中、それでもまだどういうものなか分かりかねている人がいるのも事実。格安という言葉がつくことから、とにかく利用料金がリーズナブルなことだけがメリットだと思っている人も多いのでは?

 もちろん利用料金というのは一番の特長で、格安スマホの場合5000円以下ですんでしまうケースもあるので、今利用している一般的なスマホの月額料金と比べて見るだけの価値はあると思う。「スマホの月額料金を抑えたい!」と考えているような人には、比較検討して、自分の使用方法とマッチすれば、格安SIMや格安スマホに乗り換えることも、お得なテクニックのひとつと言えるだろう。

 そうしたリーズナブル面ばかりが注目されがちだが、最近ではサービスの面でも発展を遂げてきている。つまり、これまで格安スマホではあまり提供されていなかったような大手キャリアと同等のサービスを導入する事業者が増えてきているのだ。

◆格安スマホ・格安SIMにも定額通話の波が!

 格安スマホをメイン端末として使う場合、データ通信だけでなく、当然ながら音声通話も必要となってくる。MVNOが提供しているサービスでは、大手キャリアと比べ、音声通話のプランに関して「定額通話サービス」がないことが気になる……というユーザーが多かった。

 そんな中、NIFTYがIP電話を使い固定電話や携帯電話に定額で発信できる「電話かけ放題(NifMoでんわ)」を始めると発表。開始時期はまだ少し先みたいだけど、MVNOでも使える定額通話サービスとして期待を集めている。やっぱり「~放題」という言葉には、ついつい引かれてしまうもの。サービスが開始されれば、通話料に関してはそれほど……と思っていたような人も、格安SIMを導入するきっかけになるかもしれない。

◆格安スマホ・格安SIMもデータ繰り越し可能に

 また、ここ最近多くの格安SIMで導入が進んでいるのが「データの繰り越し」。これまでは使い切れなかったデータ通信容量はあきらめざるを得なかったけど、大手キャリ同様、余った分を翌月に持ち越せるように。最近ではNifMo繰り越しサービスを始めることが決まり、バリュープログラムなどでお得感が強いNifMoが、さらにリーズナブルかつ使いやすくなった印象を受ける。

 NifMoだけに限らず、ほかの格安SIMに関してもデータ繰り越しを用意しているところもあり、格安SIM全体を通してサービス向上が図られていると言える。MVNOが提供する端末のスペックも上がりつつある今、格安スマホや格安SIMは安いだけではなく、安くて使い勝手もいいというステージに移行しつつある。乗り換え先の選択肢として加えてみては。

新着記事