本文へジャンプします。

WEB・インターネット
他人に差をつけるWordPressでのWEBサイト構築! そのカギを握る便利プラグインはこれだ! 【第3回:定番プラグイン編】
◆WordPressには多言語化ツールが満載

 世界的な大人気ブログ制作ツール「WordPress」を楽しむための“プラグイン”。インストールするだけで超便利な機能がいろいろ使えてしまう、まさに魔法の杖のようなプログラムなのだ。前回(http://setsuzoku.nifty.com/koneta_detail/150601000197_1.htm)まではそうしたプラグインをジャンル別に紹介してきたが、今回はこれまで紹介しきれなかった、ノンジャンル的な定番プラグインを取り上げてみたい。

 まずは、ワールドワイドに情報発信をするための多言語化ツールから。人気のプラグインだけに「WPML」「qTranslate」「mqTranslate」など定番がいくつもあり、使いやすいものを選ぼう。自分のブログに英語版・フランス語版・ドイツ語版・イタリア語版・中国語版……など、さまざまなバージョンが簡単に設置できるので、アクセス数が何十倍にも跳ね上がるはず! 商用ベースにWordPressを利用している場合は、宣伝効果としても見逃せないツールだろう。

 ただし、閲覧する側からは「制作者はこの言語に対応可能」だと見えている点にはご注意を。フランス語や中国語のコメント&メールにどう対応するかは、くれぐれも自己責任で……。

◆WordPressはアソシエイトにも活躍

 Amazonのアソシエイトを記事内に挿入できる「AmazonJS」も、使用頻度が高いプラグインのひとつ。通常の投稿画面で設定できるため、文章の中に違和感なく商品を織り込むことができる。設定がやや複雑(Amazon側の問題)なのは難だが、一度設定してしまえば、あまりの便利さに手放せなくなること確実!?

 大切な記事のバックアップに有効なのは、「BackWPup」というプラグイン。投稿記事だけでなくWordPress用のファイル群やDBまで、全てを自動でバックアップしてくれる優れものだ。設定も簡単なので、WordPressユーザーには必須のプラグインだといえるかも。

◆リンク切れチェックやSEO対策も

 その他、記事内のリンク切れを自動チェックしてくれる「Broken Link Checker」、SitemapXMLを生成&管理できる「Google XML Sitemaps」、各種SEO対策を一括管理できる「All in One SEO Pack」、マルチバイト文字に関する不具合を修正してくれる「WP Multibyte Patch」なども、定番中の定番プラグインだろう。

 WordPressでサイトを構築しようとする方なら、他人と違う、一歩進んだ、(いろいろな意味で)美しいサイトを作ろうとする意欲にあふれているはず。そうした欲求に応えてくれるプラグインはまだまだ無数にあるので、皆さんも自分に合ったプラグインを見つけ、WordPressライフを楽しんでいただきたい。

新着記事