本文へジャンプします。

スマホ・携帯
格安SIMや格安スマホでおサイフケータイは使えるか?
 NifMoをはじめ、MVNOが提供する格安SIM格安スマホは、リーズナブルな価格設定が魅力だ。最近ではガラケーとの2台持ちといった利用ケースなど、とにかく利用料金を抑える目的には欠かせない存在となりつつある。

 月額料金の面では大いにメリットを発揮してくれるのだけど、残念ながらユーザーの使い方によってはいいことばかりとは限らない。そのひとつに「おサイフケータイ(電子マネー)」がある。

 そもそもおサイフケータイはキャリアのサービスとして利用するものだから、MVNOでは基本的に対応していない。そうなるとおサイフケータイを利用しているユーザーは、格安スマホや格安SIMへの乗り換えを断念しないといけなくなってしまうことになるが、あわてるのはまだ早い。



 NifMoに限らず格安SIMを利用する場合でも、おサイフケータイに対応した端末を用意して格安SIMを挿せば、多くの決済サービスの利用が可能だ。ちなみに、端末が対応しているかどうかは「モバイル非接触IC通信マーク(Felicaマーク)」が付いているかどうかを確認すればいい。残念ながらNifMoでも提供しているZenFone 2などの海外製のSIMフリー端末は対応していないが、NifMoのSIMをマークが付いた対応端末に入れれば、NifMoのサービスとして利用できる。

 対応端末と格安SIMの組み合わせで使う場合でも、ドコモとの通信サービス契約が必須の「iD」に関しては使えないので注意が必要。筆者の知り合いほか情報を集めたところ、格安SIMと対応端末の組み合わせでは、nanacoモバイル、モバイルSuica、QUICPay、楽天Edyなどの利用が確認できている。ちなみに、この方法を利用すると、テザリング機能が使えないという状況が発生することもあるらしい。

 対応端末であれば利用できることはなんとなく理解してもらえたと思うけど、それ以外では使えないのか、といった疑問が出てくるのはごもっとも。非対応の端末でも一工夫すればおサイフケータイ機能を使うこともできる。

 非対応の端末としてまず思いつくであろうiPhoneは、ドコモからは発売されている「おサイフケータイ ジャケット01」という電子デバイスを使うという方法がある。おサイフケータイ ジャケット01は、iPhone本体とBluetoothを経由して通信可能なので、対応する電子マネーサービスのチャージや残高照会がiPhoneから可能で、SIMフリーのiPhoneでも使えるようだ。

 現在利用できるのは、iD、QUICPay、ANAスキップサービス、ヨドバシカメラゴールドポイントの4種類だけど、iDに関してはSPモード契約が必要となってしまう。なお、時期は未定ながらもEdyやローソンモバイルPontaへの対応が予定されている。

 ちなみに、おサイフケータイ ジャケット01を端末と一体化するためには専用ケースである「ジャケット01対応iPhone用ジャケット」もあり、iPhone5SかiPhone6なら、使い勝手までおサイフケータイに近付けることもできてしまう。

 ほかにもアプリいらずでEdyを使える「楽天Edyストラップ」といったものを利用するのもありかも。残額表示こそできないが、非対応の端末でもストラップとしてスマホに付けておけばおサイフケータイの代わりとして使えるはず。あとは、ICカード収納型ケースなどにオートチャージ型のSuicaを入れて使うといった手段も考えられる。

 おサイフケータイを重視しているユーザーでも、一工夫さえすれば格安SIMで月額料金を抑えつつ、おサイフケータイを利用することもできる。これまで悩んでいた人も、ひとつの解決法として検討してみるのはどうだろうか。

新着記事


本サイトに記載されているブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。

”お役立ち”と感じたらぜひフォロー
  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする